山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3406257 番目の訪問者様です

« | »

慢性下痢


 
1日に消化管に入ってくる水分の量は、経口摂取と分泌される消化液で約10lです。

そのほとんどが小腸で吸収され、糞便としては約0・1~0・2l排泄されます。

腸管に流入する単位時間あたりの水分量(大腸の1日あたりの最大水分吸収能は5~6l)が、

その吸収能力を超えると下痢になります。

下痢とは、便の水分量が増えて、液状から泥状またはそれに近い状態になったものとされ、

慢性下痢の人は約3%とされています。

症状が3週間以上続く時には慢性下痢といわれます。

下痢には様々な原因があります。

・冷たい食品、飲料の過剰摂取
・暴飲飽食による消化不良
・ストレス性
・香辛料などの刺激物の過剰摂取
・早食いでの消化不良
・寝冷えや冷房などでの冷え
・薬剤などによる副作用
・ウイルス性の場合
→サルモネラ菌:子供に多い
→ロタウィルス:白色の下痢。冬の乳幼児に流行る。その他ノロウイルスやアデノウイルスなどが原 因の場合もある
→ブドウ球菌:ブドウ球菌の出す毒素により下痢になる
→病原性大腸菌:原因食材としては牛肉やその他の多くのものから検出されています
→カンピロバクターサルモネラ菌とともに、子供に多い原因菌です。鶏肉やペットが原因 


慢性下痢の原因

浸透圧性下痢

腸管に吸収されない食べ物や薬剤により浸透圧が上昇し、

水分と電解質が腸管内に移行することによって起こります。


分泌性
下痢

細菌の毒素やウイルス、胆汁酸や脂肪酸、

ホルモンなどによる腸管からの水分の分泌亢進により起こります。


腸管粘膜障害
による下痢

炎症性腸疾患や細菌などにより腸管から滲出液(しんしゅつえき)や

血液が排出されることによって起こります。


腸管運動異常
による下痢

腸管運動の亢進や低下によって起こります。

下痢の原因による分類では、


小腸や大腸の器質的な異常

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)、

クローン病腸結核(ちょうけっかく)などの感染症、

寄生虫、

吸収障害、

大腸がん、消化管の術後先天性疾患など

他臓器・膵臓疾患

甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)、

カルチノイド症候群

薬剤性(抗生剤、利尿薬、強心薬、抗不整脈薬、自律神経薬、

抗がん薬など)

