山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3445701 番目の訪問者様です

« | »

胃潰瘍の症状

げんいん【胃が痛い】
胃潰瘍の自覚症状の約9割が胃の痛みと言われており、食後に上腹部が痛み出します。(空腹時に胃が痛い場合は十二指腸潰瘍の疑いがあります。)
また、ストレスを感じた時に胃が痛くなることもあります。
胃の痛みが強いほど、胃潰瘍の症状が悪いわけではなく、個人差があり、全く痛くないまま症状が悪化して胃に穴が開いてから激痛を起こす場合もあります。

げんいん【吐き気・食欲不振】
胃潰瘍になると、胃液過多になり、胃液が食道に逆流して胸やけを起こし、吐き気や嘔吐、食欲不振になることがあります。

ふくつう【吐血】
胃酸によってどす黒くなった血を吐きます。
胃潰瘍で吐血した場合、出血性胃潰瘍になっている可能性があります。
吐血は胃潰瘍のできた胃粘膜の中の血管が胃酸によって破れてしまうのが原因です。
出血すると、胃に激痛が走り、冷や汗、血圧低下なども伴います。

けつべん【血便】
「タール便」というどす黒い便が出ます。
胃潰瘍で血便になった場合、出血性胃潰瘍になっている可能性があります。
血便は、胃潰瘍のできた胃粘膜の血管が胃酸により破れてしまうのが原因です。
血便は気づかないことが多く、貧血になってやっと出血性胃潰瘍になっていると気づくことも少なくありません。
また、血便は、胃癌や大腸ガンの恐れもあります。大量に下血する場合は、すぐに病院で検査をする必要があります。

ようつう【背中の痛み】
胃潰瘍は胃粘膜が炎症を起こすものですが、膵臓(すいぞう)にまで炎症が及ぶと背中が痛くなり腰痛になることがあります。