NASH(Non-Alcoholic Steatohepatitis、非アルコール性脂肪性肝炎

NASH(ナッシュ)とは?

アルコールのとりすぎが原因で起こる「アルコール性脂肪性肝炎」。

肝臓が脂肪肝になり、炎症を起こし、組織が線維化してしまうというものですが、

実は、お酒を飲まない人、ほんの少量しか飲まない人でも似たような症状がでてしまう病気があります。

NASH(Non-Alcoholic Steatohepatitis、非アルコール性脂肪性肝炎)です。

食生活の欧米化や生活様式の変化に伴い、脂肪肝が急増の一途をたどっている。

なんと、日本人の4人に1人が脂肪肝とも言われる時代だ。

以前は、脂肪肝はさほど心配のない病気であると認識されていた。

しかし、狭心症や心筋梗塞などの動脈硬化による疾患の合併率が高く、

その危険因子となることが判明してからは、代表的な生活習慣病の1つとなった。

そして、予期せぬNASHの登場だ。

日本ではまだあまり患者が多いというわけではないようですが、

アメリカでは国民の2~3%がNASHだという報告もあり、その研究等も盛んに行われています。

日本人の食生活が欧米よりになってきていることを考えれば、

今は少なくても近いうちに患者数が増えることは避けられないでしょう。

NASHの何が恐い?

では、NASHの何が恐いのでしょうか。

肝臓に脂肪がたまった状態を「脂肪肝」といい、

お酒をよく飲む人がそうなるとアルコール性肝炎から肝硬変へ進んでしまうと言われ、

気をつけている人が多いのではないかと思われます。

それに比べ、お酒を飲まない人の脂肪肝は、今までは「それ以上悪化しない」と言われており、

重要視されていませんでした。

確かに単なる「脂肪肝」であれば、食事や運動などの生活習慣を改善すれば元に戻り、

炎症や線維化などという進行もありません。

ところが、NASHとはすでに炎症を起こしている状態。

さらに線維化がおき、それにより肝硬変となってしまい、肝臓ガンに至ることもあるのです。

問題なのは、自分が「単なる脂肪肝」なのか「NASH」かどうかというのが簡単には区別できず、

専門の検査をしてみないとわからないということです。

現在、日本では15~20%の人が脂肪肝だと言われています。

アルコールが原因の人もいますが、単純な脂肪肝の人もいます。

その中に、「実はNASHである」という人がいるでしょう。

検査もせずに自分がそうでないとは言い切れませんね。

 

なぜNASHになるの?

NASHの一番の原因は「肥満」です。

また、肥満の人が急激にやせた時に発症することもあります。

他に、2型糖尿病の人や、高脂血症の人にも起こりやすいようです。

今の若い人たちがこのまま脂肪の多い食事を摂りつづけると、

中高年になったころにNASHと診断されることも多いでしょう。


お酒を飲まないのにもかかわらず、なぜ肝臓が悪くなってしまうのか?

NASHの原因は、カロリーオーバーな食事。

通常、体内に取り入れられた脂肪は、肝臓の中で身体が利用できるエネルギー源として変化。

全身に送り出されます。

しかし、カロリーオーバーの食生活で内臓脂肪が溜まると、そこから常に、

大量の脂肪が肝臓へと供給されることに…。

すると、余った脂肪が肝細胞の中に溜まってしまいます。

これが、「脂肪肝」。

こうなった肝臓は、溜り続ける脂肪を燃やそうと奮闘するのですが、

その過程で、不完全燃焼から有害な活性酸素が発生。

肝臓の細胞を攻撃し、炎症を引き起こしてしまうのです。

カロリーオーバーの食事が原因で内臓脂肪がたまると、肝臓に溜まってしまい、脂肪肝になってしまうのです。

また、NASHは、閉経による内臓脂肪の増加によって、40代以降の女性に増えているそうです。

 

