山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3445702 番目の訪問者様です

« | »

胃ポリープの原因

胃のポリープとは、細胞の増殖によって胃の粘膜の一部分が盛り上がってきてできた腫瘤の一種です。

胃のポリープの発症原因についてはまだはっきりとしていませんが、

基本的には傷ついた組織の過剰再生によるものと考えられています。

例えば慢性胃炎などで、胃の粘膜がただれてくると、これを修復するために粘膜の上皮細胞が過剰に生成され、

その部分がポリープとして他の粘膜部分よりも盛り上がっている状態になるのです。

つまりは傷の修復の跡。

これがポリープをつくるのではということです。

一般に、胃ポリープと言えば、過形成性ポリープ、胃底腺ポリープ、腺腫など悪性腫瘍以外の良性のものを言います。

過形成ポリープ

胃にできるポリープのほとんどは、慢性胃炎などの炎症によって粘膜が盛り上がる過形成ポリープです。

過形成ポリープピロリ菌の感染が影響します。

ピロリ菌の除菌で小さくなったり、無くなったりすることでもわかります。

これは癌とは関連性が少ないですが、まれに一部が癌化している場合もあります。


胃底腺ポリープ

胃底腺ポリープは、胃底腺の粘膜に多発するのが特徴で、なめらかで半球状のポリープを形成します。

粘膜萎縮のない健康な胃粘膜が背景にあります。

比較的若い女性に多いのですが、くわしい原因はわかりません。

多発するのも特長です。

胃腺腫

異型上皮とも言われる胃腺腫は、高齢者などの萎縮した粘膜に見られる良性の腫瘍ですが

との関連性があると言われています。

胃腺腫は胃のポリープの中では、高分化型の胃癌との鑑別が問題になります。

大腸の腺腫と同じく、遺伝子の異常が積み重なることで発生すると考えられます。

胃ポリープは、軽いものであれば特に症状などが出ることはないですが、重い症状になると出血を伴い、

その結果吐血や下血といった症状を引き起こす場合もあるのです。

胃の傷が大きく出血を伴うようなものであれば、

その修復の過程でできるポリープはその傷の大きさに伴って大きくなります。

もちろん、小さい傷であれば元通りに治ることもありますが、

出血を伴うような場合にはポリープとして残る可能性が高いと言えるでしょう。

元々、胃が弱い人であれば当然ながら上記の状態は発生しやすいと言えます。

ストレスが胃に症状として表れることもあるでしょうし、

各種の薬物の副作用として胃が荒れる場合もあるでしょう。

他にも飲酒や刺激物の摂取によっても同様の症状が起こることはありますが、

胃のポリープは、高脂肪・高たんぱくの食生活も原因となって、若年層にも増加しています。

今の医学の中では胃にできるポリープに直接癌になる可能性のあるものは少ないと考えられており、

胃のポリープについては切除の必要はないと考えられる場合も多いのです。

実際、過形成ポリープからがんに進行することは滅多にありませんが、

腺腫はがんになる傾向が強く、ポリープが大きいほどがんになる確率は高くなります。

(胃のポリープが癌化する症例は全体の中の数パーセント)

癌と直結するような症状は考えにくく、直結していることは稀であると言えます。

しかし、これは癌になることが皆無であるということではありません。