山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3409556 番目の訪問者様です

« | »

そけいヘルニア(鼠径ヘルニア)(脱腸)

ヘルニアとは「飛び出す」という意味

ヘルニアの語源は、ラテン語で「飛び出す」という意味です。

そけいヘルニアは太もものつけねから身体の中の小腸などの組織が出てくる病気です。

お腹から腸が飛出す、そけいヘルニア(脱腸)のイメージ

そけいヘルニアになる理由(ワケ)は?

 

太もものつけね(足のつけね)の部分を「そけい部」といいます。

そけい部は腹圧や足の運動に耐えるために筋肉や筋膜が重なった複雑な構造になっています。

ここにそけい管という直径が1cmぐらいのトンネルがあります。

このトンネルが男性では精子を運ぶ精管や精巣に行く血管、

女性では子宮を固定するじん帯の通り道となっています。

このトンネルの入り口やその周囲の筋肉や筋膜が弱くなり、

お腹の中の組織が外に出てくることでそけいヘルニアが発病するわけです。

男性の場合、このトンネルが太いためそけいヘルニアになりやすいといわれています。

 

“飛び出る”場所で3つのタイプ

そけいヘルニアはお腹の中の組織が出てくる場所(穴)の違いで、3つのタイプに分かれます。
そけいヘルニアの位置とカントンの状態

1) そけい管のトンネルの隙間から出てくるタイプがそけいヘルニアで

一番多い「外そけいヘルニア」です。

年をとってきて筋膜が衰えてくると鼠径管の入り口が緩んできます。

お腹に力を入れた時などに筋膜が緩んで出来た入り口の隙間から腹膜が出てくるようになり、

次第に袋状<ヘルニア嚢(のう)といいます>に伸びてそけい管内を通り脱出します。

いったんできた袋はなくならず、お腹に力を入れるとヘルニアのうの中に腸など、

お腹の中の組織が出てくるようになります。

これを外そけいヘルニアといいます。

2) そけい管を通らず筋肉層の切れ目から出てくるタイプが

内そけいヘルニア」で高齢者に多くみられます。

腹壁には弱い場所があり、年をとってきて筋肉が衰えてくるとここを直接、

押し上げるようにして腹膜がそこから袋状に伸びて途中からそけい管内に脱出します。

これを内そけいヘルニアといいます。

外観は外そけいヘルニアと変わりません。


3) そけい管より少し足よりにある大たい管と呼ばれるトンネルから出てくるタイプが

大たいヘルニア」で、中年以降の女性に多くみられます。

そけい部の下、大腿部(だいたい部)の筋肉、筋膜が弱くなって膨らみが発生するヘルニアを

大腿ヘルニア(だいたいヘルニア)といいます。

 
はれが急に硬くなったり、膨れた部分が押さえても引っ込まなくなることがあり、お腹が痛くなったり吐いたりします。

これをヘルニアのカントン(嵌頓)といい、急いで手術をしなければ、命にかかわることになります

大たいヘルニアの発生率は少ないですが、カントンになる可能性が高いといわれています。 

〈そけいヘルニアの3つのタイプ〉

1) 外そけいヘルニア
  一番多い
  男性に多い
 e38398e383abe3838be382a2e381aee7a8aee9a19e4 太もものつけねが膨らみます
2) 内そけいヘルニア
   高齢者に多い
   男性に多い
3) 大たいヘルニア
   比較的少ない
   女性に多い
   カントンになる可能性が高い

 

鼠径ヘルニア(脱腸)の症状

初期のころは、立った時とかお腹に力を入れた時に鼠径部の皮膚の下に腹膜や腸の一部などが

出てきて柔らかいはれができますが、普通は指で押さえると引っ込みます。

太ももや足のつけね(そけい部)に何か出てくる感じがあり

それがお腹の中から腸が脱出してくるので「脱腸」と呼ばれています。

次第に小腸などの臓器が出てくるので不快感や痛みを伴ってきます。


鼠径ヘルニア(脱腸)になりやすい人

 鼠径ヘルニア(そけいヘルニア)は、乳幼児の場合はほとんど先天的なものですが、

成人の場合は加齢により身体の組織が弱くなることが原因で、特に40代以上の男性に多く起こる傾向があります。

乳幼児でも中高年でも鼠径ヘルニア患者の80%以上が男性ですが、

これは、鼠径管のサイズが女性は男性より小さく、比較的腸が脱出しにくいためと考えられています。

また、40代以上では、鼠径ヘルニアの発生に職業が関係していることが指摘されており、

腹圧のかかる製造業や立ち仕事に従事する人に多く見られます。

便秘症の人、肥満の人、前立腺肥大の人、咳をよくする人、妊婦も要注意です。

ヘルニアの治療・手術


下記URL参照してください

http://bcove.me/y1ev5352