山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3294172 番目の訪問者様です

« | »

口内炎

口内炎とは、口の中の粘膜に炎症がおき、痛みが出る症状です。

口内炎には様々な種類のものがありますが、最も多いのは「アフタ性口内炎」と言って、

中心が白く周囲が赤みを帯びた口内炎です。

口内炎の原因として最も有力視されているのが細菌やウィルスへの感染です。

空気中に含まれている様々な細菌やウィルスが、

口内の抵抗力が弱っている部位に感染することで炎症が起こるという考え方で、

多くの口内炎の原因になっていると見られています。

口内炎の原因の一つとして、歯や食べ物で口内が傷つけられることが挙げられます。

歯並びの悪さが原因になって起こる不正咬合などによって頬が傷つけられることや、

魚の骨などの硬いものが引っかかるなどが炎症の原因となると考えられています。

偏食や食生活の多様化などが原因となる栄養バランスの偏りも、口内炎の原因の一つになります。

特に、ビタミンやミネラルの不足は頬の粘膜の新陳代謝を妨げる原因になり、

口内炎の発症リスクを高めてしまいます。

特にビタミンB群が不足することにより口内炎になりやすくなることが分かっています。

ビタミンBは主に豚肉などに多く含まれています。

 口を開けっ放しにするなどして口内が乾燥することも口内炎の原因になります。

口内は、常時唾液などで湿った状態になっていることで粘膜が保護されていますが、

乾燥してしまうと粘膜としての機能が低下して口内炎を引き起こしやすくしてしまうのです。

病気の中には、口内炎が症状の一つとして現れるものもあります。

膠原病やベーチェット病などの免疫疾患や白血病などに付随する形で現れることが多く、

病気の予兆として見られる場合もあります。


特定の食品に対するアレルギーが原因の場合もあります。

ただ、アレルギーの原因となる食品を特定することはなかなか難しいというのが現状です。


多くの病気の原因となるストレスも、口内炎の原因となります。

過剰なストレスの蓄積によって、口内の粘膜の再生力が低下することによって

傷の潰瘍化が進行して口内炎を発生させるためです。


口内炎の種類


アフタ性口内炎

アフタ性口内炎は、発症した口内炎の大半を占める最もポピュラーな口内炎といえます。

表面が白く周囲が赤い潰瘍(円形またはだ円形で中央部が浅くくぼんでいる)が1~数個できる。

瘢痕が白くなるのが特徴の一つで、強い痛みを伴い複数個の瘢痕を発生させることがあります。

発生する部位は多岐にわたり、時には舌やその下の口底などにも発生します。

10日ほどで跡を残さず自然完治しますが、再発性が高いのも特徴の一つです。

また、アフタ性口内炎は発症原因が特定されておらず、ストレスの増加などで発症すると考えられています。


カタル性口内炎

カタル性口内炎は、歯の刺激によって発生する性質を持った口内炎です。

瘢痕は赤く、健康な粘膜と見分けが付けにくいという特徴を持っています。

唾液の分泌量が増えて口臭が強まったり、味覚が鈍くなったりといった特徴があります。

虫歯が原因となって発生する場合もあります。


ヘルペス性口内炎




ヘルペス性口内炎は生後六ヶ月以降の乳幼児に多く見られる口内炎で、

くちびるや口の中の粘膜に小さな水疱ができ、破れてびらんや潰瘍になるもの。

単純ヘルペスウィルスへの感染を原因として発症します。

単純ヘルペスウィルスは大人から乳幼児に感染するもので大人が使ったタオルや箸、

赤ちゃんへのキスなどを媒介して感染します。

ヘルペス性口内炎は唇や頬などを中心にして発生する特徴を持っています。


口角炎

口角炎は、唇の端にある口角周辺に発生する口内炎のことです。

口角炎を発症するとただれたようになり、

皮膚にヒビが入りかさぶたでボロボロになってしまうのが特徴です。

出血と痛みを伴い、見た目に大きな影響を与えるという特徴を備えています。


カンジタ性口内炎

カンジタ性口内炎は、真菌の一種であるカンジタ菌を原因として発症する口内炎です。

カンジタ菌は常在細菌の一種で、

口内炎を引き起こした場合は抵抗力や免疫力の低下が大きな原因となっています。

患部に白い苔状のものが張り付き、

その下に炎症を起こしているのがカンジタ性口内炎の特徴の一つとなっています。


このほか、アレルギー性の口内炎、ヘビースモーカーがかかりやすいニコチン性の口内炎などがあります。

これらは見た目もアフタ性口内炎とは異なります。

また、一部の人では、歯磨き剤に含まれる発泡成分であるラウリル硫酸ナトリウムが原因になることもわかっています。
 
アフタ性口内炎以外の、原因がはっきりしている口内炎は、

原因を取り除くために早めに内科や耳鼻咽喉科、歯科などで相談を。


ストレスや過労などが引き金に


最も一般的にみられるアフタ性口内炎は、触ると痛い、

すっぱいものや塩辛いものがしみると痛みが増すという特徴があります。

口の中がしみて痛む程度から、ひどくなると、しゃべりにくい、飲み込みにくいといった症状が出ることもあり、

若い人に発症しやすいようです。
 
原因はよくわかっていませんが、睡眠不足や過労、ストレス、不規則な食事など、

心と体の疲れが引き金になることがよくあります。

たいていはそのままにしておいても7日から10日間ほどで治りますが、再発することも少なくありません。

大きくならず数も少なければ様子をみてかまいませんが、痛みが気になるときは受診しましょう。

また、なかなか治らなかったり、何度も繰り返すような場合、まれに大きな病気が隠れていることもあります。

とくに再発性のアフタ性口内炎は、ベーチェット病という皮膚症状、眼症状、

外陰部潰瘍などを伴う全身性の炎症性疾患(膠原病周辺疾患)のこともあるので、念のため内科を受診するとよいでしょう。

口内炎の予防と改善は、次のことをこころがけましょう。


(1)まず口の中を清潔に。毎食後に歯磨きやうがいで常に清潔にする。また口の中が乾かないようにする

(2)疲労・ストレス・睡眠不足に気をつけて。ゆっくりと休養をとって、睡眠を十分に。

(3)バランスのよい食生活を。とくに緑黄色野菜をたっぷり、ビタミンB群やCを含む食品を積極的にとって免疫力アップを。

(4)禁煙し、アルコールを控える。


それでもできてしまったら、

「睡眠は十分か?」

「栄養バランスはとれているか?」

「ストレスをためていないか?」

など日ごろの生活を見直すようにすれば、病気を予防することもできるかもしれません。

そうなると口内炎は厄介者どころか、無理をしないよう警告を発してくれるありがたい存在! 

口内炎ができたら生活と健康を見直すよいチャンス、健康管理に利用しない手はありませんね。