山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3349634 番目の訪問者様です

« | »

吐き気と嘔吐 をきたす疾患

(画像をクリックしてください。拡大されます。)

吐き気とは広い意味では、めまい、腹部全体の不快感、食欲不振、嘔吐感などの不快な感覚です。

吐き気と嘔吐には、延髄の網様体にある「嘔吐中枢」と嘔吐中枢の近くに存在する

化学受容体誘発帯(chemoreception trigger zone;CTZ)が関与していると言われている。

脳の嘔吐中枢
が刺激されると吐き気が起こります。

(画像をクリックしてください。拡大されます。)

一般的には、消化管の働きが乱れることで吐き気が起こります。

船、自動車、飛行機の揺れによっても吐き気が起こることがあります。

また、妊娠中(特に妊娠初期の早朝)にも吐き気が生じます。

モルヒネなどのオピオイド鎮痛薬や、癌の化学療法薬など、吐き気を引き起こす薬もたくさんあります。

嘔吐とは、胃の中の食べ物や胃液などを口から吐き出すことを言います。

嘔吐に先立って起こるむかつくような不快感を吐き気または悪心と言います。

その際に生つばが出たり、脈が速くなって顔色が蒼くなり、あるいは冷や汗、生あくびなどが出たりして、

上腹部の不快感などの症状を伴うことが多いのです。

しかし、嘔吐にはその吐き気を伴うものの他に吐き気を伴わずに突然吐くものがあります。

すなわち吐き気を伴う嘔吐は、胃や腸、肝臓などの消化器に原因があって起こることが多く、

吐き気を伴わない嘔吐は神経系に障害があって起こることが多いのです。

腹痛を伴って吐き気がしたり嘔吐する疾患では、発熱があって下痢をする場合は食中毒や赤痢などが多く

、ウイルス肝炎などもあります。

また急性虫垂炎や胆嚢炎、急性膵炎などの急性疾患があります。

熱がなく腹痛を伴う場合では急性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆石症や腸閉塞などがあります。

また食道疾患や腹部のヘルニア、尿毒症や薬の副作用などでも起こります。

また婦人科疾患で起こることもあります。

頭痛を伴う吐き気や嘔吐を来す疾患では脳出血、脳梗塞偏頭痛などがあり、その他脳腫瘍のこともあります。

めまいを伴う疾患ではメニエール病などの耳鼻科的疾患があります。

小腸に閉塞があると、飲食物が閉塞部分から胃に戻るため、嘔吐が起こりますが、

また、胃、小腸、胆嚢の刺激や炎症でも嘔吐が起こります。

心理的な原因でも吐き気や嘔吐が起こります(機能性嘔吐あるいは心因性嘔吐といいます)。

心理的な原因による嘔吐には、意図的なものとそうでないものとがあります。

意図的でないものは、登校拒否でみられる嘔吐のように、心理的な困難に対処するために条件反射として生じます。 

 

1)急性虫垂炎

いわゆる盲腸です。

始めは、みぞおちあたりの不快感で始まり、しだいに右のへその横の場所、いわゆる盲腸の場所へ移動します。

この時ハッキリした痛みになることが多いようです。

吐き気はこれに前後しておこり、38度位の発熱も出ます。

診断は症状によって大体見当がつきますが、血液を採ってバイ菌を殺す白血球の数の上昇を見ます。

治療は手術で盲腸を取ってしまうのが原則です。

手術自体は簡単ですが、診断が遅れたりすると、盲腸が破れて腹膜炎になる場合があります。

 

 2)急性腹膜炎

腹膜とは、お腹と腹部の臓器とを被っている膜のことをいいます。

この膜の炎症を腹膜炎といいますが、その原因の多くは腹部臓器が何らかの原因で破れて、

その内容物が出て、腹膜に細菌感染を起こすことによって急性腹膜炎がおこります。

その原因で最も多いのが先ほど述べた急性虫垂炎(盲腸)で、次が胃・十二指腸潰瘍のせん孔(破れること)です。

吐き気とともに突然の激しい腹痛、発熱があり、進行すると冷汗や顔面蒼白などのショック状態になります。

お腹は板のように固くなります。

治療は手術で、速やかな対応が望まれます。

抗生物賢や輸血、補液管理も重要です。

お年寄りの場合、症状が軽い場合もあり注意を要します。

一刻を争う病気です。

 

3)腸閉塞(イレウス)

腸が通過障害を起こし、便や食物が出なくなってしまう病気です。

これには腸の炎症がひどくなったりして腸が動き難くなる、麻痺性イレウスと、

腸の通り道が塞がれてしまう、機械的イレウスがあります。

機械的イレウスの原因としては、大腸癌やお腹の手術の後、腸同士が癒着して通過障害を起こすものが多いのですが、

1歳未満の子供では、腸が前方の腸にめり込んで通過障害を起こす腸重積と言う病気があります。

この場合ゼリー状の血便が出ます。

イレウスの場合、嘔吐物はしばしば便の臭いがします。

症状が進むと通過障害を起こしているところが破れ、腹膜炎を起こし、ショック状態になります。

治療は原因によって違いますが、一般的にいって、機械的イレウスより重症のものが手術となります。

内科的治療では、絶食にして鼻からチューブを入れ、腸の内容物を取ったり、補液をします。

 

