山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3406267 番目の訪問者様です

« | »

潰瘍性大腸炎の内科治療

内科治療としては薬で大腸の炎症を抑えながら、食事療法や絶食で大腸を安静にし

て緩解を待つのが一般的です。

早ければ1~2ヵ月で緩解です。

使用する薬は一般的にはサラゾピリン・ペンタサ・ステロイド(プレドニン)で、軽症であ

ればどこの病院でも治療できます。

症状が軽い場合はサラゾピリン・ペンタサを使い、炎症が進んで下血が出るようにな

ればステロイドを使います。

その後緩解して下血が無くなればサラゾピリン・ペンタサに戻して継続的(数ヶ月~数

年)に飲んで様子をみます。

ペンタサやサラゾピリンは緩解維持や癌の抑制の効果があるので、緩解しても飲み

続けるようにしましょう。

下血がひどい場合やステロイド20~30mg/1日くらい使うようになったら入院です。

サラゾピリン(5-ASA製剤 一般名:サラゾスルファピリジン)

治療に一般的に使われるのが5-ASA製剤(5-アミノサリチル酸製剤)です。

なぜ効くかは不明らしいです、粘膜を傷つける活性酸素を減らしたり、炎症をひどくするサイトカインを抑えるとか言われています。

ペンタサより副作用が多いと言われていますがステロイド剤よりは余程軽微です。

また、なぜかペンタサよりサラゾピリンの方がよく効くという人も居ます。

甚大な副作用も報告されていますが実際には稀です。

体に合わない場合はすぐに症状を主治医に伝えてペンタサに代えてもらいましょう。

座薬も有ります。

サラゾピリンの副作用

良くある副作用

発熱・発疹・吐き気・めまい・食欲不振・下痢・腹痛・頭痛・倦怠感・尿や精液が黄色くなる

その他報告されている副作用

抑うつ・腎機能障害・肝機能障害・高アミラーゼ血症・大赤血球症・白血球減少・無顆粒球症・血

小板減少・溶血性貧血・葉酸欠乏・無菌性髄膜炎・男性不妊(精子数減少)・その他…

血液障害・肝障害・腎障害・気管支喘息などを持つ患者や、乳児・幼児、妊婦・授乳婦への投与は注意が必要。

男性不妊は薬をやめれば3ヶ月程度で回復します。

妊娠への投与は催奇形作用は認められていないものの他のサルファ剤では奇形もあるので少なくとも妊娠3ヶ月目までは避けるほうが

良く、母乳に融け出るので授乳婦もさける方が無難。

サラゾピリンの代謝物が胎盤通過により新生児に高ビリルビン血症をおこしたり、乳幼児・未熟児・幼児へ投与した場合も高ビリルビン血

症を起すことがある。

ペンタサ(5-ASA製剤 一般名:メサラジン)

サラゾピリンから有効成分の「5-ASA」を取り出した新しい薬です。

サラゾピリンよりも副作用が少なく安全だと言われています。

薬の強さはどちらもあまり変わりません。

サラゾピリンやステロイドより直腸の炎症に効きにくいと言われますが、そういう場合

はペンタサ注腸も有るので試されると良いかもしれません。

ペンタサの副作用

良くある副作用

発熱・発疹・吐き気・食欲不振・下痢・腹痛・じんましん

報告されている副作用

腎機能障害・肝機能障害・黄疸・高アミラーゼ血症・ネフローゼ・白血球減少・過敏性肺障害・膵炎・心筋炎・心膜炎・胸膜炎・筋肉痛・関

節痛・腹部膨満感・口内炎・脱毛・その他…

腎機能・肝機能の低下している患者・サラゾピリンに対する過敏症のある患者への投与は注意。催奇形性は認められていないが妊娠中

の投与に関する安全性は不明、また、母乳へも解け出る。

ステロイド剤(副腎皮質ホルモン)

ステロイドは最も潰瘍性大腸炎に効く薬です、これ無しでUCの治療はできません。

ただし、非常に恐ろしい副作用がたくさん有るので、使用には注意が必要です。

(ちなみに、副腎皮質ホルモンは一日にプレドニン換算で5mg(1錠)が副腎から分泌されていて、体にストレスがかかると更にたくさんの

量が分泌されて体を守ります。)

