大腸癌は治療から予防の時代へ。

大腸ポリープが数年、経過して、癌化することがわかっています。 そしてポリープのうちに、内視鏡で切除してしまえば、大腸癌は100%近く予防できることがわかっています。 大腸内視鏡は早期発見よりも、予防的治療をめざしています。

同じカテゴリの記事