痔とは

痔とは便の出口である肛門、及びその周辺にできた病気を総称してさす言葉です

いわゆるいぼ痔は、皮膚或いは粘膜の直下にある静脈叢にできる静脈瘤でいわば血管の塊です。


歯状線より上方にできる物を内痔核、下方の物を外痔核といいます。

内痔核は排便時の出血、脱出が主症状で粘膜に覆われているため疼痛は有りません。

逆に外痔核は皮膚に覆われているため疼痛、異物感を主症状とし、

出血はなく最初から外に出ている事が多くなります。

外痔核は血液が中で固まる血栓化をしていることも多く、その場合はかなり硬く触れます。

実際には歯状線をまたがってできる物も多く、症状は混在することとなります。

静脈瘤が無くても、表面の粘膜とその奥の括約筋をつなぐ線維の脆弱化が

主原因(表面の粘膜がずれて脱出しやすい)となる場合もあります。

 
裂肛(切れ痔)

歯状線と肛門縁の間(肛門管といい括約筋が締める部分にあたります)が、文字通り切れることで、

排便時の出血と疼痛がでます。

軽い物はすぐ治りますが、縦に裂けた上方に肛門ポリープ、下方に皮垂(見張りいぼ)というたるみができます

(これらは治りませんが治療の必要もありません)。

慢性的に繰り返すと内括約筋に炎症が及び筋肉の弾力性が失われます。

さらに繰り返すと肛門が狭くなり、よけいに切れやすくなるという悪循環に陥ります。

痔瘻(あな痔)

 

下痢などによって、歯状線横にある肛門陰窩(いんか)と呼ばれる小さなくぼみに便が入り、

便中の大腸菌などの細菌の感染によって、筋肉等の組織がない柔らかい所に膿瘍

肛囲膿瘍という膿のたま)を形成。

皮膚に排膿して、腸と皮膚の間にトンネルを作ったものです。

肛門周囲膿瘍の段階では、化膿によるズキズキした痛み、38~39℃の高い発熱があります。

たまった膿が出ると症状は楽になりますが、膿のトンネルができているので、その後も膿が出ることがあります。

普段は、ここに便が入り込むことはないのですが、下痢をしていると入りやすくなります。

痔の予防

痔は生活習慣と大きな関係があると言われています。

おしりを健康に保つには、普段の生活から改善していくことが大切です。

痔の発症・再発を防ぐには、おしりの負担となる便秘や下痢に気をつけることが重要です。

また、仕事で一日中立ちっぱなしだったり、イスに座りっぱなしだったりなど

長時間同じ姿勢でいることも、よくありません。

痔が気になる方は、おしりが健康でいられるよう気をつける必要があります。

痔の症状で悩んでいる場合は、薬の使用だけでなく、便秘・下痢になりにくい生活へと改善するなど、

“おしりに負担をかけない生活”を心がけましょう。

 生活習慣の中でも、とくに食生活は重要です。
 
必要以上の食事制限によるダイエットでは、便の量が少なく腸管が刺激されにくいため、便秘になりがちです。

スムーズな便通のため、「肉だけでなく食物繊維を含む野菜もとる

しっかり食べる(食事量をある程度とる」などを心がけましょう。

アルコールのとり過ぎも、下痢やうっ血を起こしやすくするため、痔を悪化させる要因となります。

また、香辛料のとり過ぎも排便時に肛門部を刺激するおそれがあるので注意しましょう。

 

規則的な排便習慣も大事です。

朝忙しいからとトイレをがまんしたりすると、自然な排便が行われず、便秘気味になります。

また、トイレでの長居、いきみ過ぎなどは、痔を誘発・悪化させることにもなります。

トイレは便意を感じてから行きましょう。

排便は短時間ですませて、強くいきまないようにしましょう。

便が硬くなる原因の1つに水分不足があげられます。

水分が少ないと、便が硬くなり、便秘になりやすくなったり、便が肛門を傷つけやすくなったりします。

朝起きてすぐ、仕事の合間、スポーツのあとなど、こまめに水分補給をするようにしましょう。

 

ストレスなど、精神的な要因でも便秘や下痢が引き起こされることがあります。

あまり悩みすぎず、気分転換をしてリラックスすることも大切です。

お風呂も、日頃気をつけることとしては重要です。

おしりを清潔に保つため、入浴の際は軽く石けんで洗い流すようにしましょう。

また、うっ血を改善するという効果もあるので、

シャワーだけで済ませず、ぬるめのお湯にゆっくりつかるようにしてください

 

一日中立ちっぱなし、また座りっぱなしなどのほか、重い物を持ち上げる動作や中腰の体勢なども

おしりに大きな影響を与えますので、注意が必要です。

普段から同じ姿勢で過ごしがちな方は、定期的に体を動かしておしりの血行改善を心がけましょう。

痔の治療


体にやさしい半導体レーザー法

ICG(インド・サイアニン・グリーン)という無害な緑色の色素を痔核に注入し,

810nmの波長を持つ半導体レーザーを照射します.