4)急性胃炎

胃の病気では最もありふれたものです。

原因として最も多いのは、アルコールによるものです。

他には、薬(痛み止め、解熱剤によることが多い)や刺激のある食べ物によることもあります。

また肺炎や肝臓病による随伴症状として出る場合もあります。

吐き気は急におこり、食欲が減退します。

一般的には臨床診断で決めますが、ひどい場合には内視鏡で観察します。

治療は抗潰瘍剤、制酸剤(胃酸を抑える)、鎮症剤(痛み止め)などの内服をします。

また食事は1日程度抜くことも必要となることがあります。

その場合消化の良いおかゆなどから徐々にあげていきます。

また食中毒の場合、発熱や下痢を伴う事が多く、吐き気、嘔吐も激しい事が多いです。

 

5)胃・十二指腸潰瘍

ストレスなどの心因性要因や酒、タバコも誘因となります。

春、秋の季節の変わり目に多い傾向があります。

吐き気、嘔吐は食後1~4時間位に出現します。(但し全体の30%)

それよりも特徴的なのは、空腹時の上腹部痛で全体の50%にみられます。

十二指腸潰瘍では寝ているときに痛みで起きることがあり、胃潰瘍では食後に痛みが起こることも多いです。

治療は現在は良い薬が開発され、ほとんど内服でかつ通院で治癒可能です。

但し、刺激物(辛いもの、コーヒーなど)や酒、タバコなどは控え、ストレスのない生活に心がけましょう。

 

6)慢性膵炎

吐き気は伴いますが、胃のあたりや背中の痛みが出現することが多く(全体の80%)、

特に酒を飲んだ後や脂肪分の多い食事の後に多い傾向があります。

その原因のほとんどがアルコールによるものです。

診断は採血でアミラーゼという酵素の上昇を見たり、CTや超音波で膵臓の形をみたりします。

さらに胃カメラで膵臓の管(膵管と言います)を造影し診断します。

治療はそれぞれの症状に対する内服薬と安静ですが、根本的に治すことは出来ません。

酒は1日1合以内を心がけましょう。

 

7)急性ウイルス性肝炎

A型は、冬から春にかけての生カキを食べる時期に多く発生します。

つまり、生蛎などを食べることから移ります。

感染して約3週間後、発熱、関節痛など風邪症状で始まり、

その後全身倦怠感、食欲不振、吐き気、嘔吐がでてきます。

B型は、性行為、輸血から感染し、A型よりも発熱や吐き気が軽いですが、

大人の場合、黄疸がほぼ100%みられます。

C型はさらに症状が軽く、無症状の場合も多くあります。

C型は輸血により発症することが多いです。

A型、B型の急性肝炎は大人の場合、慢性肝炎に移行するのは稀ですが、

C型急性肝炎は、60%以上が慢性化してしまいます。

一度慢性化すると20年で肝硬変、30年で肝臓癌になるので、注意を要します。

診断は血液検査で肝機能やウイルス抗体価を測定して決定します。

治療は安静にして寝ていることが一番です。

食べられないときは、ブドウ糖を中心とした点滴をします。

C型肝炎が慢性化したらば、抗ウイルス剤であるインターフェロンの治療があります。

予防としては、A型、B型の場合、ワクチンがありますので、

A型の場合は、例えばアジアの流行蔓延地域に出かける場合、

B型では血液を扱う医療従事者などはワクチン接種をしておいた方が良いでしょう。

 

眼科領域では

 8)緑内障

眼の奥の痛みや視力障害などを伴います。

 

神経内科、脳外科領域では

 9)脳腫瘍

良性から悪性まで様々あります。

どちらかというと吐き気は弱く、いきなりたくさん吐く「噴射状嘔吐」とよばれる状態になります。

ほかに頭痛や神経症状が出現します。

診断はCTスキャンやMRI検査をします。

 

10)慢性硬膜下血腫

顕蓋骨と脳の間に硬膜という膜がありますが、

頭をぶつけ血管が切れ、血の塊が硬膜と脳との間にたまり脳を圧迫し、様々な症状が出てきます。

頭に外傷を負ってから数週間から数カ月後に吐き気、頭痛、嘔吐、手足の麻痺などがでてきます。

さらに尿失禁やぼけ症状などお年寄りに発症すると、家族は「ぼけ」と思って放置する場合があり要注意です。

診断はCTスキャンやMRl検査でわかります。

治療は頭蓋骨に小さな穴を開けて血腫を吸引除去すると治ります。

 

11)

脳出血、くも膜下出血

これらでも吐き気、嘔吐はおこりますが、

それよりもくも腹下出血では、突然におこる後頭部を「ハンマーで叩かれたような頭痛」が特徴的ですし、

脳出血では手足の麻痺や言語障害がでてきます。

 

12)くすりによる副作用

強心剤ではジギタリスという薬、喘息治療薬のテオドール、テオロングなどの血中濃度が上がりすぎると

吐き気、嘔吐がおこります。

他に抗癌剤では必ずと言っていいほど吐き気が出ますが、最近では吐き気を抑制する良い薬がでてきており、

化学療法を受ける患者さんも以前より大分楽になってきました。