山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3294210 番目の訪問者様です

« | »

患者様に負担の少ない経鼻挿入の内視鏡導入しました。

患者様に負担の少ない経鼻挿入の内視鏡導入しました。
内視鏡は鉛筆よりも細い先端部約5mmという細さです。
処置用具の2mmの「鉗子口」を備えていますので、胃液の吸引や組織採取などもおこなえます。
超小型CCDを搭載していますので、通常の内視鏡と同等の高画質で観察がおこなえます。

経鼻内視鏡の特徴
sp
苦痛が少ない   吐き気が起きにくい   会話ができる
sp sp sp sp sp
内視鏡は鼻にスムーズに挿入できる約5mmの細さです。検査中の苦痛が少ないため、強い麻酔の必要もありません。   内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどに触れることもないので、不快感や吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。   検査中も会話が可能です。質問をしたいとき、気分を告げたい時など、医師と自由にお話できるので安心です。
sp
経鼻内視鏡検査を受けて頂きたい方
sp
もっとも経鼻内視鏡検査を受けて頂きたい方は、以前に口からの内視鏡検査を受けて「おえー」となり、もう二度とやりたくないと考えている方です。経鼻内視鏡検査は吐き気が起きにくく、もう二度とやりたくないと考えていた方の多くの方が、「鼻からならまた受けてもいい」とおっしゃっています。
sp