腎嚢胞

最近人間ドックや超音波健康診断で、腎臓にのう胞があると言われる人が多くみられます。

腎嚢胞と言いますが、腎実質内に液体が貯留した嚢状の袋をいいます。

薄い皮膜の中に血清に近い無色透明の液が入っています。

内容物の液体は、血液が濾過(ろか)された成分とほぼ同じで、

片側あるいは両側の腎臓に1~数個の嚢胞(嚢胞液という液体が詰まっている袋)ができる病気です。

また、嚢胞は小児ではまれであり、50歳以上の人に多くみられ、

超音波検査やコンピューター断層撮影(CT検査)で1割から2割の割合で見つかります。

加齢とともに頻度は増加します。

遺伝性はありませんが、その発症メカニズムについては明らかでなく、

一説には尿細管の憩室から由来するとの報告もあります。

嚢胞のサイズは直径数mmから10cmと一定していませんが、多くは1cm前後のものが多いとされており、

嚢胞の存在が腎機能に影響を与えることはまずありません。

症状

無症状の人が多いのですが、大きさによっては腹部重圧感や腹部膨満感、腹痛、背部痛、胃腸症状、

腹部腫瘤などがみられることもあります。

時に、嚢胞が感染を起こし、持続する発熱、側腹部痛、膿尿(のうにょう)などが出現することがあります。

大きさは数mmから10cmを超えるものまであります。

孤立性の大きな嚢胞ができると圧迫症状がみられ、時に外科的治療が必要になる場合があります。

大きな嚢胞は腎の内部を圧迫し、また、腎盂(じんう)の近くにできたものは水腎症(すいじんしょう)を来しやすく、

水腎症(すいじんしょう)を起こすと尿が停滞し、腎盂は腫大して嚢状となります。

腫大した腎盂により腎実質が圧迫され、次第に薄くなり(乏しくなり)、腎機能障害や腎性高血圧症の原因ともなります。

しかし、その頻度は低いものです。

時には、血尿の原因ともなります。

非常に稀ですが嚢胞内に出血や感染、外傷時に破裂を起こすこともあります。

原因


原因についての詳細は不明です。

腎虚血、尿細管(腎臓内にあり、尿の元である原尿が通過する管)の閉塞あるいは

髄質(腎臓の内側の部分)の間質線維化などが考えられています。

通常は大きくなったり、悪性化することは無いと考えられています。

検査と診断

一番問題となるのが、 悪性腫瘍との鑑別です。

腎がんが腎嚢胞に合併したり、腎がんが嚢胞化することがあります。

(腎嚢胞が癌になることは殆んどありませんが、腎癌の5%に嚢胞が伴います)

一般に、 嚢胞悪性腫瘍との合併率は2~4%程度であり、決して多くはありませんし、

また嚢胞壁より悪性腫瘍が発生することは非常にまれです。

実際に嚢胞が発見された場合には、6~12カ月ごとの定期的超音波検査で経過をみて、

必要時にはCTスキャンの追加検査を行います。

悪性腫瘍が疑われればMRI、血管造影、嚢胞穿刺(せんし)(針を刺す)による組織診断を行います。

 

