大腸内視鏡検査を受けるために必要な自宅での準備

大腸内視鏡検査を受けるにあたって最も重要なことは、

自宅にて検査の前に大腸の中の便を、くまなく、殆どすべて体外へ排出させておくことです。

便が大腸内に残っていたのでは、細かい病変を見逃すことになり、折角の検査が台無しになります。

そのためには、検査前日の夕食が重要になります。

便を作らないような食事にする必要があります。

具体的には下記の注意事項に留意してください。

検査前日の夕食(できるだけ軽食に)

飲んでいいもの:

水、お茶、ウーロン茶、紅茶、コーヒー(砂糖可、ミルク不可)、炭酸飲料、スポーツ飲料、味噌汁のつゆ

食べていいもの:

素うどん、素そば、パン1~2枚、お粥1~2杯 豆腐、卵、白身魚、澄まし汁、コンソメスープ、具のない味噌汁

飲んではいけないもの:

牛乳、実のあるジュース

食べてはいけないもの

肉類、野菜類、海藻類、きのこ類、こんにゃく、ごま、とうもろこし、豆類

勿論、 これだけでは大腸の中の便は無くなりませんので、便を殆どすべて出して、大腸の中を空っぽにするには、

これから説明するマグコ ロールPという下剤を飲まなければなりません。

このマグコ ロールP 自体は、白い粉末なのですが、このままでは飲めないので、

夕食後、容器の中に水1800mlを入れ中の白い粉末を充分に溶かして、

大腸内視鏡検査用下剤:マグコロールP 1800mlを作ってください。


 


検査前夜は、マグコロールP 1800mlの半分の900mlだけを飲んでください。

就寝1時間ぐらい前から、ゆっくり飲み始めてください。

コップ1杯(180ml)を10分間隔で飲んでください。

コップ5杯分(180ml×5=900ml)に相当します。

つまり50分かけて900mlを飲むことになります。(10分×5=50分)

飲む量が多いのは大変申し訳ないのですが、ポカリスエットに似た、酸味のあるジュースのような味がしますので、

思ったよりは美味しいのではないかと思います。

但し、反応が良い方は、深夜から排便が始まることもあります。

 
検査当日( 月 日 )は、朝食は食べないでください。

その際常用されている血圧、心臓の薬は飲んでください。

糖尿病の薬は飲まないでください。
早朝起床後、午前6~7時頃よりマグコロールPの残りの900mlを飲み始めてください。

飲み方は前夜とまったく同様です。

マグコ ロールPを飲み終わったら、頻繁にトイレに行くことになります。

10回ぐらいトイレに行ったら、最終的に水洗トイレの底が見え、ウーロン茶や紅茶のような便になります。

そうなれば、大腸内視鏡検査が可能になります。

便意が充分に治まってから午前9:00頃に当院にお越し下さい。

胃カメラってどうするの?


「胃カメラ」は、正式名称を上部消化管内視鏡検査といいます。

内視鏡とよばれる小型のカメラを口から入れて、食道、胃、十二指腸と順に状態を観察していきます。

消化器内の様子は検査室内にあるテレビ画面に映し出されて、

医師はそれを見ながら細かな部分まで病変があるかないか、また病変の大きさ、広がり具合などを確認します。

こうして、病気を発見することができます。

口から「胃カメラ」を挿入する検査方法は、受ける側にとっては恐怖なのです。

というのは、「胃カメラ」がいくら細くやわらかくなったとはいえ、喉の反射によって、

無意識に吐き出そうとしてしまいます。

このため、“オエッ”となってしまいます。

喉を通って中に入ってしまえばラクにはなりますが、

それでも気持ち悪さは続く…という人が多いでしょう。

その苦痛を和らげるための方法として、先端の細さがやく5ミリという「胃カメラ」が開発され、

最近では口からではなく、鼻から入れる検査方法を取り入れている病院も増えてきました。

鼻からの「胃カメラ」なら、苦しさや辛さがかなり軽減されます。

但し、当院では口からだろうが、鼻からだろうが、 基本的に患者さんを点滴を使って、

眠らせた状態で検査を行うので、まず苦痛はないと思います。

というわけで、検査手順を説明していきましょう。

服用している薬があったり、心臓の病気や緑内障、前立腺肥大症など何か病気をもっている場合は、

前もってその旨を教えてください。

検査前日

当院では検査前日の食事制限はしていません。

検査当日

まずは、胃の中の泡を消す薬(ガスコンシロップ)を飲みます。

次に喉の麻酔をします。

ゼリー状の麻酔薬(キシロカインゼリー)を喉の奥のほうで10分間含んでいただき、喉元の感覚をマヒさせます。

10分後キシロカインゼリーを吐き出していただきます。

口の中にたまったツバも飲み込もうとせず、外に吐き出してください。

その後、もう一度、喉元に麻酔スプレー(キシロカインスプレー)を噴霧します。

そして、最後に口を開けてもらい、マウスピースを噛んでもらいます。

 あとは何もしなくてもいいです。

鎮痛薬入りの点滴が効いてきますから、いつの間にか、うとうとしていき、軽い眠りに入ります。

そして、お名前を呼んで、目が覚めたときには、すでに検査は終わっています。

いつの間にかはじまって、いつの間にか終わっています。

特に異状がなけれが、胃カメラが体内に挿入されている時間は、5分以内です。

検査後

検査が終わっても約1時間は、検査終了後の仮眠用ベッドでゆっくり休んでください。

とてもいい気持ちだそうです。

 

