口角炎


口の両端を口角といいますが、口角炎とは、口角に炎症が起き、口角がただれだり、亀裂が入ったり、

かさぶたができることをいい、口角びらんとも呼ばれます。

口を大きく開けると口角が裂け、痛みを伴います。

また、かさぶたを無理に剥がすと、出血することもあります。

口角は、唇の両端で、口の中の粘膜とつながった状態です。

そのため、唾液が浸透しやすく、他の皮膚に比べてふやけやすい部分です。

口角炎は、口角の皮膚が唾液によりふやけ、そこに様々な原因がプラスされて引き起こされます。

口角炎の原因

●ビタミン(B2、B6、B12、ナイアシン、A)の不足によるもの。

特にビタミンB2の欠乏で発症する事が多い。

●カンジダや細菌、ヘルペスウィルスの感染

疲労や風邪等で抵抗力が弱っているときに感染しやすくなるようです。

●子供や幼児では、よだれが出ていたり、唇を舐める癖がある

●身体の抵抗力を低くする、糖尿病や貧血、悪性腫瘍などの基礎疾患がある

鉄欠乏性貧血、悪性貧血、ステロイド剤の長期使用など。

カンジダが原因の場合、カンジダが口角に増殖することで起こり、白い苔のようなものが付着したり、

ただれがあります。

細菌では、ブドウ球菌や連鎖状球菌の感染によるものがほとんどで、黄色のかさぶたができたります。

ウィルスは、ヘルペスウィルスによるもので、一般的には子供に多く、

ヘルペス性口内炎が起きてから口角炎が起こります。

大人の場合は、口角炎だけが起こるようです。

ビタミン不足は、口角炎だけでなく、口内炎の原因ともされていますが、

特に、ビタミンB2の欠乏が口角炎の原因とされています。

乳幼児では、よだれが多いことが原因で口角炎になることがあります。

また、唇を舐める癖がある人は、口角が常に湿った状態になるので、口角炎になりやすくなります。

口角炎の治療
 

口角炎の治療約として軟膏は効果的です。

病院で処方してもうら軟膏のほうが効き目は強く治りも早いですが、市販の薬でも効果はあります。

メンタームなど炎症を抑えるグリチルレチン酸、ビタミンが配合されているものや

乾燥を防ぐ薬用リップも効きます。

口角炎の治療はステロイドを含まない抗生物質の軟膏で治療することが殆どです。

カンジダや細菌による口角炎では、抗真菌剤や抗生物質が含まれる軟膏を使用します。

口角炎とビタミンの摂取

口角炎の原因でビタミン不足が一番多い原因と言われています。

ビタミン補給が早期治療のカギとなります。

ビタミンと言っても様々な種類があります。

具体的には下記の通りです。

・ビタミンB2→炎症を抑え、粘膜を保護します。水溶性で体内に蓄積できない為、毎日摂る必要があります。

食品で言うと、レバー、ヒラメ、納豆、牛乳、アーモンド等。

・ビタミンB6→粘膜の強化に関わり、炎症を抑えます。

・ビタミンC→炎症や傷を治す作用があります。

ビタミンCの摂取により症状の悪化を抑え治癒力を高めることができるそうです。

柑橘系の果物、ブロッコリー、ピーマン等の緑黄色野菜

・ビタミンA→細菌に対する抵抗力を強化し、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。

食品で言うと、カボチャ、ほうれん草、ニンジン等。

これらのビタミンは相互作用があるので上手く組み合わせて摂取しましょう。

今後口角炎を繰り返さない為にも、ビタミンAの摂取は重要です。

口角炎になっている状態では、食事をするのもつらい状態ですので、サプリ等で対応するのが好ましいといえます。

ビタミン剤は美容と健康の様々な場面で発売されていますので、自分の状態と照らし合わせて服用してみましょう。

・口角炎初期の状態ではビタミンB2

・炎症がひどい場合はビタミンC

・予防するときにはビタミンA

等その時々によって摂取するビタミンを使い分けるのもいいでしょう

またハチミツも口角炎には効果があるといいます。

ハチミツは虫歯にもなりにくく、ビタミンが豊富で健康維持に大変効果があると言われていますので

毎日の料理などに利用して摂取するように心がけると良いでしょう。

唇を舐める癖が原因の場合は、癖を改善するように注意します。

身体の抵抗力を低くする基礎疾患がある場合、口角炎を長期化させる可能性がありますので、

注意が必要です。

口角炎と胃の関係
 

口角炎になると「胃が荒れてるんじゃない?」などといわれたりしませんか?