閉経前の女性は、卵巣からエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンを分泌。

その働きの1つが、出産に備え、脂肪を皮下脂肪の形で貯蔵しておくというもの。

そのため閉経を迎え、エストロゲンの分泌が減少すると、

皮下脂肪として蓄えられていた脂肪が、血液中に放出され、内臓脂肪に移行すると考えられているのです。

 

肝臓の機能が低下しているときレバーをたくさん食べると

鉄分と脂肪が結合し、大量の活性酸素を発生。

炎症が急激に進行してしまう。

アルコールを飲んでいないからといって脂肪肝にならないというわけではありませんので、

ぜひ食生活に気をつけてくださいね。

 また、肥満とは関係なく、特定の薬を使用しているときに起こりやすいということもあるようです。

不整脈に使うアミオダロン、結核の薬のイソニアジド、

更年期障害のホルモン補充療法などに使われるエストロゲンなどもNASHを誘発する場合があるようです。

ただし、その原因はよく分かっていません。

 

NASHにならないためには?

では、NASHになったら、又は、ならないためにはどうしたらよいのでしょうか。

NASHは生活習慣病ですので、食事や運動に気をつけて脂肪肝にならないことが第一です。

また、NASHになってしまった場合も、薬を使った治療もありますが、まずは生活習慣の改善が基本となります。

ただし、前述のように肥満の人が急激にやせたりする場合にも起こるため、

無理なダイエットはせずに、徐々に体重をおとすようにしましょう。

特に、食物繊維をきちんと摂って腸を健康に保ちましょう。

食物繊維の摂取量が足りない国ほどNASHが問題になってきています。

また、ストレスもいけません。

肝臓には1分間に1リットルの血液が流れ、酸素が供給されていますが、

ストレスを受けると体内の血流量が減少し、酸素がうまく運べなくなり肝機能全体が低下してしまいます。

お酒を飲まないから肝臓は元気・・・とは限りません。

健康診断などで「脂肪肝」を疑われた人は、それがNASHであるかどうかは分かりませんが、

とりあえず生活習慣を見直してみましょう。

 

脂肪肝の食事療法

脂肪肝の食事療法は特別な制限は必要ありませんが、バランスのとれた食事がとても大切です。

肝臓の症状が悪化すると、特別な食事療法も必要になってくるので、何とか進行を食い止めたいところです。

ここでいうバランスのよい食事とは、中性脂肪血圧血糖値、を正常値に維持し、

適正なカロリー摂取ができる食事のことです。

下の5つの食事法を実践してみましょう。


(1)揚げ物・こってり料理を控えて肥満解消


カロリーを控えるためには、油を控えるのが効果的です。

大さじ1の植物油は約120カロリー、バターは100カロリーです。

こってりしている揚げ物や炒め物は、素材の重さの10%ほどの油を吸収する場合もあります。

10gの油は約90カロリーです。


(2)肉よりも魚を選んでコレステロール管理

肉にはコレステロールを上げてしまう飽和脂肪酸が多く含まれます。

肉を食べる場合は、脂身の少ないものを選ぶようにしましょう。

魚、特にいわしやさんまなどの青魚には、コレステロールを改善する働きのあるオメガ3脂肪酸が含まれます。

また、肉より魚のほうが、カロリーが低めの場合が多く、カロリーコントロールにも役立ちます。


(3)ご飯・麺類・パン類・甘いものを食べ過ぎない

これらの炭水化物を食べ過ぎると、血糖値や中性脂肪が高くなりやすくなります。

炭水化物を食べ過ぎる人は、野菜や魚などの健康的な食品を十分に食べていない場合もあります。

またカロリーも高くなりがちです。


(4)毎食、野菜を加える

野菜はカロリーが低く、健康に欠かせない栄養素の宝庫です。

多くの野菜に、血圧をコントロールする役割があるカリウムが含まれています。

野菜が不足するような食事は、カロリーや脂肪が多くなりがちです。


(5)おやつにの代わりに果物も

果物は低カロリーで豊富なビタミンや食物繊維を含みます。

多くの果物に、血圧管理に役立つカリウムが豊富に含まれます。

おやつの代わりに果物を食べたり、食事に果物を付けたりすることで、全体的菜カロリー量を減らすことができます。

食事以外にも、運動習慣を身に付け、お酒の量を調整して、肝臓の症状が悪化するのを防ぎましょう!
 

