大腸検診のお勧め 今大腸がんが増えています

大腸検査のおすすめイメージ

大腸がんは、早期にはほとんど自覚症状がありませんので、定期的検査を受けることが大切です。早期大腸がんを発見すれば、多くはおなかを切らなくても内視鏡で簡単に切除できます。

大腸検診の大腸がん発見率

大腸がん検診の手順

便潜血検査
がんやポリープからの出血を調べる方法ですが、出血を伴わないものは調べられません。 毎年便潜血検査を受けることをお推めいたしますが、数年に一度は、次の検査を受けましょう

大腸内視鏡検査
おしりから内視鏡を入れて大腸の粘膜を直接観察し、大腸の病気(腸のただれ、ポリープ、がん)やその他の微細な病変を診断する検査です。

同じカテゴリの記事