主にプレドニン(プレドニゾロン)を使いますが他にも色々あります。

使用法も色々あり、経口で飲む・注腸(浣腸)・点滴静注・強力静注・動脈から注入などがあります。

使用法に合わせてリンデロン座薬・注腸ステロネマ・注腸プレドネマなどの製品もあります。

プレドニン換算で体重×1~1.5mgぐらいが1日の限度量(60~80mgくらい)とされています。

(でもまぁ60mgとかを2-3ヶ月続ければ、歩けないくらいに骨粗鬆症になれます。)

累積投与量が10000mgを越えるとそろそろ大腸全摘手術を考える必要があります。

これを越えると統計学的にオペの成否率が悪くなってくるので長期的な管理が必要です。

(一ヶ月700mg、一日当たり50mg、を越えるとオペ後の合併症発生率が高くなるデータもあります)

20000mgまで大丈夫と言う内科医もいて、実際3万や4万まで使っている人も居ますが、誰もがここまで使って大丈夫という訳ではあり

ません。

一部「ステロイド耐性」のある人もいて全然ステロイドが効かないことも有ります。

(難治性例で20%、重症例で30%の患者が効かない)

 

ステロイドは減量していくのが難しいので、患者個人の判断で飲むのをやめたりしてはいけません。

ステロイド減量の段階で離脱症状が起こる場合があります。

めまい・息切れ・動悸などが起こり起き上がれないくらいになります。

こういった場合はプレドニンを1錠取り合えず飲めば回復しますので、お守り代わりにプレドニンを持ち歩いておく方と良いかもしれませ

ん。

ただし、その後すぐに主治医にかかってください。

離脱症状は最悪の場合腎不全などを起こして死亡することも有るので注意が必要です。

ステロイドの副作用

満月様顔貌(ムーンフェイス)・にきび・多毛・中心性肥満・皮膚線条・高血圧・筋肉痛・関節痛・白内障・緑内障・食欲不振・食欲増進・不

眠症・月経異常・更年期症状促進・ミオバチー・発汗増大・野牛肩・アナフィラキシーショック・骨粗鬆症・大腿骨(上腕骨)骨頭壊死・難

聴・副腎皮質機能不全・糖尿病・高血圧症・膵炎・ステロイド筋症・神経症・精神異常・鬱病・血液凝固異常・血栓症・発育障害などなど。 

医者は否定しますが歯の知覚過敏がよく言われます。

あまりにひどい副作用の場合はオペせざるを得なくなります。

骨頭壊死・難聴・白内障などはなってしまうと二度とはもとに戻らないので要注意です。

あと、個人的な意見ですが意外と精神障害も出やすい気がします。

不安で不安でたまらなくなったり、全く眠れなくなったり、自分以外の家族や友人が「理解できない変なこと」を言い出したら主治医に詳し

く話して安定剤をもらったり精神科を受診した方がいいです。

以前は妊娠時に使用しても胎児に影響が無いといわれていましたが、米で口唇口蓋裂の報告があってから危険度が1ランク上がってい

るそうです。

妊娠初期にはなるべく使用を減らしてサラゾピリンやペンタサを使うほうが無難です。


ステロイド強力静注療法

静脈から水溶性のプレドニゾロンを1日あたり体重×1mgから1.5mg(40mg~80mg程度)を4回程度に分けて、注射や点滴のルートか

ら入れます。


ステロイド動注療法(動脈注射)

ふとももの動脈から細い管(カテーテル)を入れ、大腸の動脈まで行って直接患部の血管に20mg程度の人肌に温めたステロイドを入れ

ます。

カテーテルを入れていくのに技術がいります。

動脈なので処置後12時間絶対安静で動けなくなります。


ステロイド注腸(ステロネマ・プレドネマ)

ステロイド溶液を注腸(浣腸)します。

局所で吸収されるので少量で効果があり、全身への副作用も少なくてすみます。

と、以前は言われていましたが、予想より全身への副作用があると言われ出しました。

ただ、局所に直接薬が回るので効率が良く、結果として使用量は少なく済みます。

注腸用にステロネマ(ベタメタゾン)があり、100mlと50mlの2種類あります。

最近はステロネマより若干弱目のプレドネマ(プレドニゾロン)も出ました。

プレドニン換算(医師や薬剤師によって計算が違ったりします。およその数値です。)

ステロネマ100:プレドニン換算で24ミリ(吸収されるのは5~6割程度なので実際にはプレ12~13ミリ程度)

