山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3532668 番目の訪問者様です

« | »

胸焼け

 -胸焼けとは?

通常、おなかの中央部辺りからのどの方に突き上げるような、焼ける感じを言います。

人によっては、食道の下の辺りがチリチリする、圧迫感がある、胸がつかえる、などと訴えることもあります。

基本的に胸焼けの直接の原因は、胃酸が食道に逆流してしまうことによって、食道に炎症が起こるというものです。

そして、その胃酸の逆流が起こる症状の原因が、皆さんも良くご存知の通り、暴飲暴食なのです。

胸焼けの対策とは、すなわち胃酸の逆流をいかにして防ぐかということになります。

胃酸の逆流を防ぐためには、やはりその原因である暴飲暴食をしないことが一番です。

減量やストレス改善も効果的だ。

また、ひどい胸焼けの場合にも、胃酸を抑える薬を飲めば、ぴたりと止まることがある。

胃酸は胃液に含まれるもので、pH2という強い酸性を示し、消化や殺菌を助ける作用がある。

そこで、胃自体が酸で溶かされないように、胃の内側は特別の粘液で守られている。

だが、食道の粘膜にはそのような機能がない。

そのため、胃酸が食道に上がってくると、粘膜に炎症が起こるわけだ。
 

-なぜ、逆流が?

 「食道と胃の接続部には、下部食道括約部(逆流を防ぐ弁)がありますが、それが緩むと逆流しやすくなるのです。

この弁は、加齢や肥満、あるいは満腹で胃が広がった場合に、一過性で緩みます。

また、食道裂孔ヘルニア(胃の一部が胸腔=きょうくう=側に上がってくる病気)があると、やはり弁が緩みます。

まれに、胃や十二指腸のかいようが原因で、胃酸が逆流することもあります」

胃酸が食道に逆流する原因は、大きく分けて2つ。

1つは、胃酸の出すぎ。

もう1つは、強い圧力が胃にかかるためだ。

胃酸の出すぎは、暴飲暴食のほか、精神的ストレスによることも多い。

実際に、ストレスの多い仕事を抱えると、胸の中心に鈍い痛みが走ることがある。

これもまた胸焼けの一種だ。

強い圧力が胃にかかるのは、肥満が原因であることが多い。

腹部の脂肪が多いと、胃に対して大きな圧力がかかるため、胃酸が逆流しやすくなるからだ。

しゃがんだ姿勢で作業をしたり、背中を丸めた状態でデスクワークを続けると、

やはり胃への圧力が高まって、胸焼けが起きやすくなる。

また、もともと食道に胃酸が逆流しやすい体質というのがある。

本来、食道と胃の接合部は狭くなっていて、食べ物は通過させても胃酸は逆流させない仕組みになっている。

接合部の位置に横隔膜があって、その部分をうまく押さえていることも、逆流しにくい仕組みを助けている。

ところが、胃の一部が横隔膜より上にはみ出ている人は、横隔膜による押さえが効かないために、

胃酸が逆流しやすくなってしまうのだ。

日本人の10%は、この体質に当たるという。

-日常のケアは?
 

 「まず、食べ過ぎ飲み過ぎを避けるべきです。

飲食物では、下部食道括約部を緩めるチョコレートや、酸分泌を促進するコーヒーは、控えた方がいいのです。

また、ミカンなど酸の多い食べ物を食べ過ぎないことです。

家庭では、食道が胃の上に位置する姿勢で過ごすことを心掛け、就寝の2時間前には食事を済ませてください。

このほか、帯やガードルでおなかを圧迫しないように。

肥満の人は適正体重に減量すべきです。

こうした心掛けは、予防にもつながります」   

-病的な胸焼けを見分けるには?
 
