山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3294219 番目の訪問者様です

« | »

排便時出血

排便時に出血する病気として腸の病気と肛門の病気が考えられます。
いわゆる痔(ぢ)を痛いものだと思っている方が多いのですが、痔には内痔核と外痔核というものがあり、内痔核は肛門の奥にできる為に痛みはあまり伴いません。
便がこすれる事により浮腫みが強くなり出血するようになります。
また、硬い便をした後や、強くりきんだ後に肛門粘膜が裂けると、いわゆる切れ痔(裂肛)となります。
切れ痔は強い痛みを生じます。
痔がひどくなる原因として便秘があげられますが、便秘の原因として大腸の狭くなる病気、いわゆる「大腸ガン」があります。 つまり、「痔かな・・」と思っていても排便時の出血があった場合は大腸検査をお勧めします。
大腸に出血病変がなければ、肛門の疾患として安心して暮らせますし、検査にて、症状を呈さないようなポリープが見つかることもあります。