この半導体レーザー光線は緑色に強く吸収されます.

この性質を利用し,,緑色に染まった痔核のみを焼灼することができる画期的で極めて安全な治療法です.

痔核の下にある肛門括約筋を傷つけることがありません.

効率よく痔核部のみを焼灼できるため,術後の痛みや出血などの合併症はほとんどありません.

1つの痔核を焼き固める時間はおよそ30秒で,平均手術時間は10分程度です.

粘膜脱や脱肛を伴わない2度程度の痔核に最適な治療法です.

    
    ICG注入          半導体レーザー照射         痔核の消失

PPH法の原理

痔核の発生原因は,直腸粘膜がゆるみ,重みで粘膜がずれ落ちるために痔核が生じます(Sliding Theory).

そこで,たるんだ粘膜を切除し,直腸粘膜を吊り上げて痔核を消失させる手術がPPH法です.

ゆるんだ直腸膨大部の粘膜,粘膜下層を自動吻合器を用いて約2cm幅で環状に切除します.

直腸全体が均等に吊り上るため,全周性に脱肛する痔核にも有効です.術直後より脱肛は消失します.

PPHで切除する直腸粘膜には痛みを感じる神経はありません.

したがって従来法の結紮切除法で肛門を切開する手術とは違い,

PPHでは術後の肛門部の痛みはほとんどありません.

直腸のふくらんだ部分(膨大部)の粘膜.粘膜下層のみを切除するため,

肛門括約筋を傷つける心配はまったくありません.

手術直後に脱肛は消失し,スムーズに排便できます.

 

特徴:  

1.脱出粘膜の吊り上げ
 
2.上痔動脈分枝の全周遮断

3.痔核そのものは切除しない

痔核(脱肛)に対する手術として,肛門を切開しない最新のPPH法による根治手術

手術直後より確実に脱肛と痔核は消失し,脱肛に対する再発はほとんどありません
 
イタリアのLongo博士が開発し,ヨーロッパであっという間に痔核手術の主流になりました.

手術時間はわずか15分程度です.

従来の手術法と違って術後の肛門痛が少ないため,日帰り手術が可能です.

従来の痔核手術法では術後の激しい肛門痛のため約2週間の入院が必要でした.

もちろん,PPH法も肛門手術ですから,まったく痛みがないわけではありませんが,

痛み止めの内服薬で十分にコントロールできます.

日帰り手術といっても従来の手術法に比較して治療効果が低下してはまったく意味がありません.

一昔前の痔核(脱肛)の日帰り手術は,注射による硬化療法やゴムによる結紮など簡単な治療法を行っていました.

確かに痛みは少なく日帰り可能ですが,これらの治療法は根治手術ではありませんので,

2~3年以内に痔核が再発することもありました.

PPH法では肛門部をまったく切除しないため,きずの消毒や抜糸は必要ありません.

術後の排便もスムーズです.

翌日からシャワー浴,翌々日から入浴が可能です.

PPH法の合併症としては,肛門出血,排便時の肛門痛,残便感などがあります.

通常は痛みや残便感などは術後1週間程度で軽快します.

手術時間は15分程度で手術後は約2時間で歩行が可能です.

術後もスムーズに排便でき,脱肛もせず完全に痔核が治癒したことを実感できます.

ジオン(ALTA)注入法


ジオン(ALTA)は,中国で開発された「消痔霊」(硫酸アルミニウムカリウム)という薬を改良した

「脱出を伴う内痔核」を硬化・縮小させる治療薬で,病変組織を硬化退縮させることにより

重度内痔核の脱出と排便時出血を消失させます.

麻酔をした後,「四段階注射法」という独特な手法を用いて痔核に注入し,痔核が潰れて硬化・萎縮します.

ジオンは,内痔核の脱出に対して効果が期待できる薬剤であり,

従来,手術適応となっていた患者さんにとっても新たな選択肢となります.

また,従来の手術に比べて侵襲が少なく患者さんの負担の軽減及び日帰り手術により

社会生活への早期復帰が可能となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

骨盤内腹膜炎ってどういう病気ですか?

横隔膜より下の腹腔には、小腸、大腸、脾臓、子宮、卵巣などの臓器があり、

この腹腔や内臓を覆っているのが腹膜です。

女性性器すなわち子宮・卵管・卵巣、あるいはその周囲にある組織(腹膜や結合組織)に起こる感染症を

総称して骨盤内感染症(Pelvic inflammatory disease : PID)と呼びます。

この中で、腹痛や発熱などの炎症症状が激烈で腹膜炎を併発していると考えられる場合、

その炎症の範囲は大抵骨盤内に限局したものであることから骨盤内腹膜炎 Pelvic peritonitis と呼称されています。
 

通常、入院治療を必要とすることが多く、

通院治療(=内服のみで治療)ではなかなか症状が軽快しないことが多いようです。

また、治療により症状が軽快してもその後に骨盤内に膿瘍を形成すること(膿みがたまること)も少なくはなく、

そのため最終的に開腹手術を行うことになるケースもままあります。

 

