便検査で大丈夫?

●最近、排便が不規則で下痢をします。近くの病院で便検査の指示を受けましたが、便検査だけで大丈夫でしょうか?

便検査は、大腸ガン検診として普及していますが・・・。 「出血している病気」、つまりある程度の大きさのガンでないと陽性にならず、早期ガンは出血しないことが多く見逃されやすい、という大きな問題があります。 大腸がんは進行ガンでも、手術で助かることが多く、「大腸ガンの死亡を減らす」という便検査の意義はあります。しかし、「内視鏡で治療可能な早期ガンでの発見」という願望をかなえるには不十分です。 専門医は、このような問題点から、便潜血検査を勧めることはあまりありません。便通異常などの症状がある方は、最初から検査をされた方がよいでしょう。 次に、便検査が陽性の場合ですが、痔でも陽性になるので、直ちに悪い病気を心配する必要はありません。しかしながら、もう一度、便検査をおこなうのは無意味で、すみやかに検査をおこなうべきです。

大腸の内視鏡検査は、もっとも精密な検査であり、同時に大腸ガンの原因となりうるポリープも切除できますので、症状のある方には検査をお勧めします。また、症状がないかた、時間が無く検査の受けられない方も、せめて便検査だけは定期的に受けることをお勧めします。

同じカテゴリの記事