おなら

腸内に発生したガスが、肛門から排出されるのがおならです。

1日のおならの回数は平均5、6回といわれていますが、食生活や疾患の影響によっては、

ガスが溜まりやすくなり、おならの回数が増えることがあります。

そもそもおならはどうして出るのでしょうか?

その大部分は食事をする時に食べ物や唾液と一緒に口の中に入ってしまった空気で、

そのほか、血液中に含まれるガスが腸の壁を通って腸内に入ったものです。

これらのガスは窒素や水素、メタンガス、酸素などが成分なのでほとんど臭いはありません。

腸内にたまったガスのうち、残りの約10%は大腸で食べ物が分解される過程で生じるガスで、

炭酸ガスやメタンガスが主成分であり、それほど強い臭いはしません。

ところが、肉など動物性たんぱく質が小腸で十分消化されずに腐敗すると、

インドールやスカトール、硫化水素、アンモニアなどが主成分のガスが発生し、悪臭の原因となるのです。

動物性たんぱく質の多い食事だけでなく、胃腸の働きが低下しているときや、腸内の悪玉菌が多いとき、

ニンニクや玉ねぎなどをたくさん食べたときも、おならのにおいは強くなります。

成人の腸にたまる1日あたりのガス量は、だいたい100ml~2,500mlといわれ、個人差が大きいようです。

ガスが多くなるのは、慢性胃炎腸炎、食中毒、直腸の潰瘍など、胃腸になんらかの病気がある場合か、

すい臓や肝臓、胆のうの病気、尿路結石などの場合が考えられます。

便秘をしている場合も、腸内にガスがたまりやすくなり、腸内の悪玉菌をさらに増やして有害ガスを発生させ、

ますます腸内環境が悪くなる、という悪循環に陥ります。

また、牛乳を消化する働きが弱い牛乳不耐症の人が牛乳や乳糖を摂取すると、

小腸で消化しきれなかった乳糖が腸内の悪玉菌によって分解され、ガスがたまってしまいます。

こうした内臓疾患がないのにおならの量が多い場合は、ストレスが原因であることが考えられます。

精神的なストレスが多い場合や、睡眠不足や過労気味の場合、胃腸の働きが低下してガスが腸にたまりやすくなるのです。

また、悪玉菌は中高年になると増えるため、加齢とともにおならの量が増え、臭くなる傾向にあります。 

  日常生活から考えられる原因   

繊維質の多い食事

豆類やいも類など、繊維質の多い食品は腸内ガスを発生させやすく、食べすぎると必然的におならの回数が増えることになります。

このおならは健康上何の問題もなく、むしろ健康な証拠ですので、気にしすぎないようにしましょう。


肉類や臭いのきつい食品の食べすぎ

肉や臭いのきつい食べ物は、腸内の細菌によって分解されて強い臭いを放つアンモニア、インドール、硫化水素などを多く発生させま

す。そのため臭いのきついおならが出やすくなります。


便秘によって溜まった腸内のガス

便秘になると、排泄されない便とガスが腸内に溜め込こまれます。

すると、溜まったガスを外に出すために、おならの回数が増えます。

しかも、長い間腸に停滞したガスは発酵が進んでいるので、臭いのきついおならになります。

この状態が続くと、悪玉菌が増殖して腸内に発がん性物質やその働きを強める物質が発生し、

大腸がんを発病するリスクを高めてしまいます。


ストレスによる腸内ガスの増加

緊張したときなど、精神的なストレスを感じると無意識のうちに唾を飲み込む動作が増えます。

そのときに一緒に空気を飲み込んでしまうことで腸にガスが溜まりやすくなり、おならの原因となります。


おならの原因となる主な症状・疾患

慢性胃炎や過敏性腸症候群など、腸にガスが溜まりやすい疾患ではおならが多く発生します。

また、大腸がんが進行して便秘がちになるとおならがよく出るようになります。

 
 

