山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3349633 番目の訪問者様です

« | »

萎縮性胃炎

正常胃粘膜
萎縮縮性胃炎

正常胃粘膜           萎縮縮性胃炎

内視鏡検査やバリウム検査にて「慢性胃炎」や「萎縮性胃炎」と言われた方は多いと思います。

しかし、これが一体どういう状態なのか、なかなか患者さん向けに書かれたものがありませんので、

わかりやすくご説明させていただきたいと思います。

慢性胃炎」とは、胃の粘膜に白血球が集まって、常にじわじわとした慢性的な炎症を起こしている状態を言います。

炎症が長い間続き胃粘膜の障害が進むと、胃酸を出す胃腺というものがひどく縮小して、

胃の粘膜がうすくぺらぺらになってしまいます。

すなわち、慢性胃炎が長く続いた結果として、胃の粘膜が萎縮した状態を「萎縮性胃炎」というわけです。

内視鏡で観察すると、正常な胃はきれいなピンク色をしています。

しかし、慢性胃炎が長く続き、萎縮性胃炎になってくると、胃は色あせ(退色)、

粘膜の下にある血管が透けて見えるようになって来ます。

最近までの研究で、この原因のほとんどがヘリコバクター・ピロリ菌という細菌

によって引き起こされていることが分かって来ました。

五十歳以上の日本人は、大多数がこのピロリ菌に感染していますが、

感染時期は、5歳未満の幼少期と言われています。

幼少期にピロリ菌に感染した胃は、常にじわじわとした炎症があるために、次第に傷んでゆき、

30歳位から萎縮性胃炎に進行します。

このせいで、生まれたときはきれいなピンク色だった胃も、次第に粘膜が薄くなって、

色あせてしまうという訳です。

自然治癒は難しいのですが、ピロリ菌を除菌すると回復してきます。

ですから、ピロリ菌に感染しているかどうかの検査を受けて、陽性であれば除菌をおススメします。

大体が無症状であり、萎縮が高度で広い範囲に起こっている場合は

食欲不振や食後のもたれなどを訴える人もいます。

さらに、萎縮が進行した胃には、30歳後半から、

大腸や小腸の粘膜に似た「腸の粘膜」がデコボコと生えて来ます。

これを「腸上皮化生」と呼びます。

この腸上皮化生粘膜を背景に、胃癌が発生すると言われています。

慢性胃炎→萎縮性胃炎→腸上皮化生→胃癌」という道すじの中で、

慢性胃炎は「前癌病変」(癌になりやすい状態)として据えられており、

萎縮の進行度に応じて胃癌発生が高くなることが統計上わかっています。

したがって、慢性胃炎腸上皮化生がひどくなった方は胃癌が出てくる可能性が高いため、

早期の胃癌を診断する目を持った消化器専門医師による、年一回の胃カメラを欠かすべきではありません。

胃癌が出来ても、早期に見つかればお腹を切らなくても胃カメラで完全に治療が出来るため、

なるべく早く発見して完治することが大切なのです。

胃がんの約九割は慢性胃炎からゆっくりと時間をかけて萎縮性胃炎を経て起こる分化型(Intestinal type)です。

早期に発見されれば病巣を切除することによって治癒しえます。

一方、胃がんの約一割は慢性胃炎から萎縮性胃炎を経ずしておこる未分化型(Diffuse type)です。

若くして起こりえる進行の早いがんで、一般に予後はよくありません。

多数のピロリ菌感染者のうちには、健康的な生活習慣を送っていても

これら二つのタイプの胃がんが起こる可能性が僅かながらあるのです。

ピロリ菌による慢性胃炎は男女平等におこっていますが、

世界中どこの国をみても男性が胃がんになる率は女性の二倍近く高いのです。


タバコとアルコールの摂取は胃がんの発生との相関性があることが指摘されていますが、

タバコやアルコールが慢性胃炎を悪化させ、萎縮性胃炎への進行を促します。

生活面で注意することとしては、まずは、ストレスを避けることが大切と思われます。

ストレスにより胃の筋肉が収縮し血流も悪くなり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍ができやすくなります。

ひいては、胃がんの発生にも関係するのではとも推測されています。

萎縮した胃の粘膜が元どおりになることは難しいため、それ以上悪化をさせないように、

暴飲暴食や喫煙もよくありません。

規則正しい生活を心掛けることが肝要と思われます。

慢性胃炎の進行を抑える栄養素があります。

ビタミンCやカロチンを多く含む新鮮な野菜や果物の摂取量が多いほど胃がんになる危険が低くなります。

緑茶や微量元素のセレニウムも胃がんを抑制します。

アルコールとタバコを避け、塩分の少ない食事、生の野菜と果物を豊富に用いた食事を心がけることは

胃がん予防のみならず、他のがんや成人病予防のためにも好ましいライフスタイルです。