山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3297962 番目の訪問者様です

« | »

大腸憩室症はどんな病気か

     
大腸憩室とは、大腸粘膜の一部が腸管内圧の上昇により嚢状(のうじょう)に腸壁外に突出したもの、わかりやすく言えば、大腸にできたくぼみです。
大腸憩室が多発した状態を大腸憩室症といいます。
憩室壁が腸壁の全層からなる真性(先天性)憩室と、筋層を欠く仮性(後天性)憩室に分けられますが、大腸憩室の大部分は仮性憩室で、比較的高齢者に多い病気です。
従来、欧米では左側の大腸(S状結腸)に好発するのに対し、日本では右側結腸に多いといわれてきました。
しかし、近年の食習慣や生活様式の欧米化に伴い、日本でも左側大腸の症例が増えています。
悪い病気ではありません。
また頻度の多いもので大腸検査をおこなうと10人に一人くらいに見つかります
たいていは無症状なのですが時にばい菌が入って感染をおこしたり(憩室炎)、出血の原因になります。

原因は何か

第一の原因として、大腸内圧の上昇があげられます。

すなわち、最近の食生活の欧米化とともに、肉食が多く、食物繊維の摂取量が減少したため、便秘や腸管のれん縮、ひいては腸管内圧の上昇を起こしやすくなったと考えられます。
便秘が続くと腸の筋肉が厚くなって腸内部の圧が上がります。
血管が腸の壁を貫く場所は筋肉がなく弱いので、粘膜が反転脱出します。
食事の欧米化(食事内の繊維成分の減少)が一つの原因で、最近増えている病気です。

第二の原因として、加齢による腸管壁の脆弱化(ぜいじゃくか)があげられます。

そのほか、体質、人種、遺伝、生活環境などの要因も複雑に作用し合って発生すると考えられています。

症状の現れ方

多くは無症状のまま経過しますが、時に便通異常(下痢、軟便、便秘など)、腹部膨満感(ぼうまんかん)、腹痛などの腸運動異常に基づく症状、つまり過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)に似た症状を起こします。

合併症としては、憩室出血や憩室炎が10~20%の頻度で発生し、強い腹痛、下痢、発熱、血便などを伴います。

憩室炎は、憩室内に便がたまって起こるとされていますが、進行すると穿孔(せんこう)(孔(あな)があく)、穿孔性腹膜炎、狭窄(きょうさく)による腸閉塞、周囲臓器との瘻孔(ろうこう)形成(小さな孔が通じる)を生じることがあります。

憩室の病気になると、憩室から腸内へ出血します。
憩室が破裂すると、細菌や血液を含む腸の内容物が腹腔にこぼれ、感染症を起こします。
他の臓器に接触した憩室が破裂すると、大腸とその臓器の間に異常な連絡路(瘻)が形成されます。

検査と診断

典型的な憩室炎は、痛みが起こり、普通は左側の下腹部に圧痛があり、発熱します。
すでに憩室症があるとわかっているケースでは、ほぼ症状のみからで憩室炎は診断できます。
しかし、大腸や他の腹腔および骨盤内臓器の異常が、憩室炎と似た症状を起こします。
これには虫垂炎、結腸癌(けっちょうがん)、卵巣癌、膿瘍、非癌性の子宮壁の増殖(子宮筋腫)などが含まれます。

CT検査、超音波検査、MRI検査を行うと、虫垂炎や膿瘍と憩室炎の区別がつきます。

これらの検査により憩室があるかどうかだけでなく憩室の程度もわかります。

大腸内視鏡検査やバリウム注腸X線検査は、通常は治療後数週間遅らせる必要があります。
なぜなら炎症を起こしている腸管を傷つけたり穿孔を起こすことがあるからです。

しかし、合併症として出血を伴う場合は大腸内視鏡検査が第一選択です。
大量出血では血管造影が必要となります。

診断の確定に診査手術が必要なこともあります。

治療の方法

無症状であれば、とくに治療の必要はありません。
]軽症の憩室炎は消化のよい食事をとり、抗生物質を内服することで治ります。
発熱があるときは抗生物質を点滴したり、症状に応じては入院し絶食にすることもあります。
憩室出血の多くはこのような治療で止血しますが、大量出血が持続する場合は、血管造影や内視鏡検査施行時に止血術が行われます。
保存的治療で軽快しない場合、再発を繰り返す場合、腹膜炎や腸閉塞の場合は外科的治療が必要です。
腹膜炎や憩室周囲に膿みがたまったときは手術が必要です。
とくに腹膜炎症例では救命を第一に、穴のあいたところを持ち上げて人工肛門とし、腹腔内をよく洗い、また膿がたまらないよう管をいれます。
 

大腸憩室症に気づいたらどうする

無症状であれば放置しておいてよいのですが、合併症を予防する目的で、できるだけ繊維成分の多い食事を摂取し、便通を整えるように心がけることが大切です。
合併症を疑う症状が現れた場合は、できるだけ早く消化器内科を受診してください。