山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3532667 番目の訪問者様です

« | »

健康診断で「便潜血陽性」と言われたら

便潜血検査が陽性とでたら


健康診断で、便潜血陽性ということで精密検査を勧められたら、誰しも心中穏やかには過ごせません。

放置することはいけませんが、心配しすぎることも問題です。

まずは、正確な情報を頭に入れておきましょう。

健康診断で「便潜血陽性」の診断。

検査結果通知書には、「速やかに、精密検査を受けて下さい」と記載されています。

これを見て、不安に思わない方は、ほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか?

「便潜血って、あの綿棒みたいな器具で採取した検便の検査結果のこと?」

「見た目では、便に血が混じっているような感じは無かったぞ。」

「ひょっとして、大腸がんかも……?」

今回は、そんなあなたの疑問や不安を解消する「便潜血陽性」のホントのところについて、お話しましょう。

「便潜血陽性」が示す事実とは

便潜血陽性が示す事実"
まずは、「便潜血結の検査結果が陽性だった」ということが示す事実を理解することが、第一歩です。

そもそも、便潜血とは、何なのでしょうか?

基本的には、読んで字のごとく、便に血が潜んでいる状態です。

検査法としては、

近年、ヒトの血液に含まれるヘモグロビンという物質を免疫学的にチェックする方法が用いられることが一般的です。

よって、この検査が示す事実は、「採取した便の検体の中に、

ヒトの血液が混じっている可能性が非常に高い」ということで、これ以上でもこれ以下でもありません。

通常、お口から入った食べ物が、胃、十二指腸、小腸、大腸・S状結腸・直腸を経て、

肛門から便として排泄される課程で便に血が混じることはありません。

現在の便潜血の検査では、主に、大腸以後の消化管で出血しているのかどうかをみることを目的としています。

大腸ポリープの場合、ポリープ表面の組織がもろく、便が通り過ぎるときに擦過されるだけでも出血しやすいので、

便潜血が陽性になります。

しかし、消化管での出血というのであれば、極端な話、でも便潜血陽性になるのでしょうか?

答えは、Yesです。

その他、実は、色々な病気で便潜血は陽性になります。

便潜血が陽性になる疾患には、色々とあります。

比較的若い方にも多いのが、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患と呼ばれるものです。

これらは、明らかな血便として出ることも多いのですが、便潜血陽性で発見される例も少なくありません。

また、大腸の壁に小さい袋のようなもの(憩室=けいしつ)ができ、そこが炎症を起こすことで出血するケースもあります。

ただし、大腸ポリープからの出血によって便潜血陽性が見つかる例があることも心に留めておいておくことが必要です。

特に、大腸ポリープは、小さいうちはほとんどが良性ですが、

直径が2cmを超えると、一部ががん化し始めるという報告もあり、発見した場合には放置せず、

きちんとした検査と治療を行っていくことが大切です。

 

「便潜血陽性」の後にすべきこと

「便潜血陽性」の後にすべきこと

こうして考えてくると、健康診断での「便潜血陽性」は、決してあわてる必要はないことがおわかりいただけると思います。

特に健康診断で行われる便潜血検査では、「定性法」と呼ばれ、血が混じっているのかどうかを、

まずは確認するための少し簡易な検査法であることが多いです。

前述のように痔でもかなり陽性になりますから、直ちに悪い病気を心配する必要はありません。

しかし、すみやかに精密検査をおこなうべきです。

もう一度便潜血検査をおこなうのは無意味です。

もっとも正確な精密検査は大腸の内視鏡検査です。

バリウム検査(レントゲン検査)は正確性の点でおすすめできません。

厚生省のガイドラインでも「内視鏡がもっとも望ましい。

次善の策として、併用もよいがレントゲン検査のみは好ましくない」となっています。

問題なのは、内視鏡は医師側の技術が未熟ですと苦痛をともなうという点です。

便潜血が陽性とでたら、大腸内視鏡の評判のよい専門医を探しましょう

近所に内視鏡の評判のよい病院が見つかったら・・迷うことなく「内視鏡」を選択しましょう。

最も避けるべきは、「便に血が混じっていると言われているけど、もともと痔があるから、心配ない」と自己判断して、

大腸の小さなポリープを見逃してしまうことです。

小さなポリープの一部ががん化している時には、

お腹を開けずに大腸内視鏡のみで完全に切除することも十分に可能になっています。

健康診断の検査結果すべて言えることですが、事実と憶測をしっかり切り分けて、

あまり心配しすぎることなく粛々と検査を進めていくことが何よりも大切です。

 

便潜血検査の問題点

  • 当然のことながら出血している病気しかわからない。
  •  
  • つまりある程度大きくなったガン(進行ガン)でないと陽性にならない。
  •  
  • 早期ガン、特に平坦なガン は出血しないことが多く見逃されやすい
  •  
  • 痔でも陽性になってしまう。
  •  
  • 治療の必要のない痔の患者さんはかなりの頻度であるので、不必要なガンの心配、
  •  
  • 不必要な検査がおこなわれることになる
  •  
  • 「便検査」は簡単な検査なので広く普及しているが、精密検査を担当する内視鏡専門医が十分な数いない

    専門医の考え

    このような問題があることから大腸の専門病院が患者さんに便潜血検査を勧めることはあまり、ありません。
     
    病気の心配が強い方は便検査でなく最初から精密検査をされた方がよいでしょう。

    もっとも正確な精密検査は大腸の内視鏡検査です。