山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3193604 番目の訪問者様です

« | »

胃カメラってどうするの?


「胃カメラ」は、正式名称を上部消化管内視鏡検査といいます。

内視鏡とよばれる小型のカメラを口から入れて、食道、胃、十二指腸と順に状態を観察していきます。

消化器内の様子は検査室内にあるテレビ画面に映し出されて、

医師はそれを見ながら細かな部分まで病変があるかないか、また病変の大きさ、広がり具合などを確認します。

こうして、病気を発見することができます。

口から「胃カメラ」を挿入する検査方法は、受ける側にとっては恐怖なのです。

というのは、「胃カメラ」がいくら細くやわらかくなったとはいえ、喉の反射によって、

無意識に吐き出そうとしてしまいます。

このため、“オエッ”となってしまいます。

喉を通って中に入ってしまえばラクにはなりますが、

それでも気持ち悪さは続く…という人が多いでしょう。

その苦痛を和らげるための方法として、先端の細さがやく5ミリという「胃カメラ」が開発され、

最近では口からではなく、鼻から入れる検査方法を取り入れている病院も増えてきました。

鼻からの「胃カメラ」なら、苦しさや辛さがかなり軽減されます。

但し、当院では口からだろうが、鼻からだろうが、 基本的に患者さんを点滴を使って、

眠らせた状態で検査を行うので、まず苦痛はないと思います。

というわけで、検査手順を説明していきましょう。

服用している薬があったり、心臓の病気や緑内障、前立腺肥大症など何か病気をもっている場合は、

前もってその旨を教えてください。

検査前日

当院では検査前日の食事制限はしていません。

検査当日

まずは、胃の中の泡を消す薬(ガスコンシロップ)を飲みます。

次に喉の麻酔をします。

ゼリー状の麻酔薬(キシロカインゼリー)を喉の奥のほうで10分間含んでいただき、喉元の感覚をマヒさせます。

10分後キシロカインゼリーを吐き出していただきます。

口の中にたまったツバも飲み込もうとせず、外に吐き出してください。

その後、もう一度、喉元に麻酔スプレー(キシロカインスプレー)を噴霧します。

そして、最後に口を開けてもらい、マウスピースを噛んでもらいます。

 あとは何もしなくてもいいです。

鎮痛薬入りの点滴が効いてきますから、いつの間にか、うとうとしていき、軽い眠りに入ります。

そして、お名前を呼んで、目が覚めたときには、すでに検査は終わっています。

いつの間にかはじまって、いつの間にか終わっています。

特に異状がなけれが、胃カメラが体内に挿入されている時間は、5分以内です。

検査後

検査が終わっても約1時間は、検査終了後の仮眠用ベッドでゆっくり休んでください。

とてもいい気持ちだそうです。