山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3349633 番目の訪問者様です

« | »

大腸がんの検査

日本が欧米化し肉食が多くなるにつれ、大腸がんによる死亡率が増加してきました。大腸がんの検査は現在、「便潜血検査」で満足されている方が非常に多いのが現状です。  これは専用の容器に便をつけ提出し、便の中に血液が混ざっていないかを調べる検査です。開発当初は画期的な検査方法といわれていましたが、当然のことながら出血していないような小さなガンや前癌病変のポリープでは、なかなか陽性にはでません。 また肛門の疾患(イボ痔、切れ痔)でも陽性として検出されてしまうという問題が明らかになってきました。バリウムによる検査は小さなポリープを検出することが難しく、検査後の頑固な便秘に悩まされる方も多い検査です。また実際ポリープが見つかっても、切除することはできません。

 

大腸がんは前癌病変(ポリープ)のうちに内視鏡によって切除すれば予防できます。また、ポリープがたとえがんになっていても、早期(粘膜内癌)に発見できたら完全に視鏡にて切除し治すことができます。  大腸内視鏡検査は現在大腸ガンを予防するためでも早期大腸がんを治すうえでも最も有効的な検査なのです。