山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3349636 番目の訪問者様です

« | »

咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)


咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)とは

咽喉頭部食道の狭窄感、異物感、不快感などを訴えるが、

検査値の異常や器質的病変がみられないものを言います。

症状

 
喉に何かつまっている感じ/喉に何かがひっかかっている感じ/喉に塊りがある感じ

喉が塞がる感じ
   
喉の奥がはれている感じ
   
喉がイガイガする
   
胸がつかえる感じ簡単に言えば、のど周辺に何らかの違和感、不快感がある状態のことを言います。

違和感、不快感については人によって異なり、「のどに何かがつかえているような感じ」というのが最も多く、

ほかにも、「のどの圧迫感」「イガイガする」「ヒリヒリする」といったものがあります。

   
  
咽喉頭異常感症を引き起こす原因

咽喉頭異常感症を引き起こす原因と考えられるは、「のどの病気」だけではありません。

「のど以外の場所の病気」の影響で、症状が現れる場合や、「病気以外の原因」によって症状が現れる場合もあります。

 のどの炎症・アレルギー・腫瘍など

蓄膿症、アレルギー性鼻炎
など

扁桃腺、舌の付け根の炎症・アレルギー・腫瘍など
  
逆流性食道炎、食道がんなど 

甲状腺の炎症・腫瘍
など

肩こり、


精神的な不安や緊張ストレス
など

性差

一般に本症は女性に多いと言われ、“咽喉頭異常感”を示す広義の咽喉頭異常感症では

その発症に男女の差はないが、器質的病変が見られない狭義の咽喉頭異常感症では

明らかに女性が多い傾向が報告されており、更年期障害の関与も指摘されています。


検査

採血:アレルギー、炎症、甲状腺機能について調べます

 頸部超音波検査:甲状腺や頸部の病気を調べます

 頸部MRI・頸部CT:頸部の深い場所にある病気を調べます

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ):食道~胃の病気を調べます

心理テスト


治療

器質的疾患が認められる患者にはそれに対応する治療を行い、

器質的疾患が認められない患者には以下の治療を行います。

不安・緊張状態:抗不安薬

うつ病、うつ状態:抗うつ薬

ヒステリー性の転換反応:心理療法

また、局所の炎症が否定できない患者にはリゾチームなどの消炎酵素薬マクロライド系抗生物質

アレルギーが否定できない患者には抗アレルギー薬

漢方処方

この病気には、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)を第1に考えますが、

柴胡(さいこ)剤や山梔子(さんしし)の入った処方もよく用います。