放射線性などざまざまです。

最近増えているのが、自律神経の乱れが原因で起こる過敏性腸症候群による下痢です。 

その病態は器質的疾患を伴わず、腹痛・腹部不快感と便通異常(下痢、便秘)を主体とし、

それらの消化器症状が長期間持続もしくは悪化・改善を繰り返す疾患です。

下痢で消化器科や胃腸科を受診する人の4~7割を過敏性腸症候群が占めています。

緊張すると誰でも汗をかいたり、ひざが震えたりします。

下痢の原因はいくつかありますが、このような緊張や精神的な不安、ストレスが引き金となって

下痢や腹痛を起こすのが「過敏性腸症候群」という現代病です。

通勤途中や旅行先などで不意の便意に襲われ、

トイレを探して顔面そうはくになった経験は誰にでもあると思います。

単に「おなかが弱い」という表現で済まされる程度ならよいですが、

症状が重くなると大変な精神的苦痛を伴うようになります。


■ 下痢の要因

過敏性腸症候群の主な症状は、下痢型、便秘型、下痢と便秘の交代型の3タイプで、

このほかに腹痛、腹部の不快感、嘔気(おうき)や嘔吐(おうと)などを伴うことがあります。

 
便通異常の原因は、環境の変化、不安、対人関係、家庭内のトラブルなどの「精神的要因」、

過労、身体の冷え、風邪などの「身体的要因」、食事時間が不規則、暴飲暴食、

刺激物など「食事要因」です。

これらのストレスによって腸の働きをつかさどっている自律神経の働きが乱れてしまうために

症状が起こるのです。

ただストレスで腸の働きが敏感になって起こる下痢は、通常は“起きている間”だけです。

寝ている間に下痢をもよおす場合や、水のような便で下痢が続く場合は、ほかの病気の可能性もあるので

消化器科や胃腸科を受診しましょう。 

過敏性腸症候群による下痢の予防や対策としては

食事時間の不規則や暴飲暴食を改め、アルコールやカフェイン類、冷たいもの、香辛料を控えます。

日常生活では、体を冷やさないようにして、睡眠・休養を十分にとり、軽く汗をかく程度の運動をします。

単に「おなかが弱い」という表現で済まされる程度ならよいですが、

症状が重くなると大変な精神的苦痛を伴うようになります。

また、趣味などでストレスを発散させることも有効です。 

ただ、毎日の生活習慣や自分を取り巻く環境は、短期間で変えることはなかなか難しく、

それだけでは下痢対策には不十分です。

症状の現れ方

水分(電解質)が必要以上に体外に排出された状態なので、その程度に応じた脱水状態になっています。

下痢の原因にもよりますが、貧血、発熱、腹痛、体重の減少などを伴うこともあります。


検査と診断

貧血や炎症の有無を調べるための血液検査、潜血反応や細菌・虫卵検査のための糞便検査、

大腸の器質的な異常を調べるための大腸内視鏡検査や大腸X線検査が必要です。

食事計画のヒント

■砂糖、乳糖、果糖、高果糖コーンシロップ、ソルビトールが多く含まれている食品や飲み物を制限しましょう。
■カフェインが入っている飲み物は避けましょう。
■食事は小分けにとりましょう。
■乳製品の摂取が原因となっていないかチェックしましょう。
■辛い食べ物など、刺激が多い食事が下痢の原因になっている場合は、刺激の強いものは控えましょう。
■食品や食器の衛生にも注意しましょう。
■脂肪の多い食品は控えましょう。


下痢の多い人が注意したい食べ物

「注意する食品」と「代用する食品」のリストです。
必ずこの食品が「よい」「よくない」という訳ではありません。
一般的に下痢に影響を与える食品というこで、ご自分の調子をみながら食事を調整して下さい。

■乳製品グループ
【注意する食品】低脂肪ではない牛乳、クリーム、アイスクリーム、ベリー類が入ったヨーグルト

【代用する食品】低脂肪の乳製品、豆乳、シャーベット、チーズ、乳酸菌が入っているヨーグルト

■肉、魚、豆、卵グループ
【注意する食品】揚げ物、ソーセージ、ベーコン、脂身の多い肉、ナッツ類

【代用する食品】脂身の少ないもの、ナッツ類は塊がなくペースト状になっているもの

■穀類グループ
【注意する食品】雑穀米、雑穀パン、雑穀パスタ、雑穀シリアル、ナッツなどが入ったパン、ポップコーン

【代用する食品】白米、白パン、コーンフレークなど、食物繊維の少ないもの

■野菜グループ
【注意する食品】ほとんどの生野菜、揚げた野菜、ブロッコリー、キャベツ、カリフラワー、とうもろこし、芋の皮

【代用する食品】生レタス、よく火を通した野菜(トマトなど種のあるもの、野菜の皮は除く)

■果物グループ
【注意する食品】バナナとメロン以外の多くの生の果物、ドライフルーツ、プルーン、レーズン、
果実の入ったジュース、プルーンジュース

【代用する食品】よく熟れたバナナ、メロン、缶詰のフルーツ、果実の入っていないジュース

■飲み物
【注意する食品】コーヒー、お茶、エネルギードリンクなどカフェインが入ったもの、アルコール

【代用する食品】カフェインの入っていないもの。

下痢
による脱水を予防するために1日に約2リットルの水分を摂取しましょう