 呑気(どんき)症

気づかないうちに大量の空気を吸い込み、その空気が胃腸に溜まることで、腹部膨満感が起こったり、

げっぷ、しゃっくり、おならがよく出るようになります。

早食いや一気飲み、口呼吸のくせのある人、炭酸飲料が好きな人にみられます。

また、神経質な性格の人にも多いといわれています。

早食いをすると、食べ物と一緒に空気をたくさん飲み込みやすくなります。

そのため、ゆっくりよく噛みながら食事をするようにしましょう。

ゆっくり楽しみながら食事をすることは、気分をリラックスさせ、ストレスを軽減することにもつながります。

おならがよく出る場合は、ビールなどのアルコールや、香辛料も控えた方がいいでしょう。


慢性胃炎

原因の約8割がピロリ菌の感染によるものですが、

その他、非ステロイド性抗炎症薬の副作用や慢性的なストレスなども原因になると考えられています。

胃の粘膜が弱まり、炎症が繰り返されて治りにくくなっている状態です。

胃の機能が低下するため、おならが増えたり、突然胃痛や吐き気が起こり、

多くは膨満感、胃もたれ、胃痛、胸やけ、吐き気、げっぷなどの症状が慢性的に繰り返され、

胃潰瘍に進行することもあります。


過敏性腸症候群

精神的ストレスや情緒不安定などが原因で、腸のぜん動運動に異常が起こり、

腹痛をともなう慢性的な下痢や便秘などを引き起こします。

ときに下痢と便秘が交互に起こったり、何週間も下痢が続いたり、一時的に治まり、

その後再発するという現象を繰り返すこともあります。

また、腸内の環境が乱れるため、腸にガスが溜まって、お腹がゴロゴロと鳴ったりおならが多く出るようになります。


大腸がん

大腸がんの多くは、初期の場合は検査を受けないとわからない血便が出るくらいで、ほとんど自覚症状がありません。

進行すると大腸が狭くなってがんこな便秘となり、弱い音のおならが出るようになります。

さらに腹部にしこりを感じたり、便が細くなったり、下痢、腹痛などの症状があらわれることがあります。


※上記疾患が心配な場合には、早めに医師の診察を受けましょう。

日常生活でできる予防法

 

肉類の食べすぎを避ける 

食事の栄養バランスにも気をつけましょう。

食べすぎは控えましょう。

便秘や消化不良はおならや腸内の悪玉菌を増やす原因になるので、動物性たんぱく質に偏った食事にならないように注意し、

野菜や海藻などもバランスよく食べて食物繊維を十分摂るようにしましょう。

腸内の善玉菌を増やす納豆や味噌などの発酵食品や、ヨーグルトなど乳酸菌を含む食品を食べるようにするのもおすすめです。

肉類や、にんにくなどの臭いのきつい食べ物は、おならの臭いを強くする大きな要因です。


便秘になりにくい生活習慣を心がける

便秘を予防するために、

①お通じを我慢しない、

②水分を補給する、

③適度な運動を行う、

④食物繊維を積極的にとる

という習慣を心がけましょう。

運動は1日10~15分のウォーキングや、水平足踏みを左右40回ずつなど、軽いものでも毎日行うことが大切です。

健康な排便を促すのに欠かせない食物繊維は、ごぼう、さつまいも、じゃがいも、納豆などに多く含まれています。

また、便秘の予防として毎日ヨーグルトや乳酸飲料、バナナやはちみつなどのオリゴ糖をとることも効果的です。

胃腸の負担を軽減するために、食事はできるだけ規則正しい時間に食べることが大切です。

夜寝る前に食事をすると消化不良になりやすいので、夕食は就寝の3時間前までにとるようにしましょう


ストレスを溜めない

平日は家に帰ったら好きな音楽やテレビ、お風呂でリラックスし、休みの日にはスポーツや趣味に没頭するなど、

実生活とかけ離れた行為に集中してみましょう。

心身のリフレッシュを図ることで、ストレスを改善することができます。

腸の働きをよくするために、朝起きたときか就寝前に、軽くストレッチや腹式呼吸、ヨガなどを行うとよいでしょう。

ウォーキングなども効果的です。

ストレスや便秘の解消にもなります。

十分睡眠をとり、生活リズムを規則正しくすることで、自律神経の働きを整えることも重要です。


対処法


市販の薬を使う

便秘によるおならが気になるときは、市販薬では、漢方薬が胃腸の調子を整えるのに効果的です。

何種類もありますので、薬局で薬剤師や登録販売者に相談し、自分に合ったものを選びましょう。

また、便秘の場合は、自然に近いお通じを促す漢方便秘薬や、腸内のバランスを整える乳酸菌配合の整腸薬などが有効です。


病院で診察を受ける

臭いおならが頻繁に出たり長い間続くときや、腹痛や下痢などをともなうようなときは、

主治医に相談するか、内科、消化器科で診察を受けましょう。

虚血性腸炎とはどんな病気ですか

 

Q1.虚血性腸炎とはどんな病気ですか

大腸には、栄養を送る“腸間膜動脈(ちょうかんまくどうみゃく)”という動脈がつながっています。

A1.