逆流性食道炎

「むねやけ(逆流性食道炎)」は、食道へ胃酸が逆流することによって起こる食道の炎症です。

逆流性食道炎の症状

みぞおちの辺りから胸の下のほうへかけて、焼けつく、あるいは、熱くなるような不快感がある。

のどのほうまで上がってくる感じがあり、痛みをともなう場合もある。

口のなかまで酸っぱい液がこみあげる。げっぷ。



食道への刺激が強いと、胸がしめつけられるような痛みを感じる。

胃のなかの食物を消化したり、腸に送りだす動きが弱く、食べ物がいつまでも胃に残ってしまう。

逆流した胃酸によりのどに炎症が起き、痛みや違和感を感じる。

声がかすれたりすることもある。

逆流した胃酸を気管に吸いこんで咳きこんだり、気管支が炎症を起こす。

食道への刺激がときには耳の痛みとしても感じられる。

逆流性食道炎になりやすい人

「むねやけ」が起こりやすい人には、脂肪分の多い食事をとる、高齢である、

肥満や背中の曲がりなどでおなかが圧迫される、などの傾向があります。

また、最近ではピロリ菌との関係もわかってきました。

脂肪の多い食事を取る人

日本人の食生活はますます欧米化が進み、肉や脂肪分の摂取が多くなっていますが、

こうした食事では胃が刺激されやすく胃酸の分泌も活発になります。

このほか、食べすぎや飲みすぎ、香辛料、コーヒー、アルコールのとりすぎもよくありません。


背中が曲がっている人

背中が曲がり前かがみの姿勢でいると、おなかが圧迫されるために、

腹部の圧力(腹圧)が強くなります。

こうした状態でも胃が押されるので、胃酸が逆流しやすくなります。


高齢である

年齢とともに、食道裂孔が緩んで広がりやすくなり、

下部食道括約筋(LES)の機能低下も加わって食道の機能も衰え、胃酸が逆流しやすくなります。


肥満の人

おなかの脂肪が増えると胃が押しあげられ、胃酸の逆流が起こりやすくなります。

さらに、食道裂孔から胃が押し出されて、食道裂孔ヘルニアになることもあります。

こうなると、食道の逆流防止機能もうまく働きません。

ピロリ菌の除去治療を受けた人



胃粘膜を荒らすピロリ菌。

胃酸は胃粘膜から分泌されるので、この菌が胃に住みつくと分泌が減ります。

しかし、ピロリ菌の除去治療を受けると、本来の胃酸分泌能力が回復するため、胃酸の分泌が活発になります。

よく、胃潰瘍の人がピロリ菌除去治療で治った後、胃酸分泌が活発になることで、

むねやけを訴えることがあるといわれますが、必ずしもすべての患者さんに起こるというわけではありません。


逆流性食道炎の治療

胃液の逆流を起こしやすい食物を減らす


脂肪分やタンパク質の多い食事
をとりすぎないようにすることが大切です。

他に、胃酸を増やしたり胸やけの症状を悪くしたりすることのあるチョコレート・ケーキなどの甘いもの、

唐辛子・コショウなどの香辛料、みかんやレモンなどの酸味の強い果物、

消化の悪い食べ物などはとる量を減らしましょう。

一度に食べ過ぎないように

 一度にとる食事の量を減らし、腹八分目を心がけましょう。

アルコール、コーヒー、緑茶を減らしましょう 

 アルコールは、胃酸の分泌を増やすと同時に、

食道下部括約筋をゆるめることが分かっています。

アルコールはできるだけ控えましょう。

またコーヒーや緑茶などに含まれるカフェインも、胃酸の分泌を増やします。

肥満を解消しましょう

食生活の改善とともに、適度な運動を行い、

肥満を解消しましょう。


姿勢に注意しましょう

姿勢と逆流性食道炎は深く関係しています。

日中は前かがみの姿勢を避けましょう。

