山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3294210 番目の訪問者様です

« | »

胃粘膜下腫瘍について;これは胃カメラすれば2~5%の頻度で見つかります。殆どが良性です。

①胃のポリープについて;大部分が「良性(=癌ではないし、生命や胃の機能に影響を与えない)」です。

ただ、このポリープから癌が発生することがあるのも事実で、

「一度は生検(組織の一部を摘んで顕微鏡で癌の有無を調べる検査)をすべき」というのが、

胃カメラ医師の鉄則になっています。

②胃粘膜下腫瘍について;これは胃カメラすれば2~5%の頻度で見つかります。

殆どが良性です。

①②については、年1回程度胃カメラを行い、

サイズを確認していくのが普通です(サイズは大きく変わらなければ大丈夫です)。

大きくなっても良性のことはあります。

胃粘膜下腫瘍が悪性だった場合「粘膜表面や胃の筋肉に滲み込んでいる」画像になります。

大きさだけでは判定しません。

粘膜下腫瘍のサイズの評価って、ポリープや癌よりちょっと難しいんです。

なぜなら胃カメラは胃の粘膜表面を見る道具なので、

粘膜の下に埋まっているものを診断するようには出来てないんです

(胃癌、潰瘍、ポリープなど胃の病気の殆どは粘膜の病気なのでそうなっています)。

なので、粘膜下腫瘍の診断能力は担当医師により少々個人差が出ます。