山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3445702 番目の訪問者様です

« | »

腸上皮化生

ボコボコ、ゴツゴツとしたところが、腸上皮化生を来たした胃の粘膜です。

 
「腸上皮化生」とは何でしょうか?

胃の粘膜が、あたかも腸の粘膜のように、変化してしまうことです。

当初は、小腸に似たものとなり、後の段階では大腸に似たものとなります。

胃の粘膜は食事の消化のために、胃酸という強力な酸を出し、その酸から胃自身を守るために、

特殊な粘液を分泌しています。

従って、胃の粘膜が腸の粘膜に変化するということは、胃であるにも関わらず、酸を出さず、

身を守る粘液も出さない、ということになります。

仮に胃の粘膜の全てが、腸の粘膜に置き換わってしまったとしたら、

胃酸が出ないために、食事を消化することが出来ず、胃の動きも悪くなるために、

食物は胃の中に停滞し、発酵してガスを出します。

食物は腐敗し、有害な成分が発生し、胃の中はただれてしまい、状態は更に悪化します。

体調は悪くなり、胃はもたれ、下痢になり、臭いげっぷやガスが出ます。

傷んだ粘膜からは、高率に胃癌が発生しやすくなります。

それでは何故、胃の粘膜が、腸のように変化してしまうのでしょうか?

その原因として、現時点で一番有力視されている犯人が、ピロリ菌です。

ピロリ菌の胃の感染が長く続くことが、腸上皮化生の原因だと考えられているのです。

ピロリ菌という細菌が胃粘膜に存在する事で、慢性的、組織学的胃炎が生じ、

萎縮、腸上皮化生がさらに進行する機序です。
 
萎縮、腸上皮化生、ピロリ菌感染の3因子が、 

程度の差を持って複雑に絡み合って形作られるのが慢性胃炎とされています。

さらにピロリ菌という細菌が胃の中にいると胃癌発生の遠因になる事も解明されつつあります。 

慢性胃炎の治療もこれまでは、

制酸剤、粘膜保護剤、胃腸異能改善剤等で症状を緩和する治療に重点がおかれましたが、

最近は、ピロリ菌が多く存在する時は、胃癌のリスクを減らすために

ピロリ菌を除菌する療法も検討されることがあります。