「市販の胃腸薬で治まる程度なら問題はありませんが、胸焼けが、耐え難いようなときや、頻繁に起こる場合は、

最寄りの消化器科か内科で受診した方がいいのです」

胸焼けを起こす病気

空気嚥下症、神経性食欲低下症、逆流性食道炎、胃酸過多症、食道裂孔ヘルニア、

胃潰瘍・十二指腸潰瘍、慢性胃炎、胃がん、胆石症、胆嚢炎など。

空気嚥下症とは食事中以外にも無意識に空気を嚥下して胃や腸に空気がたまる状態のことで、

早食い、口呼吸、唾液を常に飲むといった癖を持つ人にみられます。

心配のない症状ですが、胸焼けがみられます。

胸焼けは神経性食欲低下症(拒食症)といった心の要因からでも起こることがあります。

このような症状によって食事に支障があらわれます。

逆流性食道炎は胃液や十二指腸液が食道に逆流して、食道内に粘膜に炎症が起きる病気です。

特徴的なのが胸焼けで、その他に胸の痛み、食べたときの食道付近の詰まった感じ、

咳や喘息のような発作を引き起こします。

なお、食道裂孔ヘルニア胃酸過多症から逆流性食道炎を生じることがあります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状には無症状の場合もありますが、みぞおち付近の痛み、特に空腹時の痛みが多いです。

その他に胸焼け、吐き気、食欲不振、吐血や貧血などがみられます

慢性胃炎では、早朝の空腹時や食後に痛みを繰り返し、吐き気などを伴うことがあります。

慢性胃炎は大人の半数以上が、慢性胃炎であると言われるぐらいよく起こる病気で、特に高齢者によくみられます。

胃がんは遺伝子の損傷が原因のひとつとして考えられており、慢性胃炎や食生活、

ヘリコバクター・ピロリ菌などによって遺伝子が損傷される可能性があります。

主な症状には下痢、便秘、倦怠感、疲労、血便、貧血などがあります。

胆石症では突然起こる右上部分の激しい腹痛や発熱で、たまに黄疸が見られる場合があります。

胆石症と食事の関係は深く、脂肪分の多い食事をする人が胆石症になりやすいです。

胆嚢炎は胆のうや胆管の胆道系に細菌による感染で炎症が起きた病気で、みぞおちに激痛がみられ、

発熱や黄疸などがみられることが多いです。
 

-診断は?
 
「通常は、内視鏡検査で行います。

日本人に多い胃がんや、食道がんの早期発見のためにも、

内視鏡検査のできる医療施設で受診した方がいいと思います」

 

軽い胸焼けならば、生活習慣を改めるだけで、かなり改善できる。

次の4つの点に注意したい。

(1)暴飲暴食をしない


よく食べ過ぎる人は、胃酸過多の状態になっている。

特に、夜遅くの飲食は避けること。

また、酒、カフェイン、香辛料などの刺激物をとり過ぎないことも重要だ。

(2)リラックスして食事をとる


仕事をしながらの食事は、胃や食道の機能を低下させるので避けたい。

日常生活のストレス改善にも努めよう。

(3)肥満を解消する


 腹部の脂肪が増えると、胃への圧力が高まりやすい。

(4)食事中や食後の姿勢に注意する


背中をまるめた姿勢は胃への圧力が非常に高くなる。

とくに、食事中や食後の姿勢に注意。

また、食後すぐに仰向けにならないこと。

胃の位置が食道より上になり、胃液が逆流しやすくなるからだ。

実際に胸焼けが起きたら、水や牛乳をこまめに飲むといい。

これで食道の胃酸を洗い流すわけだ。

単純だが、意外に効果がある。

胸焼けをひんぱんに感じるようならば、市販薬を服用する。

総合胃腸薬よりも、胃酸分泌を抑える作用の強いH2ブロッカー配合薬が効果的だ。

それでも、胸焼けが毎日続いたり、程度がひどい場合には、医療機関の消化器科を受診しよう。

H2ブロッカーより効果の高いPPI(プロトンポンプ阻害薬)という特効薬がある。