山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3445702 番目の訪問者様です

« | »

ピロリ菌とはどんなもの

ピロリ菌とはどんなもの
 

 
  

2~3×0.45μmの細菌で、図のように数本のしっぽがあります。このしっぽをヘリコプターのように回転させて移動することから、ヘリコバクター・ピロリ(正式名 Helicobacter pylori)と名付けられました。この菌の発見には長い道のりがありました。1982年オーストラリアのパースでMarshallたちに確認されたそのきっかけが、たまたまイースターの休日があったためであることを考えると、何か神の思し召しがあったのでしょうか。世紀の大発見には、医学の分野に限らず偶然の出来事があるようです。
 胃のような強酸性の環境下では、ほとんどの生物は生存できません。にもかかわらず、この菌はどのようにして胃の中に入り、生きていくのでしょうか。しかも胃の中にしかいません。そして、どのようにして多くの病気に関係しているのでしょうか。まだまだ未解決の部分もありますが、現在分かっていること、考えられていることについて述べてみます。
(写真は、日本消化器病学会が編集した”Helicobacter pyloriの最新知見”から引用しています) 


 1.どのようにして胃の中に入るのか

 日本では年齢とともにこの細菌を持っている人が増えていき、40歳以上では約75%の頻度となります。人から人への経口感染(口から口)がほとんどで、家族内での母親から子供への感染(たとえば、一度口に入れた食べ物を子供に与えるなど)が主体と言われています。このようにほとんどが子供の時に感染しますが、あまり心配しないでいいと思います。たとえ感染しても大半は病気にはならず、また生活環境の進歩、生活習慣の変化とともにこの菌を持っている人は減少しているのです。しかし、ゴキブリがピロリ菌を運んでいる可能性が指摘されていますので、小さな子供のいる家庭では、台所を清潔に保ち、ゴキブリの駆除を心がけることが大切です。
 一方、内視鏡検査を介した感染が問題となっていましたが、消毒方法の改善により感染は少なくなってきています。性的接触による感染は否定的ですが、ペットからの感染についてはまだまだ検討が必要なようです。

 2.なぜ胃の中で生きていけるのか

 胃の中はpH1~2と非常に酸性が強く、生物が生きていけるような環境ではありません。しかし、この細菌はウレアーゼという酵素を多量に持っており、これを使って胃の中にある尿素をアンモニアに変化させます。このアンモニアが胃酸を中和し菌の周囲のpHを変化させて、生存できる環境を作り上げているのです。いわゆるバリヤーを張っていると考えてください。このように非常に進化した細菌なのです。ただし、胃がんの所や十二指腸のような尿素のない所では生きていけません。 

 3.どのようにして病気の発生や進行に関与するのか

 ちょっと専門的になりますが、上で述べたウレアーゼは胃の組織に障害を与えます。それ以外にもこの菌は熱ショックタンパク(heat shock protein、HSP)、空砲化毒素、ムチナーゼ、プロテアーゼなどを持っており、それぞれが複雑にからみ合って病気の発生や進行に関係すると言われています。特に、空砲化毒素は潰瘍の発生に大きく関与しているとされています。しかしながらまだまだ今は検討段階で、完全な解明が待たれます。世界中の研究者が全力で取り組んでおり、その時期はそう遠くないと思います。