ステロネマ50:プレドニン換算で12ミリ(吸収されるのは5~6割程度なので実際にはプレ6~7ミリ程度)

プレドネマ:プレドニン換算で20ミリ(吸収されるのは6割程度なので実際にはプレ10~12ミリ程度。

ただし、プレドネマの方が吸収され難いという説もあるので12ミリより少ないと思われます。)

駄菓子屋に売っていたジュースに似ています。

先っちっよをポキリと折ってお尻に入れます。

挿入するときにキシロカインゼリーをたっぷり塗ったり、あらかじめ人肌に温めておく方が、刺激が少なく我慢しやすくなります。

また入れすぎて腸壁を傷付けないよう注意しましょう。

一応メモリがcm単位で打ってあるので、どこまで入れるか目安にできます。

チューブ部分が入ったら、溶液の入っている部分をグッと握って注入します。

溶液を入れた後は「左側を下」→「仰向け」→「右側下」とゆっくりゴロゴロ転がって奥まで届くようにします。

入れてから20-30分くらいは我慢しないと効果が低いです。

 


リンデロン座薬

ステロイドの座薬です。

直腸のみに炎症がある場合などに使います(それより奥なら注腸を使います。)

プレドニン換算で5ミリくらいの強さです。

ステロイド・パルス療法

ステロイドを点滴に混ぜて短時間で大量に入れ、そのショックで一気に治す療法です。

普通のステロイド療法が効かない多発性硬化症やSLEなどの難病に短期大量投与が効いたので広まりました。

が、白血球除去療法や免疫抑制剤の登場で最近はあまりやりません。

基本的にはステロイド(ソルメドロール)を一日1000mgを24時間点滴に入れて3日間投与します。

(1日500mg投与するものはセミパルス療法と言います。)

効果を上げるために投与を1-2週毎に3-4回行う事もあります。

3日間500mg/日を続け4日休み一週間を1クールとする場合や、2日おきに1日1000mgを数回繰り返す場合など医師によってやり方が

違います。

ソルメドロールはプレドニンの1.25倍程強いステロイドですが、大量投与時の水分・ナトリウム・カリウムへの副作用がプレドニンより少な

いためにパルスに適しています。

短期大量投与でその後のステロイドの投与量が減らせるならば結果的に副作用も少なくすむと言われています。

ただし大量のステロイドを使うために甚大な副作用のリスクがあり注意が必要です。

また、パルスが効かなかった場合はオペ適応になることが多く諸刃の剣です。

白血球除去療法

白血球除去療法は潰瘍性大腸炎患者の大腸を攻撃する活性化した白血球を血液からこし取る治療法です。

人工透析と同じ原理で血液を体外循環させ、血をきれいにしてから戻します。

白血球系除去療法は数種類ありますが、白血球(顆粒球・単球)・リンパ球をポリエステル繊維で除去する「L-CAP」(セルソーバ)と、白

血球(顆粒球・単球)のみをセルロースビーズで吸着する「G-CAP」(アダカラム)の2種類が最も行われています。

2000年4月より中等症・重症の患者へ保険適応され全国300箇所以上の病院で治療が受けられます。

透析やっている大きな病院ならどこでもできると思います。

腕の血管(又はふとももの付け根)から毎分30~50mlで1時間ほどかけて数リットルの血を入れ替えます。

現在は保険の関係で、『大体一週間に1回、5週1セット程度行い、一回の再燃に対して2セットまで使用できます』

一度に2セット以上は使えません。

(一度緩解すれば、次回再燃した時にもまた2セットまで使えます。)

費用的には特定疾患受給者であれば月の定額料金内で受けれます。

ただし、特定疾患が無い場合は1回あたり145000円の3割負担で43500円かかります。

重症患者に効きやすいと言われていますが、発病6年以上の患者には効果が無いとも言われています。

これは、炎症の原因となる物質を取り除いても、その後の潰瘍を治していくのは腸自体の治癒力であり、長年患って鉛管状になった大

腸には回復力が殆ど無かったりするからです。

また、あくまで対処療法でしかなく、再燃を防ぐ事はできません。

副作用は、気分が悪くなったり吐き気がする・血液凝固阻止剤のアレルギーなどが起こる場合がありますが、ステロイドや免疫抑制剤

などよりは余程副作用は少ないです。

白血球のみを除去し赤血球などは除去しないので貧血などの心配もありません。