山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3406260 番目の訪問者様です

« | »

肝血管腫

血管腫とは細い血管が無数に絡み合ってできた腫瘍状の塊で、

ちょうどスポンジのような構造で血液を多く含んでいます。

血管腫になる原因は不明ですが、先天的な要素が強いとされています。

肝血管腫とは、肝臓にできる良性の腫瘍で、毛細血管の一部が増殖し腫瘍状に発育したものですが、

良性腫瘍の中では最も頻繁にみられるものです。

数ミリの小さいものから10センチを超える巨大血管腫として見つかることもあります。

その原因は特定されていません。


肝血管腫はホルモンの影響によって大きくなりやすいため、

出産回数の多い女性に発見されることがあります。

成人ではおよそ1~5%に無症状の小さな肝血管腫がみられます。

肝血管腫は良性疾患ですので、一般的に治療の必要はなく、

定期的な検査を行うなどの経過観察が行われますが、

肝がんのできやすいウイルス性肝炎や肝硬変にかかっている人であれば、

腫瘍が良性の血管腫と考えられても、注意深く経過観察を行うこともあります。


血管腫が巨大化し、10センチ以上の大きさになって痛みや破裂を起こしたり、

血管腫の内部に血栓が生じて出血の可能性がある場合、悪性腫瘍との判別が困難な場合、

また血小板数が低下したりすることがあり、この場合には外科手術が必要になります。

ほとんどの方は自覚症状がなくて、たいていは人間ドックの超音波検査などで偶然に見つかります。

超音波検査で発見される場合、典型的なものであれば「肝血管腫」と診断がつきますが、

他の悪性腫瘍と区別するためにはCT(コンピューター断層撮影法)検査や

MRI(磁気共鳴画像)検査を必要とする場合も多いです。

超音波の検査で肝臓の血管腫の場合にはやや白っぽいエコー像を示すのが特徴です。

造影剤を入れて行うCTスキャンでは、

肝臓の血管腫の部分に白っぽく造影剤が取り込まれて増強されるのが特徴です。

ただこれらの検査でも癌との鑑別が非常にむずかしい場合もあります。

そういう時にはMRIの検査とか肝臓への血管造影という検査で鑑別することが必要な場合があります。

肝臓の血管腫から直接に癌になる心配はないですけども、

肝臓の血管腫というのは大きさによって色々な画像を示しますので

その都度癌との鑑別ということは重要なことです。

超音波検査を定期的に受けられて、様子を見て行かれればいいと思います。