山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3297954 番目の訪問者様です

« | »

急性胃粘膜病変(AGML= acute gastric mucosal lesion)

急性胃粘膜病変(AGML= acute gastric mucosal lesion)は急性胃炎の重症型です。

心窩部(みぞおち)の強い痛み、吐き気、膨満感などで急に発症し、

内視鏡検査の結果、胃の粘膜に広範にびらんや潰瘍をみとめるものです。

症状は急激に悪くなり、強い痛みで食事が摂れなくなります。

ときに多量の吐血や下血をともなうようになります。

重症になると入院措置が必要です。


原因

さまざまな原因で起こります。

原因として重要なものには鎮痛薬(非ステロイド系消炎鎮痛薬)の長期服用があります。

解熱鎮痛剤が胃を傷めることは一般的に知られていますが、

それが重篤な障害の原因となることまでは考えていないかも知れません。

精神的・肉体的(手術、外傷、熱傷(ねっしょう))ストレスなども多く見られます。

 アニサキス(寄生虫)感染

アニサキス(鯖やイカに多い)などの寄生虫が発見できれば、それを摘出することもできます。

 内視鏡検査によるヘリコバクター・ピロリの感染、アルコール・香辛料などの多量摂取、

治療によるもの(肝動脈塞栓術(そくせんじゅつ)、食道静脈(じょうみゃく)瘤硬化療法など)があります。

極度の緊張の時などに胃がきゅーっと痛むのもこの病変のきっかけになります。  

診断

   すみやかな内視鏡検査が唯一の診断法です。

病変は粘膜に限局しており、内視鏡検査のタイミングが遅れると病変がわからなくなることも少なくありません。

発症早期には、多発性・不整形の急性潰瘍・びらん(しばしば出血性)、

凝血塊(ぎょうけつかい)の付着、びまん性・斑状・点状の粘膜発赤などが認められます。


治療


原因となった食物や薬物が分かれば、これをまずやめて原因の除去をおこないます。

吐き気や嘔吐がつよいときには、明らかな吐下血がなければ、

まずは輸液をして全身状態の改善を待ってから検査を行います。

もちろん、吐下血や嘔吐が頻繁で、全身状態が不安定なときは

急いで検査をすすめなければいけません。

薬物治療としては、症状が軽ければ急性胃炎治療に準じて制酸薬、H2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)、

プロトンポンプ阻害薬(PPI)、胃粘膜保護薬などを服用すると数日でよくなります。

しばらくの間だけ薬を服用し、症状がなくなれば休薬できます。

いったん治癒してしまえば、通常の胃潰瘍のように再発したり慢性化することはまれです。

吐血・下血が認められた場合や痛みが激しい場合は急いで消化器専門医を受診して

早めに内視鏡検査を受けてください。

潰瘍の範囲や出血の程度を正確に診断します。

内視鏡検査の結果、潰瘍が深く、出血がみとめられた場合には入院し絶食のうえ、

消化性潰瘍治療に準じてH2受容体拮抗薬の点滴、止血薬の投与がおこなわれます。

潰瘍から大きな動脈性の出血があれば、内視鏡下に止血をおこないます。