確かに口内炎の場合は胃腸の調子が悪いと発症しやすいと言われていますが、

口角炎の場合はあまり胃と関係ないそうです。

口角炎になったからといって安易に胃腸薬などを服用しないようにしましょう。

口角炎を頻繁に起こす人は、

過度なストレスやバランスの欠いた食生活を送っていることが考えられます。

日頃からシッカリと食事を取り、規則正しい生活習慣を意識してみることが大切です。
 

 

肝血管腫

血管腫とは細い血管が無数に絡み合ってできた腫瘍状の塊で、

ちょうどスポンジのような構造で血液を多く含んでいます。

血管腫になる原因は不明ですが、先天的な要素が強いとされています。

肝血管腫とは、肝臓にできる良性の腫瘍で、毛細血管の一部が増殖し腫瘍状に発育したものですが、

良性腫瘍の中では最も頻繁にみられるものです。

数ミリの小さいものから10センチを超える巨大血管腫として見つかることもあります。

その原因は特定されていません。


肝血管腫はホルモンの影響によって大きくなりやすいため、

出産回数の多い女性に発見されることがあります。

成人ではおよそ1~5%に無症状の小さな肝血管腫がみられます。

肝血管腫は良性疾患ですので、一般的に治療の必要はなく、

定期的な検査を行うなどの経過観察が行われますが、

肝がんのできやすいウイルス性肝炎や肝硬変にかかっている人であれば、

腫瘍が良性の血管腫と考えられても、注意深く経過観察を行うこともあります。


血管腫が巨大化し、10センチ以上の大きさになって痛みや破裂を起こしたり、

血管腫の内部に血栓が生じて出血の可能性がある場合、悪性腫瘍との判別が困難な場合、

また血小板数が低下したりすることがあり、この場合には外科手術が必要になります。

ほとんどの方は自覚症状がなくて、たいていは人間ドックの超音波検査などで偶然に見つかります。

超音波検査で発見される場合、典型的なものであれば「肝血管腫」と診断がつきますが、

他の悪性腫瘍と区別するためにはCT(コンピューター断層撮影法)検査や

MRI(磁気共鳴画像)検査を必要とする場合も多いです。

超音波の検査で肝臓の血管腫の場合にはやや白っぽいエコー像を示すのが特徴です。

造影剤を入れて行うCTスキャンでは、

肝臓の血管腫の部分に白っぽく造影剤が取り込まれて増強されるのが特徴です。

ただこれらの検査でも癌との鑑別が非常にむずかしい場合もあります。

そういう時にはMRIの検査とか肝臓への血管造影という検査で鑑別することが必要な場合があります。

肝臓の血管腫から直接に癌になる心配はないですけども、

肝臓の血管腫というのは大きさによって色々な画像を示しますので

その都度癌との鑑別ということは重要なことです。

超音波検査を定期的に受けられて、様子を見て行かれればいいと思います。

 

 

 

 