治療の方法 

嚢胞の大きさや数は、年齢とともに増加しますが、その変化は緩やかであり、

無症状で合併症のない場合は治療の必要性はありません。

多くの場合は、経過観察のみとなりますが、

圧迫症状があったり、腎機能に悪影響を与えているものには治療がなされます。

圧迫症状、高血圧、尿路の閉塞などがあれば、外科的切除、開窓術、

経皮的穿刺による吸引固定(経皮的嚢胞穿刺術)、

腹腔鏡下嚢胞切除(ふくくうきょうかのうほうせつじょ)などが行われます。

<経皮的嚢胞穿刺術について>

超音波で見ながら嚢胞内に細い針を刺し、中に溜まっている液を吸引します。

さらに吸引のみでは再発率が高いため、抗生物質またはアルコールを、つぶした嚢胞内に注入します。

最近の医療技術の進歩により、安全で、合併症や副作用も少なく治すことが出来ます。

嚢胞に細菌感染を合併した場合には、外科的に排液を行いますが、場合によっては穿刺排液も可能です。

同時に抗生物質の経静脈的投与を行いますが、

通常、エンテロバクターブドウ球菌、プロテウスなどが病因菌ですので、

それに感受性の抗生物質を投与しておき、薬剤感受性試験での結果を待ちます。

予後

予後は良好であり、感染、出血などの合併症を起こさなければ、とくに生活上注意することはありません。

直径10cm程度の大きな嚢胞では破裂する可能性はありますが、

腹部打撲、急激な体幹部のねじれなどに注意すれば、その発生頻度はまれであり、

日常生活には差し支えないといえます。

腎嚢胞を指摘された場合は、症状が無くとも専門医の診察を受けてください.

 

 
 
 
 

十二指腸ポリープ

十二指腸は胃に近い方から球部、球後部、下行部(第2部)、水平部(第3部)にわけられ、

全体の長さはおおよそ12横指です。

腹部の臓器ですが、膵臓と共に背側の腹膜(お腹の空間の内張の膜)の後側にあるため、

疼痛は背部に出ることもあります。

下行部には肝臓からの胆汁、膵臓からの膵液といった消化酵素を出す乳頭部があります。

十二指腸自体が分泌するアルカリ性十二指腸液が胃酸を中和します。

これ以外にも様々なホルモン(内分泌といい血液中に産生されます)をだし、

消化吸収にはかなり重要なバイプレイヤー的存在です。

画像をクリックしてください。拡大します。

十二指腸ポリープには、Brunner腺腫という良性腫瘍の頻度が最も多く、悪性のポリープは非常に稀です。

炎症性ポリープも多くみられます。

Brunner腺腫はBrunner腺の過形成により腫瘤を形成したもので厳密には腺腫ではありません

(癌化がないということ)。

粘膜下腫瘍の形態をとることが多く、内視鏡上は平滑筋腫、脂肪腫等との鑑別が難しいこともありますが、

上皮性腫瘍のため生検で確定診断可能です。

腺腫はBrunner腺成分のない上皮成分の増殖を指し、悪性化があります。
 

ポリープの形態から判断して,悪性腫瘍ではないという判断ができれば

1年後の経過観察で十分という事になります.

これは検査医の判断が一番重要になります.

十二指腸にも癌もあれば,リンパ腫もあります.

画像をクリックしてください。拡大します。

ただ,頻度としては,ブルンネル腺の過形成や腺腫,異所性胃粘膜,脂肪腫などの

良性の病変の方が圧倒的に多いです.

十二指腸のポリープの症状・原因・治療方法・予防について

【十二指腸ポリープの症状・原因】

十二指腸ポリープは、1万人に2、3人の珍しいもので、あまり頻度の高い病気ではありません。

自覚症状もほとんどなく、健康診断で発見されることがほとんどです。
 

十二指腸のポリープも、胃のポリープや異型上皮層と同じ様な性質の隆起ができるものですが、

胃ポリープのように多くみられる疾病ではないのです。

症状はなく、大部分は放置してかまわないものです。
 

原因についても、頻度がすくないため解明されていないのですが、

食生活の欧米化が、ポリープの発生に繋がっていることは否定できません。

【十二指腸ポリープの治療】

1cmを越える大きめの腺腫は、癌との区別も難しいため、発見されたら内視鏡的に切除するのがよいでしょう。

ただし、十二指腸のガンとは、普通ポリープを経由せずに起こることがほとんどなので、

ポリープとガンの関係は定かではありません。

【予防】

規則正しい食生活と、ストレスをうまく解消する生活がポリープを予防してくれます。

また、胃の潰瘍や十二指腸潰瘍の予防の一環として、ピロリ菌検査を受け、

もしも陽性であったときは、早期に除去治療に取り組むようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

胃の中の食物停滞時間

 
食べ物の消化時間

 左表は、食べ物が胃の中で消化され、胃を出るまでの時間です。

半熟卵は消化が最も早い食べ物で1時間30分で消化が終わります。

刺身、ご飯も消化が早く、だいたい2時間ほどで終わるようです。

その他の食品は、だいたい3時間程度でしょうか?