虚血(血液の循環が悪くなる)によって起こる大腸の炎症性疾患です。

つまり大腸への血液の流れが一時的に悪くなり、循環障害によって起こる大腸炎です。

大腸血流は腸管の中でも流量が少ないとされており、摂食後の腸管蠕動(ぜんどう)亢進時や排便時、

精神的ストレスなどが虚血発生の誘因になるとされています。

虚血の程度や、虚血が解除されて血流が再開するまでの時間により腸炎の重症度が変わります。

腸炎の重症度は一過性型、狭窄型、壊死型の3型に分類されます。

 

一過性型 ほとんどがこの一過性型です。

虚血は一時的であり、内科的な治療(安静、点滴など)によって自然に治癒します。

狭窄型 内科的な治療によって治癒しますが、腸炎による潰瘍が治るときに狭窄を来します。

狭窄の程度によっては外科的な治療を必要とする事もあります。

壊死型 虚血が続き、大腸への血液の循環が再開せず腸が壊死に陥る(腐る)ものです。

緊急手術を必要とする重症の腸炎です。

 
 Q2.どのような人に起こりやすいですか?
高齢者に多い疾患ですが、若年者にも起こります(60歳代がもっとも多く、50歳以上が全体の85%以上を占める)。

男女差はありません。

便秘が発症の引き金になることが多いです。

高血圧、虚血性心疾患、糖尿病など全身的な動脈硬化性疾患との関係は明らかではありませんが、

これらも危険因子になるとされています。

 

 
 
 Q3.どのような部位に起こりやすいですか?

大腸の中でもS状結腸から下行結腸にかけての左側大腸に多く発生します。

Q4.どのような症状ですか。

 
 腹痛、下痢、血便で急性発症します。

典型的には急に(左)下腹部痛が起こり(冷や汗や、吐気を伴うこともある)、その後便意を催して何度か下痢をするが、

下痢がだんだんと下血に変化していきます。

下血は真っ赤な粘血便で比較的多量に見えますが、輸血を要する程ではありません。
 


Q5.診断方法は?検査にはどのようなものがありますか?

 
 高齢者におこる急激な腹痛と血性下痢で、症状や経過からある程度虚血性腸炎だと予想することができます。

しかし確定診断には大腸カメラや、注腸X線検査が必要です。

また、感染性腸炎(食中毒)や、抗生物質による出血性大腸炎もよく似た症状を呈することがあるので注意が必要です。
 

 
 Q6.治療の方法にはどのようなものがありますか?

腸炎の重症度(一過性型、狭窄型、壊死型)によって、治療方針は変わります。

約半数は一過性型で、短期間のうちに軽快し後遺症も残りません。

安静にし、絶食、輸液、二次感染防止のための抗生剤投与などを行います。

腹痛に対しては対症療法として鎮痙(ちんけい)薬や鎮痛薬を投与します。

症状が改善したら食事を開始します。

狭窄型は急性期を過ぎたあと大腸に狭窄が残るものをいい、腹痛や下痢が続くことがあります。

狭窄が高度の場合には手術が必要になることもあります。

壊死型は比較的まれですが重症で、激しい腹痛から症状が急速に悪化します。

敗血症やショック状態を合併して死に至る場合もあり、壊死した大腸の外科的切除が必要です。

発症時にどの型であるかを予想することは困難なので、

腹痛の強いもの、下血の量や回数が多いものなどは入院治療が必要です。

保存的治療の基本は腸管の安静です。

発症初期で腹痛が強く、血性下痢の頻回な時期は入院の上、絶食にして点滴治療をします。

腹痛や血性下痢が治まってくれば、水分や流動食を開始します。

症状が強くない場合には、外来での通院治療が可能です。

この場合も食事療法が基本になるので、刺激物を避けて、消化の良いものを摂取するようにしましょう。 

 

 
 Q7.どのような時に手術になりますか?
 