急性腎盂腎炎

腎臓の主な働きは尿をつくって排泄することです。

体内で作られた、たんぱく質の老廃物や有害物質などが血液に含まれて腎臓に運ばれてきます。

その血液は「腎動脈」という太い血管によって腎臓に集まり、

腎臓の組織の「糸球体」で濾過されて尿細管を通る間に必要な成分を再吸収したり、

不必要な成分を排泄しながら濃縮されていきます。その尿は腎杯から腎盂に集められ、

尿管、膀胱を経て尿道から体外に排泄されます。

「腎盂腎炎」は、腎盂や腎杯、さらに腎臓の髄質が細菌によって炎症を起こしている状態をいいます。

通常私たちの尿と尿路は無菌状態に保たれています。

尿路は尿道口から体の外と交通していますが、

通常は少々細菌などの微生物が進入しても、新たな尿で洗い流されるため、微生物が繁殖することはありません。

しかし、大量の微生物が進入したり、洗い流す尿が足りなかったり、体が疲れて弱っていたりといった原因があると、

尿路に感染を起こすことがあります。

尿路に感染を起こすことにより、いろいろな症状が出現することを尿路感染症といいます。

尿路感染症のほとんどは、尿道口から尿道→膀胱→尿管→ 腎盂と尿の流れと逆(上行性)に感染が進みます。

腎盂に感染が及んだ場合、感染による 炎症は腎実質にも波及するので、 腎盂腎炎という病名となります。

単に 腎盂炎と呼ぶこともあります。

尿路上行性感染とは、膀胱炎などの感染を起こしている細菌が何らかの原因で尿管を上行して腎盂に達するもので、

その原因として腎盂・尿管の形態異常、尿路結石、腎盂・尿管の悪性腫瘍、膀胱尿管逆流現象

神経因性膀胱(しんけいいんせいぼうこう)、前立腺肥大症などがあります。

「腎盂腎炎」は圧倒的に女性が多く、20~40歳代では、男女比は1対30といわれます。

女性に多い理由としては、女性は男性より尿道が短いことと、尿道口と肛門が接近しているために、

上行性感染による細菌感染が起こりやすいこともあります。

男性の場合は感染が膀胱まで及ぶのはまれです。

また、原因となる病原微生物は主に大腸菌、緑膿菌などグラム陰性桿菌と腸球菌です。

なかでも大腸菌による感染が約90パーセントにも達します。

肛門やその周囲についている大腸菌が侵入することによって起こります。

また、尿の流れが悪くなると細菌が上へのぼりやすくなり感染を起こしますが、

とくに高年齢になると男性の前立腺肥大が増えるため、50歳以後の男女比は小さくなります。

(画像をクリックしてください)

前立腺肥大による腎盂腎炎の起こりやすい理由は、前立腺は膀胱のすぐ下に位置し、

尿道を取り囲むように存在しています。

そのため、前立腺が肥大することで尿道が圧迫され、尿の流れが悪くなり、細菌に感染しやすくなると考えられています。

尿の流れが悪くなる原因としては、他に尿道炎、尿路結石、糖尿病痛風、妊娠、

膀胱尿管逆流現象(尿が下から上へ流れる)などがあります。

また、細菌に対する抵抗力が落ちる糖尿病その他の病気や、

ステロイド剤・抗がん剤などにより免疫力の低下している人も腎盂腎炎を起こしやすくなります。

 

