山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3715614 番目の訪問者様です

« | »

血便

 



肛門からの出血(血便)があった場合、

「痔からの出血だろう」と考えて市販の痔の薬で様子を見るのは危険です。

血便があった場合には必ず病院を受診し、

状況によっては大腸内視鏡検査を受けられることをお勧めします。

それだけで「大腸がんで命を落とす人」をかなり減らすことができるのではないかと思っているのです。

血便の原因としてもっとも多いのは、やはり肛門の病気(特に痔核裂肛)です。

30代までの若い人で、裂肛や痔核からの出血がはっきりと確認された場合には、

大腸内視鏡検査を行わずに肛門の治療だけ行うことも多いです。

一方、ある程度の年齢(だいたい40歳以上)の方に血便の訴えがある場合には、

明らかに痔核や裂肛があって、ここからの出血だろうと考えられた時も、

通常大腸内視鏡検査をお勧めしています。

実際検査しても大腸には異常がなく、結局痔からの出血だったという結論になることが多いのですが、

時に大腸がんや大腸ポリープが見つかって命拾いをする方もいるのです。

特に身内に大腸がんの方がいる場合や、便通異常・腹部不快感・腹痛などの訴えがある場合には、

強く大腸内視鏡検査をお勧めしています。

また、目に見える出血がないのに便潜血検査が陽性となった場合であっても、考え方は同じです。

「痔からの出血だろう」と思わずに、かならず大腸内視鏡検査を受けられることをお勧めします。
 

 

血便をともなう疾患

 

裂肛(切れ痔)・痔核(イボ痔

排便時や排便後に真っ赤な血が出ているようなときは、痔が考えられます。

痔は、排便によってうっ血した肛門や直腸の粘膜が傷つけられることで起こります。

痔による血便では、便の表面に少量の血がついていたり、

排便後にポタポタ落ちたり、ピューっと噴射状に出血したり、

おしりを拭いた紙に血が付着していたりする点が特徴です。

 内痔核では肛門周囲の静脈が腫れで出血し、痔の60-70%を占めます。

排便時に真っ赤な血液がでるのが典型的で、痛みがないのが普通です。

外痔核では出血はみられませんが、時に血マメ(血栓)を形成して激しい痛みと

肛門周囲の腫れを生じる事があります。

ただ痔かどうかは自己判断せず、他の病気でないことを

かめるために医師の診察を受け、正しい治療をする必要があります。

 

潰瘍性大腸炎

大腸の粘膜に潰瘍やただれができる炎症性の疾患で、粘血便や下痢が持続する慢性の病気で、

直腸から連続性に結腸に向かって炎症が波及します。

ここ数年患者数が急増しています。

20代の若い人に多く発症し、非常に再発しやすいという特徴があります。

主な症状として、下痢にともなう粘血便があらわれます。

重症になると発熱や腹痛を生じて、

ときには緊急手術が必要となる疾患です。

クローン病

まれに「血便」を認められます。

大腸だけでなく、消化器系全体(食道や胃、小腸など)にも潰瘍ができます。

潰瘍性大腸炎と同じく難病で、特定疾患として指定されています。

症状は血便、腹痛、下痢、体重の減少など。

感染性大腸炎


細菌に汚染された食品を食べたことによって細菌感染による炎症を起こし、腸の細胞が傷つけられ、

腸から出血することで血便になることがあります。

多くは腹痛や発熱、下痢、嘔吐などの症状をともないます。

血便の原因となる主な細菌は、鶏や卵などに生息するサルモネラ菌、

生の魚介類などに生息する腸炎ビブリオ菌、生肉などに生息するO-157やカンピロバクター、

腸結核、アメーバ赤痢、細菌性赤痢、病原性大腸菌0-157など。

虚血性腸炎


動脈硬化などで大腸の血管が詰まったり、

狭〈なり血液の流れが悪くなって血便が認められる病気です。

老人で、動脈硬化や糖尿病を患っている人に多く、急に血便が出て、腹痛は左側に多く発症します。

診断はレントゲン検査や時に内視鏡によりますが、診断は簡単ではなく、手術をして確認し、

詰まった部分があれば切り取る外科手術も行います。


偽膜性腸炎

抗生剤の治療中(ほとんどは入院中)、菌交代現象(使っている抗生剤に効かない菌が増えること)がおこり、

そのため激しい下痢、血便(トマトジュースのような)、発熱、腹痛などが起こることがあり、

これを偽膜性腸炎と言います。

この場合は、輸血や、補液など治療が厄介となります。


大腸憩室症

大腸の壁が袋状に飛び出して、小さな部屋が出来る病気です。

一個の場合もあれば、たくさん出来る場合もあります。
 

高齢者に多い病気ですが、一般的には無症状です。

しかしその部屋に腸の内容物が貯まって炎症を起こして出血する場合があります。

この場合粘液や膿のいた付いた血便になります。

あまりひどい出血になることはまれです。

 

大腸ポリープ

大腸の粘膜が盛り上がってイボのような塊ができる疾患です。

ポリープからの出血は多量~少量~無しまで様々です。

大腸下部のS字結腸や直腸によくみられます。

ポリープが小さいうちにはほとんど無症状ですが、

大きくなるにつれて腸の内容物がポリープの表面を刺激するため、

出血と腹痛を感じることがあります。

ポリープの大部分は良性ですが、ときにがん化する危険性がありますので、

定期的な検査が重要になります。


大腸がん

「血便」で気をつけなければいけないのは大腸癌です。

排便の後に出血することが多いといった自覚症状から、痔と誤解しやすいのが大腸がんです。

大腸癌の初発症状は血便、便通異常、腹痛、腹部膨満、貧血、体重減少、腹部腫瘤など様々です。

しかし、大腸上部の結腸に発生するがんは、初期の場合ほとんど症状がなく、血便も肉眼では確認できないので、

検査を受けないとわかりません。


「下血」や「血便」をみたら必ず早い時期に医師の診察を受けて下さい。

やはり早期発見、早期治療が大切です。