山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3349633 番目の訪問者様です

« | »

腎嚢胞

最近人間ドックや超音波健康診断で、腎臓にのう胞があると言われる人が多くみられます。

腎嚢胞と言いますが、腎実質内に液体が貯留した嚢状の袋をいいます。

薄い皮膜の中に血清に近い無色透明の液が入っています。

内容物の液体は、血液が濾過(ろか)された成分とほぼ同じで、

片側あるいは両側の腎臓に1~数個の嚢胞(嚢胞液という液体が詰まっている袋)ができる病気です。

また、嚢胞は小児ではまれであり、50歳以上の人に多くみられ、

超音波検査やコンピューター断層撮影(CT検査)で1割から2割の割合で見つかります。

加齢とともに頻度は増加します。

遺伝性はありませんが、その発症メカニズムについては明らかでなく、

一説には尿細管の憩室から由来するとの報告もあります。

嚢胞のサイズは直径数mmから10cmと一定していませんが、多くは1cm前後のものが多いとされており、

嚢胞の存在が腎機能に影響を与えることはまずありません。

症状

無症状の人が多いのですが、大きさによっては腹部重圧感や腹部膨満感、腹痛、背部痛、胃腸症状、

腹部腫瘤などがみられることもあります。

時に、嚢胞が感染を起こし、持続する発熱、側腹部痛、膿尿(のうにょう)などが出現することがあります。

大きさは数mmから10cmを超えるものまであります。

孤立性の大きな嚢胞ができると圧迫症状がみられ、時に外科的治療が必要になる場合があります。

大きな嚢胞は腎の内部を圧迫し、また、腎盂(じんう)の近くにできたものは水腎症(すいじんしょう)を来しやすく、

水腎症(すいじんしょう)を起こすと尿が停滞し、腎盂は腫大して嚢状となります。

腫大した腎盂により腎実質が圧迫され、次第に薄くなり(乏しくなり)、腎機能障害や腎性高血圧症の原因ともなります。

しかし、その頻度は低いものです。

時には、血尿の原因ともなります。

非常に稀ですが嚢胞内に出血や感染、外傷時に破裂を起こすこともあります。

原因


原因についての詳細は不明です。

腎虚血、尿細管(腎臓内にあり、尿の元である原尿が通過する管)の閉塞あるいは

髄質(腎臓の内側の部分)の間質線維化などが考えられています。

通常は大きくなったり、悪性化することは無いと考えられています。

検査と診断

一番問題となるのが、 悪性腫瘍との鑑別です。

腎がんが腎嚢胞に合併したり、腎がんが嚢胞化することがあります。

(腎嚢胞が癌になることは殆んどありませんが、腎癌の5%に嚢胞が伴います)

一般に、 嚢胞悪性腫瘍との合併率は2~4%程度であり、決して多くはありませんし、

また嚢胞壁より悪性腫瘍が発生することは非常にまれです。

実際に嚢胞が発見された場合には、6~12カ月ごとの定期的超音波検査で経過をみて、

必要時にはCTスキャンの追加検査を行います。

悪性腫瘍が疑われればMRI、血管造影、嚢胞穿刺(せんし)(針を刺す)による組織診断を行います。

 

治療の方法 

嚢胞の大きさや数は、年齢とともに増加しますが、その変化は緩やかであり、

無症状で合併症のない場合は治療の必要性はありません。

多くの場合は、経過観察のみとなりますが、

圧迫症状があったり、腎機能に悪影響を与えているものには治療がなされます。

圧迫症状、高血圧、尿路の閉塞などがあれば、外科的切除、開窓術、

経皮的穿刺による吸引固定(経皮的嚢胞穿刺術)、

腹腔鏡下嚢胞切除(ふくくうきょうかのうほうせつじょ)などが行われます。

<経皮的嚢胞穿刺術について>

超音波で見ながら嚢胞内に細い針を刺し、中に溜まっている液を吸引します。

さらに吸引のみでは再発率が高いため、抗生物質またはアルコールを、つぶした嚢胞内に注入します。

最近の医療技術の進歩により、安全で、合併症や副作用も少なく治すことが出来ます。

嚢胞に細菌感染を合併した場合には、外科的に排液を行いますが、場合によっては穿刺排液も可能です。

同時に抗生物質の経静脈的投与を行いますが、

通常、エンテロバクターブドウ球菌、プロテウスなどが病因菌ですので、

それに感受性の抗生物質を投与しておき、薬剤感受性試験での結果を待ちます。

予後

予後は良好であり、感染、出血などの合併症を起こさなければ、とくに生活上注意することはありません。

直径10cm程度の大きな嚢胞では破裂する可能性はありますが、

腹部打撲、急激な体幹部のねじれなどに注意すれば、その発生頻度はまれであり、

日常生活には差し支えないといえます。

腎嚢胞を指摘された場合は、症状が無くとも専門医の診察を受けてください.