山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3445701 番目の訪問者様です

« | »

大腸の検査

A(55歳)さんは市の検診で便潜血検査(便の中に血液が混ざってないかを調べる検査)が陽性となりました。 あわててAさんは近所の医師をおとずれて便潜血検査を2回やり直しました。すると今度は2回とも陰性でした。実はAさんは痔を患っていました。Aさんとしてみれば一回だけ陽性になったのはたまたま痔から出血のように思えます。 大腸の検査は大変だと聞いたことがあるのであまり検査に乗り気でありません。Aさんは大腸の検査を受けたほうがよいのでしょうか? 血液検査ではだめなのでしょうか?


Aさんが内視鏡が望ましい理由

  1. 3回のうち一回しか陽性でないが?…たとえ大腸がんがあったとしても持続的に出血することはまれで,時々しか出血しないことが多いのです。よって,2回陰性だからと大腸がんを否定することはできません。これは厚生省のガイドラインでも強調されています。
  2. 便潜血陽性は痔のせい?…この可能性は高いですしかし,痔はきわめてありふれた病気(日本人の3人に一人は痔持ちです)であるため,痔があるからといって便潜血検査を無視すると大腸がんの発見ができなくなってしまいます。そのため、専門医は痔のある場合でも大腸の検査を勧めます。
  3. 血液検査ではだめ?…胃の場合と同様,残念ながら大腸がん早期発見に役に立つ腫瘍マーカーはありません。