山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3412983 番目の訪問者様です

« | »

痔だから、便潜血陽性・血便とはかぎらない

便潜血陽性だったのに『大腸カメラで異常なし』といわれた方へ

よかったです!

大腸に異常がなかったということは基本的に『肛門』からの出血つまり、『いぼ痔』や『切れ痔』などからの出血であったと考えて差し支えありません。

もっとも自分が痔を持っていると自覚している方はその説明で納得していただけると思います。

しかし、自覚症状がなくても内視鏡検査にて多少腫れている痔核や裂けている部分が見えたり検査の際にたまたま硬い便をしてしまったり、検査に提出しなきゃということで気張って便を出した際に肛門が裂けてわずかに便に血が混じってしまうということも考えられます。

女性の場合は月経の血が混じってしまい検出されてしまうこともあります。

しかし検査をして結果的に『異常なし』であったらそれでよかったのです。
『わざわざ検査したのに』なんて考えないでください。
あくまでも結果論であって実際に便検査陽性からガンが見つかる方も少なくないのですから。腹痛


ケース1:再検査後、陰性だったので、大丈夫と言われた

便潜血が陽性だったが担当の先生に『もう一度検査しましょう。』と言われ、結果今度は陰性だったので『大丈夫ですね。経過を診ましょう』と言われました。

本当にこれで大丈夫ですか?

大丈夫ではありません! これが大腸がんや大腸ポリープが見落とされる最も多いパターンです。
まずここで申し上げたいのは1回でも便に血が混じったり、潜血検査が陽性になったら異常だと認識を持つことです。
そもそも便潜血検査は便の中に血がわずかでも混じると陽性となりますが、そのうち1回でも便に血が混じったということはそもそも異常なことですよね。
だって
普通なら便に血は混じりませんよ。

便の通り道にどこか血がでているところがあるから陽性になったのです!

確かにもともと"痔"であるならば便の検査が陽性になることはよくあります。

症状(おなかが痛い、排便異常、腹部膨満など)が無いから『どうせ痔だろう』とか『たまたま1回だけ血が混じっただけだ』なんて考えは発見を遅くする
ばかりでなく、せっかくの二次検査のタイミングを逸してしまうだけなのです。


ケース2:便に血が…でも便検査では、陰性。大丈夫ですか?

確かに血便でした!

排便時に血が混じっていたので医療機関を診察したところ『それでは便の検査をしましょう。』と言われました。

結果は陰性だったので『大丈夫ですね。経過を診ましょう』と言われました。

本当にこれで大丈夫ですか?

 

もしこのような返答をする先生がいらしたら正直困ったところです。

肛門から血が出たということは異常なのです。 確かに肛門疾患(いぼ痔や切れ痔)の可能性は高いでしょう。
しかしそうでなかったら?と考えなければいけません。

実際に見た血便というものが、もしガンからの出血のサインであった場合、そして便検査(潜血)の際に出血してなかったために結果陰性という報告を受け放置してしまったら? そうです。

ガンは進行してしまうのです。
毎日を安心して暮らせるよう、血便を認めた場合は大腸検査をすることをお勧めします。