寝る時は、少し上半身を高くして寝ると、逆流が起こりにくくなります。

食後3時間くらいは、胃の内容物の逆流が起こりやすいといわれています。

食後すぐに横になったり、寝る前に食事をとることは避けましょう。


おなかを締めつけないようにしましょう

ベルト、コルセット、ガードル、着物の帯など、おなかを締めつけるものは、身につけないようにしましょう。


禁煙しましょう



タバコは逆流性食道炎を悪くします。禁煙に取り組みましょう。


薬物療法

生活習慣の改善だけでは、症状を完全になくすのは難しいため、

 多くの患者さんは生活習慣の改善とあわせて薬による治療を行います。

薬による治療を始めると、多くの方では、すみやかに症状はなくなります。

ただ、症状がなくなっても、食道の炎症、びらん、潰瘍はすぐに治るわけではありませんので、

しばらくは薬を飲み続ける必要があります。

また、現在使われている薬では、胃から食道への逆流を根本から治すことはできないため、

治癒した後に服薬をやめると再発する方が少なくありません。

そうした方では、薬を長い間飲み続ける治療(維持療法)も行われます。

食道の炎症やびらん、潰瘍の程度が軽く、胸やけなどの症状もときどきしか起こらないような方では、

症状がある時だけ服薬する治療が行われることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

お腹にガスが溜まる原因

お腹にガスが溜まる原因

お腹にガスが溜まってしまう原因はいくつかありますが、

一番多いのが食事の時に食物や飲物と一緒に飲みこむ空気です。

特に早く食べる人やよく噛まないで食べる人は、

飲み込む空気の量が多くなりガスが溜まりやすくなります。

また、炭酸飲料やビールでもガスが溜まり、

暴飲暴食をした場合もお腹で異常発酵が起こってガスが発生します。

他に、ストレスを感じやすい人や、運動不足、冷え性、デスクワークが多くて腸を圧迫する人なども

腸の働きが鈍くなってガスが溜まりやすい状態になっています。

お腹にガスを溜めないためにはこれらの原因を取り除いて、

ガスの発生と排出をバランスよくすることが大切です。

ガスが原因でお腹が張る場合は、便秘を解消する事でお腹の張りも改善する事ができますので、

便秘を解消する事をお勧め致します。

生活習慣を見直して、規則正しい食事と適度な運動を心がけましょう。

食事の時はゆっくりと良く噛んで食べ、食べ過ぎないように注意し、

炭酸飲料などもできるだけ控える方が望ましいでしょう。

そして、疲れを充分にとってリラックスできるように睡眠も充分とることが大切です。

それ以外にも何らかの病気からお腹が張るといった症状もあります。

例えば、大腸がんの病気もお腹が張るといった症状や血便などの症状もあります。

それ以外の病気として考えられる事は胆石症、慢性の胃炎、十二指腸潰瘍なども病気も考えられますので、

お腹の張りだけではなく下腹部の痛みなどを伴っている場合は早急に病院で診てもらう事をお勧め致します。

素人では判断できない症状は専門医で診てもらいましょう。

また、水のような下痢やお腹が張るといった症状がある場合は、過敏性腸症候群が考えられます。

過敏性腸症候群は特に若い女性20代から30代に多く男性では30代から40代に多いと言われています。

過敏性腸症候群でも何種類かの症状に分かれており

便秘型や下痢型、ガス症候群、便秘と下痢の交互型の種類に分かれています。

過敏性腸症候群の治療は普段の生活習慣を見直す必要があります。


お腹が張るのはなぜ?

