胃ポリープ4

ポリープの種類 特徴 発見後の処置 右の写真の解説 内視鏡写真
①ポリープ癌
胃のポリープ型のがんは
比較的悪性度は低い

粘膜萎縮が強い胃に多い。
 
ピロリ菌は陽性が多いが、粘膜萎縮の強い場合、ピロリ菌は陰性となることもある

内視鏡的
粘膜切除

内視鏡的粘膜下層剥離術

開腹胃切除術

腹腔鏡下
胃切除術
など
取れるなら、とにかく取る!!
("がん"なので転移をしていれば、取れない場合もありうる)

写真は60代の男性にできた高分化型のがんである。

粘膜にとどまり、大学病院でお腹を切らずに、胃カメラによる切除(内視鏡的粘膜下層剥離術)を受け、治療は終了

現在経過観察中

②胃腺腫 胃がんと同じような背景粘膜にできる。

遺伝子の変化は起きているが、周囲を壊したり、転移をしない状態

これが、癌化することもあるし、その他の部位からがんが発生してくることもある。

経過観察。

内視鏡的切除

病理の診断が大事!!

粘膜萎縮のある背景粘膜にできた中等度異形成の腺腫。

内視鏡による経過観察中(半年~一年)

過形成ポリープ(腺窩上皮型) 胃がんと同じような
背景粘膜にできる。

癌化率は1%程度といわれていて、高くないが、腺腫と同様に他の部位にがんができることもある。

内視鏡による経過観察

場合によりポリペクトミー

ピロリ菌除菌によってポリープの多くが消失ことが知られている。(保険適用外)

インジコカルミン(色素)により、凹凸をはっきりさせた過形成ポリープ写真は鉗子にて組織を採取するところ
④胃底腺ポリープ 健康でピロリ菌感染のない粘膜にできることが多い。特に30代、40代の女性に多発性にできるポリープはこのポリープが多い。

このポリープからがんが発生することは極めて稀で、背景粘膜からがんが発生することもあまりない。
 

ポリープがない他の人に比べ、がんの発生率が高いとは言えず、経過観察する意味もあまりない。しかし、バリウム検査を行っても、毎年引っかかるため、悩ましい。

当院では左のような説明をして、本人と今後に関し相談している。
周囲と色調がほぼ同様の約5mmのポリープ。

この症例では多発していなかった。

胃ポリープ3

主治医から、胃にポリープがあるが、そのままで心配ないと言われています。 今回、胃がん検診の結果「要精検」という判定になりました。精密検査は受けなければいけませんか?

「要精検」の場合は必ず精密検査を受けてください。

また、既に胃ポリープがあるのですから、このような疑問を解決するためにも、バリウム造影検査による胃がん検診ではなく、最初から主治医で内視鏡(胃カメラ)検査を受け、胃ポリープを含めて胃全体の経過を観察することをお勧めします。

胃ポリープ1

「胃ポリープ疑い 要精密検査」とか会社の健康診断で来ました。正直ちょっと ガ~~ンです小心者の質問です

「胃ポリープ疑い」要するに悪性なら「癌」とか考えちゃいます。
色々サイトで同様の健康診断結果で胃カメラ検査したというのを読むと、「食べ物を見間違えてどうも無かった」というのから色々ありで余計に不安になります。
馬鹿馬鹿しい質問とは思いますが危険ですかこのポリープって?
今回初めてこの検査に引っかかりました。宜しくお願いします。
 
 確かに撮影時、泡や食物残渣がポリープに似て写ることはあります。

ただ本当に胃ポリープなら ほとんど心配要りません。
最近のまともな医者なら胃ポリープは要精検にはせず 要観察に留めますがね・・・

胃のポリープの唯一心配なのは大きさです。
一般的に2cm以上あるものは癌化する可能性がありますが それ以下のものは殆ど心配不要です。 
やばそうなら胃カメラ時に取ってしまえばOKです。

まぁ何れにせよ 要精密検査となれば 胃カメラは必須です。
素人判断で未受診とすることはダメですよ・・・

胃ポリープ2

胃ポリープ

 「胃の粘膜の一部が増殖して隆起し、その部分が胃内腔にとび出した病変」 のことをいいます。ポリープには、良性、悪性両方の可能性がありますので、ポリープがあるとわかった場合には、さらに詳しい検査をした方がよいと思います。

 


心配なのは良性か悪性かということですか?

結局はそういうことになるのですが、ポリープには色々な種類があり、放置しても大丈夫といえるようなものから、良性、悪性の中間的なもの、悪性度が高く癌化する確率が高くて、ポリープだけをとるのではなく、胃切除も行った方がよいというタイプのポリープもあります。つまり、どの程度の治療が必要かという適切な治療方針を決める必要があるのです。

 


良性であれば心配ないと思うのですが、どうなのでしょう?

一般的にはそうですが、ポリープの種類によっては、その時は良性と判断されても、後日悪性化する場合もあるので定期的な経過観察が必要と思います。

 


ポリープができる原因というのは、よくわからないのですよね?

そうですね。

 


精密検査はどういうものですか?

 内視鏡検査でポリープの組織を採取して病理組織診断を行うものです。その場合ポリープの一部分だけを採取する方法と、ポリープそのものを摘出して調べる方法とがあります。

 

○ポリープを放っておいていいかどうかなんですが、このまま取らないでいてもいいのですか?

 ポリープの大きさが2cm以上のものや、ポリープから出血しているようなものは取るべきでしょう。

 


良性であっても取ってしまったほうが、後を気にしなくて楽ですよね?

 そうですね。しかも、取ってしまったポリープの全体を検査できますから、より精密な診断ができて、そういう点でも安心感があります。

 

取らなければ定期検診は必要ですか?

 そうですね。半年に一度ぐらいの胃の検診は必要でしょう。


ガン化しないかどうかが一番気になるところですが、取ってしまえば安心、取らない場合はきちんと定期的に検査していただくことですね?

 一応はそういうことですね。ただ、胃の良性・悪性境界の病変の診断、治療にはまだ充分にわからないところがあるようですので、大きな観点からは 「胃のポリープ」 の方は、たとえ取ってしまったあとでも、時には胃の検査を受けられた方がいいと思います。
 

胃内視鏡(胃カメラ)の費用はどのくらいかかるの?

胃内視鏡(胃カメラ)の費用はどのくらいかかるの? 

 -胃内視鏡検査のみの場合

1割負担 1,500円くらい
2割負担 3,000円くらい
3割負担 5,000円くらい

-組織検査を行った場合、下記の金額が加算されます。

1割負担 1,200円くらい
2割負担 2,500円くらい
3割負担 3,500円くらい

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の費用はどのくらいかかるの!?

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の費用はどのくらいかかるの!?

-大腸内視鏡検査のみの場合

1割負担 2,000円くらい
2割負担 4,000円くらい
3割負担 6,000円くらい

-組織検査を行った場合、下記の金額が加算されます。 

1割負担 1,200円くらい
2割負担 2,500円くらい
3割負担 3,500円くらい

    -大腸ポリープ切除術                                                                                             

1割負担 9,000円くらい
2割負担 18,000円くらい
3割負担 27,000円くらい

 


山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303