山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3343485 番目の訪問者様です

« | »

切れ痔

女性と切れ痔

の中で男女とも最も多いのはいぼ痔ですが、女性の場合、次に続くのは切れ痔です。

特に20~40歳代と、比較的若い年代に多いといわれています。
 
切れ痔の主な原因は、便秘や下痢などの便通異常です。

便秘で硬くなった便を無理に押し出すと、肛門の内側の皮膚が切れたり裂けたりしてしまいます。

また、下痢便が勢いよく肛門を通過するときも切れ痔が起こりやすくなります。
 
女性に切れ痔が多いのは、便秘になりやすいからです。

女性が便秘になりやすい理由には、「黄体ホルモンの影響」で腸の動きが鈍くなること、

「妊娠・出産の影響」、無理なダイエットなど「食生活の影響」があげられます。

切れ痔の悪循環

切れ痔の主な症状は、排便時の痛み出血です。

出血量は比較的少なめで、多くの場合、少量の血がトイレットペーパーにつく程度です。

しかし、傷は肛門の内側の痛みを感じる皮膚の部分にできているので、

排便のたびにその部分が裂けて激しい痛みが生じます。

また、炎症が肛門周囲にまで及ぶと、排便後もしばらくジーンとした痛みが続くことがあります。

一般に、軽い切れ痔は治りやすいといえますが、傷が治らず慢性化することも少なくありません。

すると、「排便のたびに痛む → 痛みのために排便を我慢 → ますます便秘が悪化

→ 硬くなった便が傷をえぐる」という悪循環に陥ります。

また、傷が深くなり炎症が広がると、見張りいぼや肛門ポリープと呼ばれる皮膚の突起ができたり、

肛門狭さくが起きてしまうこともあります。

薬物療法と生活習慣改善が基本

切れ痔の治療では、座薬、軟膏、軟便剤の3つの薬を使った薬物療法が基本です。

座薬・軟膏は、患部に直接働きかけ、炎症を抑えたり止血したりする効果があります。

軟便剤は、便をほどよい硬さにして排便時の痛みを軽減します。

切れ痔が進んで肛門狭さくが起きたときは、肛門を広げる手術を行います。

再発を防ぐには、食生活では「しっかり朝食をとる」

「食物繊維をとる」

食物繊維の多い食材

「刺激物やアルコール飲料をとりすぎない」などを心がけます。

また、便意を我慢せずトイレに行く排便習慣を身につけましょう。

そのほか、「同じ姿勢をとり続けない」、湯船につかって体を温め「お尻の血行をよくする」なども大切です。