お腹が張ったと感じる時は、腸の中にガスが溜まっていることが多いようです。

このガスには口から飲み込まれたものと、腸の中で発生するものの2種類があります。

げっぷやおならとなって出ていくガスは、全体の10%にも満たないほどのわずかな量に過ぎず、

大半は呼吸によって排出されます。

でも、入ってくるガスや発生するガスが多すぎたり、排出されるガスが少なかったりすると、

お腹にガスが溜まってしまうんです。

そしてガスが溜まることによってお腹が張る、苦しい、ゴロゴロ鳴るなど不快症状が現れます。

ただ、ガスが溜まってお腹が張っても、不快に感じる人と感じにくい人がいるため、

誰もが同じ症状になるというわけではありません。

しかし、不快に感じないからと言ってガスを腸内に溜めたままにしておくと、

内臓が圧迫された状態が続いてしまいます。

腸内のバランスが保たれている状態の時でもお腹には約200mlのガスがありますが、

それ以上の量で溜まっているガスはできるだけ排出させる必要があります。

 

お腹にガスが溜まるとやせにくい体に

お腹がすぐに張ってしまうガス腹の人は、腸の働きも悪いため代謝が悪くなってしまいます。

代謝が悪くなるということは、排尿や排便、発汗などもうまくいかなくなるということで、

エネルギーが溜まりやすい状態をキープすることになります。

そうすると、ダイエットで食事制限をしても体重が減るどころか増えてしまい、

痩せにくく太りやすい体質を作り上げてしまうのです。

エクササイズをしてもダイエット食品を試しても全く効果がないという人は、

お腹にガスが溜まっているのかもしれません。

ダイエットをするよりもガス腹解消のために規則正しい生活を身につけ、運動不足を解消しましょう。

そしてできるだけ腸の動きを活発にするために、肉を食べ過ぎたり偏食したりせず、

野菜や穀物などの食物繊維を摂って腸の中の善玉菌を増やすように心がけましょう。

そしてその健康な体作りのため、腸にガスを溜めないようにすることがダイエットにも有効なんです。


お腹のガス解消法

口から空気が入りガスが溜まってしまうことの多いガス腹。

これを解消させるには、口から空気が入りにくいような食べ方を実践することが大切です。

ゆっくりとよく噛んで食べるという食べ方の基本を守れば、

空気をたくさん飲み込まずお腹にガスが溜まらないようになります。

一口食べたら30回を目安にしっかりと噛んでから飲み込みましょう。

また、体を冷やすと腸の働きが鈍くなりガスを溜め込んでしまうため、

冷たいものをゴクゴクと飲んだり、体を冷やすような野菜や果物を摂るのは避けましょう。

水分はできるだけ温かいものを摂り、野菜なら体を温める根菜類を中心に摂るようにしましょう。

また、半身浴や足裏マッサージなどで体を温めるのもいいでしょう。

冷えを解消すると便秘も解消され、ガス腹解消にもなります。

他にもストレスを溜めない、おならを我慢しない、ムリな食事制限で間違ったダイエットをしないなど、

心身ともに健康的な生活を送るようにすれば、ガス腹は解消できるはずです。

お腹の張りを解消するには便秘にならないように普段からの食生活に十分気をつけるようにしましょう。

最近では、偏りすぎた食事を取る方が増えてきているようです。

バランスの取れた食事をする事で便秘の解消やガスが溜まってお腹が張るといった症状を改善する事ができます。

便秘解消には食物繊維を摂取することで便秘を解消する事ができますので、

食物繊維が多く含む食べ物は生野菜や根菜類、豆類、イモ類、海草、キノコなどもお勧めです。

また、レシピとして薬味入り納豆やゆでた枝豆、切干大根の煮付けオクラのおひたし、

ひじきの煮つけなどがお勧めです。

また、食事で摂取できない物はサプリメントで補う事もお勧めだと思います。

食事だけではなく適度な運動をするようにもしましょう。

ジョギングよりもウォーキングする事が便秘解消にもつながるそうですので、

ご自分の健康のためにウォーキングを始められてみてはいかがでしょうか。


山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303