症状

悪寒やふるえを伴うようなひどい発熱、腰背部痛、側腹部痛  倦怠感 腎盂腎炎の主症状です。

ときには、短時間のうちに40度を超える高熱になることがあります。

腎盂腎炎には、膀胱炎などの下部の尿路感染を合併することもあるので、

その場合は症状として、排尿痛、頻尿(ひんにょう)、 残尿感を伴います。

また、頻繁に尿意をもよおしてトイレの回数が多くなりますが、量が少なく、

排尿時の痛みや残尿感などの膀胱炎のような症状もあらわれ、白血球が混じるために白く濁ります。

診断

前記の症状に加えて、

病巣のある側の背中を叩いた時に痛み(脊柱肋骨(せきちゅうろっこつ)角部叩打(こうだ)痛)があったり、

尿検査で白血球や細菌が認められたり、また血液検査で白血球の増加、赤沈(せきちん)の亢進、

CRP(C反応性蛋白)の陽性が認められれば、急性腎盂腎炎と診断されます。

尿路の異常や通過障害を調べるため、静脈性腎盂造影や膀胱造影などの検査を行います。

区別すべき疾患としては急性膀胱炎慢性腎盂腎炎

急性炎症を認める腎炎(ANCA関連腎炎)などがあげられます。

治療
 

原因となる微生物に効く抗生物質の 投与を行うことが基本です。

通常は大腸菌なので、培養検査を提出したらすぐに、大腸菌に効果のある抗生物質の 投与を開始します。

症状が重い場合は入院して抗生物質の点滴注射を受ける必要がありますが、

比較的軽い場合は、飲み薬の抗生物質を内服します。

飲み薬の中では、キノロン系合成抗菌剤と呼ばれる種類のものが最も多く使われます。

それは体内で変化を受けずに腎臓から尿路に薬が行きわたるため、

尿路感染には効果が高いとされているからです。

その他、発熱や腰背部痛を症状に応じて抑えるために、解熱消炎鎮痛剤の坐薬ないしは内服薬を使用したり、

尿量を確保したり発熱による衰弱・脱水を改善するために、 輸液(水分と 電解質の点滴)を行うこともあります。

およそ1週間くらいで治りますが、完全に治すことが大切で、自己判断で抗生物質の服用を途中でやめたりすると、

慢性化する可能性もありますので医師の診断をあおぎましょう。

さらに安静・保温・水分補給を心がけましょう。

安静
・・・腎臓への血流量は身体を横にしているとき、つまり寝ている姿勢のときに一番おおくなります。

血流量を増やすことで、腎臓の機能の回復を早めることができます。
 

保温・・・身体を冷やすと腎臓への血流量が少なくなります。

冬場の防寒はもちろんのこと、夏場にはクーラーで身体を冷やさないように注意しましょう。
 

水分補給・・・尿量ガ少なく濃くなると細菌が繁殖しやすくなり、感染に対する抵抗力も弱くなります。

たくさん水分をとって、たくさん尿をだして細菌を流してしまいましょう。

白湯や番茶などの刺激の少ないものを1日1500ml以上はとるようにしましょう。

予防

この病気の予防としては、膀胱炎も含めた尿路感染全体の注意点と同様です。

女性の場合、外出先で排尿するのがどうしても男性に比べて面倒なために、

ついつい尿を我慢したり、排尿回数を減らすために水分をとるのを控えることがありますが、

尿路感染の予防という観点ではよくないことは明白です。

尿路感染を起こしやすい人は、なるべく水分を多くとるように心がけましょう。

それから、いわゆる冷え性の体質の女性の場合、尿路感染を起こしやすいようです。

例えば冷房の効いたオフィスで長時間座るような場合は、

なるべく体を冷やさないような着衣や膝掛けなどの工夫をすることも大切です。

もう1つ大切なことは、 急性 腎盂腎炎は性交の際に感染が起こる場合が多いことです。

男性が不潔な手で女性器に触れたりするのは避けるべきです。

理想的には性交前には風呂かシャワーに入り、女性は性交後も、

性器泌尿器周囲を清潔にするためにシャワーかビデを使用するのが 腎盂腎炎の予防にはよいでしょう。

予後

合併疾患のない 急性 腎盂腎炎の場合、安静と抗生物質の 投与により、1週間程度で 自覚症状は消失し、

治癒後の腎機能への影響もありません。

抗生物質の 投与は場合によっては2週間程度続ける必要があります。

ごくまれに、慢性 腎盂腎炎の中には治療への反応が悪い場合もあり、

慢性腎機能障害から腎不全、 透析に至ることもあります。

尿路感染だからといって甘くみないで、しっかり専門医を受診する必要があります。

 

 

甲状腺のう胞

甲状腺のう胞は、甲状腺の中に液体の溜まった袋状のもので、通常は球状の形をしています。

その多くは甲状腺にできたしこりの一部が液状化したもので、小さいうちは全くといってよいほど自覚症状はありません。

大きくなってしまった場合は喉元にしこりとして認識できることがありますが、

痛みもないためよほどの大きさになるまでは気がつかない人が多いようです。

急にできた時はその部分に痛みを感じることがありますが、2~3日で痛みは消えます。

良性のことが多く、腺腫様甲状腺腫の一部に液体が溜まると考えて良いでしょう。

しかし中には癌に伴う嚢胞があります。

甲状腺ののう胞の多くは自覚症状がないため、集団検診などでの検査で露見することが多く報告されています。

超音波検査で診断できます。

甲状腺ののう胞は内部の液体は黄色・透明なものからチョコレート色のような色のものであることもあり、

人によって個人差があるようです。

甲状腺ののう胞の多くはエコー検査の診察で良性であるかが判断できます。

甲状腺ののう胞は、数回に渡って注射器などで内部の液体を吸い出すとそれ以上液体がたまらなくなることが多いため、

のう胞の治療の多くはこの方法を採用しています。

液体を注射器で吸い出した後、残ったしこりの部分から細胞診を行います。

しかし、ごく稀に何度吸い出してものう胞に大きく液体が溜まってしまう場合や、

悪性であると診断された場合は手術で切除されます。

甲状腺ののう胞は良性であることが多いとはいっても、

甲状腺の肥大は甲状腺がんの発症リスクを高める可能性があるため、

医師の診察を受けて適切な治療を受けるようにしたいものです。

 
 
治療

多くの場合1回から数回、注射器で液体を吸い出すと、それ以上液体が溜まらなくなります。

何回吸い出しても溜まる場合はエタノール注入療法をお勧めしています。

 
  エコーガイド下細胞診の技術を応用して、エコーガイド下で良性結節に直接薬剤を注入する治療法です。

薬剤は主にエタノールが現在用いられています。

ちなみに、2002年4月から、一部の施設で高度先端医療として保険適応になりました。

対象:

特に甲状腺嚢胞に有効です。

その他機能性結節などに応用されています。

 

方法:
 

外来で、まずエコーで嚢胞の内容液を排液後、エコーガイド下に少量の100%エタノールを注入します。

そのメカニズムは直接の蛋白凝固壊死と結節内の微細栄養血管内の血栓とされています。

 

嚢胞が大きくエタノール注入療法も効かない場合は、手術療法を行います。

癌に伴う嚢胞は手術療法が必要です。


山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303