ただし、この消化時間はそれぞれの食品を単独で食べた場合の消化時間です。

もしも、野菜と一緒に食べると消化時間が長くなりますし、

一度にたくさん食べると、消化時間が長くなります。

また、蛋白質消化酵素のペプシンは胃液が強い酸性であることが必要なので、

食事中の多量の飲酒や水分でも消化時間が伸びます。

胃内停滞時間(100g)

麦飯・白米がゆ 1時間45分
砂糖・キャンディー 2時間05分
米飯・せんべい 2時間15分
蒸しパン(200g) 2時間
焼きパン(200g) 2時間45分
蕎麦・餅・ジャガイモ 2時間30分
うどん 2時間45分
焼き芋 3時間
半熟卵 1時間30分
生卵 2時間30分
玉子焼き 2時間45分
ひらめ刺身 2時間30分
牛肉(煮物) 2時間45分
かまぼこ・豚肉・その他製品 3時間15分
ハマグリ・海老 3時間45分
ビフテキ・鰻・数の子 4時間15分
海老天ぷら 4時間
バター(50g) 12時間!

 

 

 

inserted by FC2 system

虚血性大腸炎の食事

#虚血性大腸炎はどんな病気でしょうか?

大腸の血管が詰まったり、狭くなったりして起きる病気です。

症状として突然の腹痛、下血(血液が混じった便)がみられます。

もともと血管に動脈硬化があるところに便秘などが誘因となって発症するといわれており、

高齢者に多いと言われ、便秘のひどい若い女性にも時にみられます。

#栄養補給の進め方

急性期においては、1〜2日間は絶食し、消化管(胃や腸)を通さず、血管から点滴で栄養補給を行います。

主治医の判断より症状が落ち着いたら、流動食から開始し、

徐々に全体量をアップして消化の良い食事をしていきます。

何を食べるかも大事ですが、順番や量なども重要です。

 

#腸に負担のかからない和食、どのような食事を食べればよいのでしょうか?

食事開始

重湯、ポタージュ、野菜ジュース、ヨーグルト、プリン、みそ汁 など

(固形物がなく、トロトロとした飲み物や汁物中心の食事を流動食といいます)

5分粥、白身魚、卵、大豆製品、豆腐、鶏もも肉、ささみ、茹で野菜の和え物、蒸し野菜、缶詰フルーツ など

全粥、豚ひき肉、煮魚、焼き魚、煮物全般、生野菜、生果物(バナナやりんごから) など

 

その他補足事項

油脂の多い食品は下痢を助長することがあるので控えめにする

・腸管の安静を保つために刺激物(辛い・酸っぱいもの)は控える

・固いものや食物繊維の多いもの(ごぼう、セロリ、こんにゃく、ひじき、海草類など)は、

消化しにくく、胃や腸に負担をかけるので食べ過ぎないように注意する

冷たい牛乳やアルコール、コーヒー等も腸に刺激を与える因子なため、避けた方が無難

# 再発を防ぐために

虚血性大腸炎や潰瘍性大腸炎などは、病変が連続性であり、繰り返される恐れがあります。

現代、乳製品、肉類、卵類などの動物性食品の摂取増加とともに、大腸炎は発症率が増加していることから、

動物性食品の摂取量と関係があるといわれています。

遺伝的に大腸の病気に罹りやすいということもあるとは思いますが今までの食生活で心当たりがありましたら、

治療後は野菜や魚、大豆製品、海草類などもバランスよく取り入れた食事へと移行して再発を防いでいきましょう。

おかずは野菜中心にしましょう。

揚げ物は極力さけましょう。

コロッケ、フライ、天ぷらなど。

砂糖、清涼飲料、アルコール、炭酸飲料もひかえましょう。

加工食品(レトルト、缶詰、スナック菓子)、冷凍食品、食品添加物は極力さけましょう。

.昼食も軽く、腹いっぱいになるまで食べないようにしましょう。

食事の時に生野菜ジュースをコップ一杯飲みましょう。

穀物対野菜6:4を守りましょう。

高油脂食品(バター、マーガリン)はさけましょう。
 


山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303