手術が必要となるのは次の2つの場合です。

1.壊死型

大腸の虚血が改善せず、血流が再開しないために腸が完全に腐ってしまう場合です。

腹痛が強く、腹膜炎の症状が出てくれば要注意です。

緊急手術をして腐った大腸を切除しないと命に関わります。

2.狭窄型

虚血性腸炎では浅いものから深いものまで様々な深さの潰瘍が大腸にできます。

浅い潰瘍は跡形もなく自然に治りますが、深い潰瘍が治る場合に狭くなって治る場合があります。

これが狭窄型です。

発症から1~2ヶ月で起こります。

狭窄が強い場合には便が通らずに便秘になったり腸閉塞の原因になったりすることもあるので、

手術が必要になることがあります。

発症1~2ヶ月後に注腸X線検査をして、大腸に狭窄があるかないかを調べます。
 

 
 
 ひとこと
 

腹痛が強く、血性下痢もあり、症状が派手なので皆さん驚いて来院しますが、

虚血性腸炎の大部分(90~95%)は自然に、跡形もなく治り、再発することもほとんどなく予後良好な疾患です。

また、狭窄型や壊死型など命に関わってくるような場合も稀にありますので、注意が必要です。

また再発の予防には便秘が引き金になったと考えられる方は便秘にならないような注意を、

また高血圧症・虚血性心疾患・糖尿病などを合併しておられる方はこの治療を持続して下さい。

 

機能性胃腸症とは何ですか?

 

機能性胃腸症とは何ですか?

機能性胃腸症(non-ulcer dyspepsia:NUD)とは

一般的検査では胃の粘膜にただれなどの器質的(組織)的変化が認められないのに、

胃の痛みをはじめとした症状(腹部膨満感、吐き気・おう吐、食欲不振、胃のもたれ、胸やけなど)を示す症候群で、

最近の一年間で合計12週以上続くものをいいます。
 
我が国では4人に1人がこのような症状を訴え、そのうちの約3割の人が医療機関を受診しており、

今後も増加傾向にあるとみられています。
 
現在NUDは、運動不全型(吐き気・おう吐、腹部膨満感、食欲不振、胃もたれ)、潰瘍型(空腹時や夜間にみぞおちの痛み)、

非特異型(前の2つの型のいずれにもあてはまらないが、常にいずれかの症状をもつ)の3タイプに分けられ、

我が国では運動不全型が全体の約6割を占めています。


運動不全型
 
主な症状は胃もたれ、おう吐、腹部膨満感、食欲不振など。

胃酸と食べ物を混ぜ合わせて十二指腸に送り出す胃のぜん動運動がにぶくなることで起こるとされる。

食べすぎや飲みすぎ、脂っこい食べ物を食べたときなどに起こりやすい。

胃の働きを良くする運動機能改善薬(モリプサドなど)が有効。


潰瘍症状型

 
主な症状は空腹時や夜間の胃の痛み、胃の不快感など。

ストレスが引き金となって、胃酸が過剰に分泌されたり、ぜん動運動が活発になりすぎることで起こる。

粘膜が直接胃酸の刺激を受ける空腹時に起こりやすい。
 
症状が軽ければ胃酸を中和する制酸薬、痛みが強い場合は胃酸の分泌を抑えるH2ブロッカー胃腸薬などを服用する。

いずれのタイプもストレスのほか、食べすぎや飲みすぎ、早食い、喫煙など、胃に負担をかける生活習慣が症状を強くし、

不安感を取る抗不安薬や精神心理療法を併用することで効果があがることもあります。

NUDはストレスや不規則な生活とも深く関係していると言われています。

ストレスの少ない生活を心がけ、身体的にも心理的にも健康なからだにしましょう。

胃・十二指腸の構造

胃は、消化器の中で最も内部が広く、壁が薄い臓器です。

心臓の下あたりから、おへそのあたりに位置し、大部分が身体の真ん中より左にあります。

十二指腸は小腸の一部で、十二指腸には胆汁、すい臓からすい液という強力な消化液が流入して、食べ物に混じり、

小腸での消化・吸収の準備が行われます。

何が原因なのですか?

必ずしも明確ではありませんが、

運動不全型では胃の運動機能の低下による胃内容物の排出遅延、知覚神経の過敏、胃酸の出過ぎなどが原因で、

そこに食習慣を中心としたライフスタイルの乱れとストレスなどが加わり、症状が現れると考えられています。

また、非特異型ではこれらに加えて心理的要因が強く影響していると考えられています。

どんな検査がありますか?