 

食道がん

    食道とは、喉(のど)と胃をつないでいる、長さが約25cmぐらい、直径は約1.5cmぐらいの管状のものです。

    食道癌(食道がん)とは、食道の内側をおおっている扁平上皮(へんぺいじょうひ)という粘膜から発生する

    癌(がん)のことです。

    最も一般的な食道がんは、次の2種類です。


    【扁平上皮細胞がん】

    がんは食道の内側にある薄くて平坦な細胞である扁平上皮細胞中に生じます。

    このがんは食道の上部および中央部に最も頻繁に発生しますが、

    食道に沿ってあらゆる場所に発生する可能性があります。

    これはまた類表皮がんとも呼ばれています。


    【腺がん】

      
    がんは(分泌)腺細胞中に発生します。

    食道内側の腺細胞は粘液などの体液を産生し、放出します。

    通常、腺がんは胃の付近の食道下部に発生します。

    食道がんの約90%はいちばん長い胸部食道に発生します。

       
          

    年齢層では男性60歳代、女性70歳代にピークがあります。

    食道ガンは治療の難しい癌として知られています。

    その理由は、食道が胃などの消化器管と違い漿膜(しょうまく)におおわれていないので、

    癌のひろがりを防ぐことができず、進行しやすいからです。

    また、食道の壁は薄いので、

    癌は早い段階で食道の細胞に深く進みやすい(浸潤しやすい)傾向にあるからです。

    そして、食道には血管とリンパ節が数多くあるので、脳や肺などの遠い場所へ転移しやすく、

    さらに食道の周りには気管、心臓、肺などの臓器がとても近くにあるので、

    それらの臓器に癌が直接進行してくることもあるため、進行がんでは治療がより難しくなります。

    手術をするにも、食道は様々な臓器や肋骨に包まれているので、困難となる場合もあります。

    最近では、内視鏡などの診断技術の進歩により、

    無症状の比較的早期な食道がんが発見される機会が増加しています。
       
         
    近年、診断技術のみならず手術術式や術後管理の進歩、さらに有効な治療法の開発により、

    食道がんの治療成績も飛躍的に向上しています。

    内視鏡を使った手術や放射線化学療法により治る人も増えています。

       

    ですから早期発見、早期治療がきわめて重要です。
       

    食道癌の人数と年齢
       

    食道がん(食道癌)になる人の人数は、年間で約 1万4000人で、全がん中 10位ですが、

    その人数は増加傾向にあります。

    食道癌での年間の死亡者は 1万人以上で、これは全てのの中で 7位です。

    食道がんが多く発生する年齢は、60歳以上で、特に男性に多いです。

        
           
    食道がんの原因
       

       

  1. 喫煙が一日に20本以上吸う方
  2. 飲酒は一日に日本酒3合以上またウォッカ、テキーラなど強いお酒を好んで飲む方
  3. 熱い食べものや激辛の辛い食べものを好んで食べる方
  4.    

    タバコに含まれる有害物質によって、食道の粘膜が刺激されてしまい、

    食道がんになってしまうリスクが高まってしまうのです。

    タバコ、酒、熱いものや辛いものなど刺激のある飲食をする。

    こういった危険因子が食道がんには存在します。

    タバコは吸うだけでも百害あるものですし、アルコールなどの摂取も、

    適量に抑えておくように心がけたいところですね。
       
           
    日本人の食道がんによる死亡者数は男性が女性の5~6倍ですが、

    これは男性の方が喫煙や飲酒が習慣化しているためといわれています。

    その他の食道がんの原因をしては、熱い・辛いものを好んで食べる食習慣があげられます。

    熱さや辛さによって食道の粘膜が炎症を起こすことで、

    食道がんを発症する確率があがると考えられています。

    近年、欧米で急増している腺がんについては、肥満が確実なリスク要因とされており、

    これを予防するためには、野菜・果物の摂取が重要であるとされています。

       
     アルコールを摂取すると、体内で分解されてアセトアルデヒドになります。

    さらに、このアセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2

    などによって酢酸に分解されます。

    ところが、日本人の40%は、このALDH2の活性が欠損していて、

    アセトアルデヒドを分解することができません。

    アルデヒドには発がん性が認められており、それが体内に残っていることが、

    食道がんの発生に関係しているのではないかと指摘されています。

       
       
