山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3445702 番目の訪問者様です

« | »

ペプシノゲン

検査は簡単

胃ペプシノゲンは胃の粘膜で生成される消化酵素のペプシンを作る物質で、

その99%が胃内に出て1%が血液中に入ります。

ペプシノゲンは、胃酸の働きによってタンパク質を分解する酵素ペプシンになります。

血液中のペプシノゲンの産出量を測定することによって、高い確率で萎縮性胃炎を発見することができます。

胃癌は萎縮性胃炎を経て発生する可能性が高いので、胃癌の早期発見に有効な検査方法と言えます。

胃のどの辺りで分泌されるかにより、ペプシノーゲンⅠとⅡに分類されます。

ペプシノゲン1は胃の底にある胃底腺から発生するのに対し、ペプシノゲン2は胃の出口に近い幽門腺に存在します。


ペプシノーゲンを調べると何がわかるのか?

血液中のペプシノーゲンのⅡに対するⅠの割合を調べると、胃粘膜の萎縮の広がりとその程度、

胃液の分泌機能、胃粘膜の炎症の有無が分かるほか、

胃がんのスクリーニング検査として有用であることが明らかとなり、注目されています。

血液検査による胃がん検診」とも呼ばれています。

X線法よりも早期の胃癌の発見率は約2.7倍も高いとされており、検査コストも約半分に抑えられます。

胃癌が起こる前兆とも言われる萎縮性胃炎を発見するためには、このペプシノゲンの分泌量のチェックが一般的です。

正常粘膜、表層性胃炎、萎縮性胃炎と症状が重くなり、この状態で胃カメラを飲むと、

胃の内部の皮が変形していることを確認できます。

ペプシノゲンの値が不安定な人、数値が基準値外だった人は1度、胃カメラでの再検査をおすすめします。

また、ピロリ菌に感染していると高値を示し、除菌されると正常値(Ⅰ値70以上、かつⅠ/Ⅱ比3以上)になるので、

除菌治療の効果を判定するのに役立つと期待されています。

ただ、ペプシノーゲンⅠ/Ⅱ比にも欠点はあり、萎縮と関係なく発症する未分化型腺がんや、

間接X線法では容易に診断できる進行がんが逆に見逃されると言われています。

そこで近年では、ペプシノーゲンⅠ/Ⅱ比でスクリーニング(ふるいわけ)を行ない、

陽性になった人は上部消化管内視鏡検査(いわゆる胃カメラ)による精密検査を受け、

陰性者は従来の胃X線検査を受けるという方法が最適であると考えられています。

ペプシノーゲンはどのように検査するのか?

採血した血液を測定用キットで調べます。

血液を数cc採取するだけの非常に簡便な検査です。

検査を受けるときの注意

胃や十二指腸の疾患が強く疑われる症状(みぞおちの痛み、嘔吐、血便、体重減少など)では、

この検査を受けずに、最初から上部消化管内視鏡検査などの精密検査を受けた方がよいでしょう。

また、胃酸分泌抑制剤の中で、プロトンポンプ阻害剤を内服中の人は、

ペプシノゲンが高値になりますので、この検査は適していません。

陰性と陽性の判定基準

胃粘膜の萎縮が進むにつれ、胃底腺領域が縮小していくためペプシノゲンⅠの量や

ペプシノゲンⅠとペプシノゲンⅡの比率が減少します。

この度合いによって、胃全体の萎縮の進行度がわかるというわけです。

ペプシノゲンⅠ値70ng以上かつペプシノゲンⅠ/Ⅱ比3以上が基準値とされています。

ペプシノゲンⅡの基準値は公表されていませんが、それ単体では重要ではなく、ペプシノゲン比率が大切です。

 

陰性…Ⅰ値70以上かつⅠ/Ⅱ比が3以上。

陽性…Ⅰ値70未満かつⅠ/Ⅱ比が3未満。

中等度陽性…Ⅰ値50未満かつⅠ/Ⅱ比が3未満。

強陽性…Ⅰ値30未満かつⅠ/Ⅱ比が2未満。

 
検査結果の判定

陽性であれば胃粘膜に萎縮があると考えられ、萎縮性胃炎、胃がんが疑われます。

ただ、この検査だけで、胃がんと判定することはできないので、

胃X線検査上部消化管内視鏡検査などの画像診断との併用が基本になります。

一方、陰性でその数値が高い場合には、胃液の分泌が多いと考えられ、

胃炎や胃・十二指腸潰瘍、ピロリ菌の感染が疑われます。

異常な場合に疑われる病気

胃がん、萎縮性胃炎、ピロリ菌感染、胃・十二指腸潰瘍など