骨盤腹膜炎の多くは、子宮頸管炎(けいかんえん)から子宮内膜炎(ないまくえん)、子宮付属器炎

そして骨盤腹膜炎へと感染が上行性に進むことにより発症します。

したがって、これら子宮頸管炎子宮内膜炎および子宮付属器炎の原因が、骨盤腹膜炎の原因になりえます。

子宮頚管に感染がおこったときに子宮頚管炎といいます。

膿のようなおりものや出血がおこることがよくみられます

子宮内膜の炎症を子宮内膜炎といいます。

分娩などの後のほか、子宮内での処置の後、避妊リングなどの異物の刺激、他、子宮体癌・頸癌などでもおこります。

症状はおりものの増加や発熱、腹痛、腰痛などです。

卵巣や卵管の炎症を子宮付属器炎といいます。

クラミジアや淋菌による感染が有名ですが、もちろん雑菌などによるものもあります。

細菌の侵入は膣からのものと、それ以外のものがあります

原因菌としては、ずっと以前は結核菌や淋菌によるものが多かったのに対し、

近年では大腸菌類が最も多くなっていますが、

特に最近は性行為感染のひとつであるクラミジア感染が増加しているのに伴ってこれによるものが急増していること、

また淋病によるものも微増傾向にあることも特筆すべき点でしょう。

子宮内避妊器具(IUD)を交換せずに長期間装着していると、発症することがあります。

そのほか、開腹手術後の感染から起こることもあります。

いずれにしろ、下のイラストのように病原菌は膣内から子宮を通り抜けて卵管、骨盤内へと侵入し、

そこで炎症を起こすという病態には変わりありません。

症状としては、次のようなことが起こります。

① 急性期 --- 症状としては、発熱(高熱)を伴う下腹部の強い痛みが主となります。

寒気(さむけ)、ふるえ、嘔吐、便秘、下痢、排便困難などの症状が起こります。

② 慢性期 --- 下腹部の鈍痛、腰痛、性交時の痛み、月経異常、不妊などがあらわれます。

おりものや不正出血などの特異的な変化を伴うことはあまりありませんが、

原因菌により膣炎を伴っていたりホルモンバランスを崩していたりする場合には

このような症状が見られることもあります。

 
腹膜炎による滲出液(しんしゅつえき)や膿汁がダグラス窩にたまると、膿瘍(のうよう)を形成します。

膿瘍の診断は、経腟(けいちつ)超音波断層法、CT、MRIなどの画像検査により行います。

既往歴、症状および検査所見から、診断を行います。

治療は抗生剤が主体となり、通常セフェム系、ペニシリン系、ペネム系、ニューキノロン系などの薬剤が使われます。

先述のとおり最近はクラミジアによるものが増えてきていますが、

ニューキノロン系の薬剤にはクラミジアに対しても有効なものがあるもののその他の抗生剤では無効なことから、

マクロライド系(エリスロマイシン、クラリスなど)やテトラサイクリン系(ビブラマイシンなど)

の抗生剤を追加、併用したりもします。
 

重症例、難治例ではこれらの薬剤でも無効なこともあり、

カルバパネム系抗生剤や免疫グロブリン製剤(ガンマベニン、ベニロン等)を使用する場合もあります。

さらに先述のように手術療法を選択する場合もありますが、

これは通常急性期(炎症の状態がかなりひどい状態)には行うものではなく、

炎症が落ち着いてきたものの膿瘍の形成や癒着などによる痛みを主とした症状が

持続する場合に主として採択される方法です。

膿瘍(abscess)は、主に卵管自体(卵管留膿腫;pyosalpinx といいます)あるいはその周囲、

ダグラス窩(→ダグラス窩の場所はこちらで)などに形成されることが多く、

ほとんどの場合周囲の組織(卵巣、卵管、腸、靱帯など)との癒着が認められます。

卵管との癒着があったり卵管自体に膿瘍が形成された場合、

卵管の通過性に障害をもたらす結果として不妊症子宮外妊娠の原因となる懸念があるため、

これから妊娠を考える方では特に問題となるものです。
 

また、膿瘍の存在はそこを中心とした炎症の再燃が起こりやすく、

何度も発熱・疼痛を繰り返すこともまれではありません。
 
以上のようなことから、膿瘍形成が認められる症例では、外科手術の対象となるのが普通といえるでしょう。

予防としては、不潔な性交を慎むことや、ふだんからコンドームを使用して性感染症を予防することも大事です。

卵管炎や子宮内膜炎が起きた場合には、早めに抗生物質による治療を受けることが大切です。

 また、健康な状態であれば、子宮頸管で病原菌の侵入がくいとめられるのですが、

流産や人工中絶後、産褥期など子宮内膜が傷ついているときは感染しやすくなっています。

出産や手術のあとは、特に清潔と安静を心がけましょう。

 

 

 

 

 

 


山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303