       
    さらに、アルコールにタバコという習慣も加わればかなりの高リスクな要素になります。

    飲酒した状態はタバコの発がん性物質をより吸収しやすくしてしまいます。
     

    お酒もタバコも飲まない人を1とすると、

    喫煙指数が1000(一日40本/25年間)で、飲酒指数が100(一日4合/25年間)の人は

    50倍も食道がん(食道癌)にかかりやすいという報告もあります。

    また、胃液が逆流して胃酸によって常に食道の下の部分が常にさらされることによって、

    炎症を起こしそこから食道がんに発展するということも

    食道がんの原因の一つとして考えられています。

         

        食道がん(食道癌)の初期症状    
       

       
    食道がん(食道癌)は初期症状に乏しく、早期発見が困難ながんです。

    早期食道がん(食道癌)でも粘膜がただれるようになっている場合は、

    食べ物を飲み込んだ時に喉に違和感を感じたり、胸の奥がチクチクと痛んだり、

    熱いものやすっぱいものなどを飲み込んだ時にしみることがあります。

     

    これらの症状は頻繁には現れず、普段の生活に支障をきたすこともないため見過ごされがちですし、

    また食道がん(食道癌)の初期症状はしばらくすると消失することもあるため

    放置されやすいといえます。

     

    中高年で飲酒や喫煙習慣がある方、

    熱いものや辛い物を好む方など食道がん(食道癌)の危険因子があるかた(リスクが高い方)は

    このような症状が見られたら早めに検査を受けることをお勧めします。

     
    食道がん(食道癌)がもう少し進行して大きくなってきますと食道内部が圧迫され狭くなってきます。
     そうすると食べ物を飲み込む時につかえた感じを感じるようになってきます。

    特に固いものは飲みこみにくくなってきます。

     

    しかし、食道がん(食道癌)が進行しているにもかかわらずやわらかいものは食べられますから、

    最近は年のせいか固いものがのどを通りにくくなったと言って

    済ませてしまっている方も少なくありません。

     食べ物がつかえるように感じましたら速やかに検査を受けてください。
     
     
     食道がん(食道癌)がさらに大きくなると食道の内壁がふさがれてしまい

    食べ物は通らなくなってしまいます。

    さらに唾液や水分さえも飲みこむのが困難になってきてしまいます。

     

    食道がん(食道癌)が進行すると食べ物の飲みこみが悪くなりますから、

    体重が減少するようになります。

     

    他にも食道がん(食道癌)が進行すると声がかすれたり、咳や声がれ、

    息切れなどの症状が現れるようになります。

    さらに胸部痛や呼吸困難、背部の痛み、吐血などの自覚症状が現れたときには

    既に転移していて手術適応とならないことも少なくありません。

     

    進行食道がん(進行食道癌)の症状

    食道がん(食道癌)は進行すると骨転移や肺転移、肝臓転移、
     
    そして脳転移などの遠隔転移を起こします。

     

    食道がん(食道癌)が肺に転移した場合(転移性肺がん)には咳が多くなったり、

    息苦しくなったり、胸に強い痛みを感じたり、背中に痛みを覚えるようになります。。

     

    食道がん(食道癌)が肝臓に転移した場合(転移性肝がん)には背中や

    腰、お腹が張って痛みを感じたり、食欲が落ちてきたり、終始ダルさを感じるようになったり、

    時には黄疸がでることもあります。

    腹水がたまり妊婦さんのようになることもあります。

     

    食道がん(食道癌)が骨に転移した場合(転移性骨腫瘍)には

    肩や背中、腰の骨などに痛みを感じるようになってきます

     

    食道がん(食道癌)が脳に転移した場合(転移性脳腫瘍)には、

    目がかすんだり、ふらふらしたり、味覚が変わったり、ロレツが回らなくなってきたり、

    と様々な症状が出ることがあります。

       
    食道がんの予防

    食道がんの予防法は、まず禁酒と禁煙と言われます。

    特にALDH2の欠損者は、若いころから禁酒した方がいいと思われます。

    あと他の癌と同様に、

    バランスのとれた栄養をとる(1日30品目が目標)。

    毎日の食生活に変化をつける。

    食べすぎず、脂肪は控えめに(脂っこい食品は避け、野菜を多く)。

    適量のビタミンと食物繊維をとる

      (緑黄色野菜に含まれるカロテノイドなどの成分は、
       
    細胞のがん化を防ぐ抗酸化作用があるとされています)。

     塩辛いもの、熱いものは避ける。

    焼け焦げの部分は避ける。

    カビの生えたものをなるべく避ける。
       
     紫外線を浴びすぎない。

    適度な運動をする。

    身体を清潔に保つ。

    睡眠不足、ストレス、

    疲労をためない

    などをを心がけることが予防につながります。

     
     
     


山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303