NUDと診断するには、胃粘膜に器質的変化がないことの確認を目的に検査が行われます。

問診(病歴や症状への質問)の他、血液検査、胸腹部レントゲン、内視鏡、超音波、胃排出能(胃の運動機能など)

便潜血などの検査が、症状に合わせて選ばれます。

また、症状により心理的要因が示唆される場合には心理テストなどが加わることがあります。

どのように治療しますか?

NUDの治療は薬物療法が中心になります。

問診と検査により得られた診断のタイプ別に、運動不全型には運動機能改善薬、潰瘍型には胃酸分泌抑制薬

非特異型には運動機能改善薬の他、抗不安薬などが投薬されます。 

これらの薬剤で症状の改善がみられれば、NUDを推定して治療が継続されます。

治療薬にはどんな薬がありますか?

NUDのおもな治療薬には運動機能改善薬、胃酸分泌抑制薬、抗不安薬などがあります。

運動機能改善薬:低下した胃腸の運動を活発にする作用があります。

胃酸分泌抑制薬と併用することもあります。

胃酸分泌抑制薬:胃を刺激する胃酸の分泌を抑える薬剤で、これにはH2受容体拮抗薬があります。

抗不安薬:軽い不安や緊張に有効で、消化器機能のストレスを和らげる働きがあります。

運動機能改善薬と併用すると効果が高まります。

これから何に気をつければいいのですか?

 NUDの発症の素地になった、食生活のスタイルの見直しと改善が再発防止に重要です。

症状を改善するため、胃にやさしい生活習慣を心がけましょう。
 

1、食生活の改善

(1)毎朝朝食を食べる、規則的に食事をとる。

不規則な生活、食事は胃への負担が大きいだけでなく、自律神経のバランスを乱す。

朝、昼、晩と規則正しい食事を。

食事を抜くと胃腸の運動に変化が起こり、胃酸の刺激を受けやすくなったりします。

(2)よく噛み、ゆっくりと食べる、いっぺんに食べ過ぎない。

 早食いやドカ食いは、胃での滞留時間の延長により胃に負担をかけ、胃酸の過剰分泌や肥満の原因となります。

よくかむことで唾液がたくさん出て消化を助けてくれる。

腹8分目を心がける
 
満腹になるまで食べると胃のぜん動運動が妨げられ、もたれやすくなる。

腹8分目のほうが胃の動きがスムーズ。

20~30分ほどの食休みを
 
食後すぐに活動すると、血液が体を動かす骨格筋に回ってしまい、胃腸への血流が減って消化活動が低下する。

胃に負担がかかる食べ物・飲み物を控える
 
脂っこいものは胃にとどまる時間が長く胃もたれしやすいので食べすぎない。

塩辛いもの、甘すぎるもの、香辛料やアルコールなどの刺激物は胃に負担をかけるため控えめに。

冷たすぎ熱すぎの食べ物・飲み物も胃を刺激する。

人肌か、やや温かいくらいが胃に優しい。

コーヒーや緑茶も飲みすぎは注意。
 
脂肪分の多いもの、かたいものはそれだけで消化に手間取り、胃に負担がかかります。

また、同じ食材でも調理方法により消化が異なるため、油を使う揚げ物や、濃い味付け、強い香辛料の使用を避け、

焼いたり煮炊きして消化によい状態で食べる工夫も大切です。

2、ストレスの発散に心がける

過剰なストレスを避け、ストレスをためない工夫を。

休養や睡眠、趣味や運動などで気分転換をはかり、ゆとりのあるライフスタイルを心がけることも重要です。

(1)毎日、平均7~8時間は睡眠時間をとる。

 睡眠不足が続くと夜間の胃酸の分泌が促され、胃の粘膜に悪影響を与えます。

また、睡眠不足自体がストレスの原因にもなります。

(2)運動を定期的に行う。

 運動は決行を促進し、消化器の機能を活発にします。

また、ウオーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動は、自律神経のバランスを取り戻し、ストレスの発散にも有効です。

 なお、薬を飲んでもよくならない、胃の症状以外に黒い便が出るなどほかの症状を伴うときは、

胃・十二指腸潰瘍や胆石、すい臓の病気、がんなど原因となる病気が潜んでいるかもしれません。

自己判断をせず、消化器の専門医に相談しましょう。
 


山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303