山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3445702 番目の訪問者様です

« | »

PSA

年齢別PSA基準値(正常値)
40~49歳 PSA値 2.5ng/mL以下
50~59歳 3.5ng/mL以下
60~69歳 4.5ng/mL以下
70~79歳 6.5ng/mL以下

PSAとは前立腺細胞で特異的に産生される分泌蛋白です。

精子の保護膜成分のたんぱく質を分解して開放する役目があります。

通常PSAは前立腺組織が壊れていなければ、血液中に流れ出ることはないのですが

前立腺癌になると癌細胞は正常細胞に比べて壊れやすいために

癌細胞から分泌されたPSAは血中に漏れやすくなり、

癌病巣が大きくなるにつれて血液中のPSA濃度は高くなります。

ただし、良性の前立腺肥大症や前立腺に炎症を起こした場合でもPSAは高くなるため、

PSAが高いことイコール前立腺癌とは限りらないのです。

 

通常は血液検査で測定しても低い値(正常:0~4ng/ml)となります。

PSA値が高ければ高いほど前立腺がんの確立も高くなっていきます。

 

4ng/ml以下 陰性:定期的にPSA検査をして経過を見守ります。

4.1ng/ml~10ng/ml グレーゾーン:正常値より若干高めの値で、がんの人と前立腺肥大症など、

前立腺の他の病気の人が含まれている可能性があります。

約20%に癌が発見されるといわれています。
 

10.1ng/ml以上 陽性:40%~60%に癌が発見されるといわれています。

高い場合は数百ng/mlという数値が出ることもあります

また、PSA値は前立腺癌の治療効果判定や癌の広がりの程度、再発の可能性などの指標となります。

このため、前立腺癌の治療を行う際には定期的にPSA値測定を行う必要があります。

更に、PSAの値だけでは、それらを区別することができないため、

診断の確定には「前立腺生検(前立腺の組織検査)」が必要です。

「前立腺生検」を受けた方に前立腺癌が見つかる確率は、

通常40~50%(PSAが4~10ng/mlの場合は30~40%)と言われています。

つまりPSAが高くて「前立腺生検」を受けても6割近くの方は前立腺癌が検出されないということです。


この方々の大半(70%程度)は前立腺肥大症や前立腺炎によるPSA上昇のため、

それらの治療を受けることでPSAが下がる場合もあります。

しかし残りの30%程度の方は、前立腺癌が隠れているのに、

1回の「前立腺生検」で前立腺癌が見つけられなかった可能性があります。

これは前立腺癌の病変自体が小さく、細い針で数ヶ所(通常8~12ヶ所)検査しただけでは、

つかまえられなかったということなのです。

このような場合は通常2年程度のうちにPSAが徐々に上昇してきます。

一般に2年以内にPSAが「前立腺生検」前の2倍以上に上がった場合は

前立腺癌が隠れている可能性が高いと言われています。

そのため「前立腺生検」で前立腺癌が検出されなくても、

少なくとも2年間は3~6ヶ月おきにPSAを測定し経過を観察する必要があります。

その間にPSAが上昇するようであれば

2回目(場合によっては3回目)の「前立腺生検」を行う必要があります。

2年程度経過を観察しPSAの上昇がないようであれば

前立腺肥大症または前立腺炎によるPSA上昇と判断し、

それらの治療を行いつつ、年1回程度のPSAのチェックを行います。

前立腺の炎症によるPSA上昇は一時的な場合が多いため、

前立腺癌でないPSA上昇のほとんどは前立腺肥大症によるものです。

PSAは前立腺の体積(大きさ)に比例して上昇し、さらに、加齢によっても上昇します。

このようにPSA値は以前の値との比較、前立腺の大きさ、年齢なども加味して評価しなくてはならないのです。