山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3445702 番目の訪問者様です

« | »

コレステロールと中性脂肪の違い

中性脂肪 コレステロール
運動のエネルギーになる 細胞を作る材料になる
肥満の人に高中性脂肪が多い 肥満との相関性は小さい
食後すぐに上昇する 食後すぐに上昇しない
高中性脂肪には和菓子・果物は厳禁 高コレステロールには洋菓子は厳禁
急性膵膜炎や痛風、脂肪肝の原因になる 胆石を引き起こす可能性がある

コレステロールと中性脂肪は、血液中にある重要な脂肪(脂質)です。

まず、コレステロールの働きとは言え、コレステロールは体内を構成する脂肪成分になります。

細胞膜の構成成分でもありますし、脳と神経細胞、コルチゾールなどのステロイドホルモンやエストロゲン、

テストステロンなどのホルモンの材料と言われています。

体が脂肪と脂溶性ビタミンを吸収するのを助ける胆汁酸やビタミンDなんかの材料にもなります。

体内のコレステロールのうち、食べ物から摂取されたものは約3割に過ぎません。

残りの7割は糖質や脂肪酸を材料に、主として肝臓のほか皮膚、腸粘膜、副腎、腎臓、卵巣、精巣などで合成されます。

また、コレステロールには善玉と呼ばれるHDLコレステロールと、悪玉といわれるLDLコレステロールがあります。

LDLコレステロールは、細胞膜やホルモンを作る材料になり、血管を保護する作用もあります。

ただし、血中の濃度が高くなると、血管を細くする原因になり、動脈硬化の引き金になってしまいます。

動脈硬化が起こってしまうと、さまざまな合併症を起こしかねないでしょう。

HDLコレステロールは、血管に付着したLDLコレステロールを排除して、体の血液の流れをよくする働きがあります。

次に、中性脂肪になりますが、コレステロールが体の中の構成成分とするならば、中性脂肪はカロリー源です。

トリグリセライドとも言います。

中性脂肪は、分解され、成長などの体の代謝過程に必要なエネルギーとして使用されます。

食事によって摂取され、余分な分は皮下脂肪組織や肝臓などに蓄えられます。

食事不足や運動運動などによりエネルギーが足りなくなると、貯蔵された中性脂肪が使われ、

分解されて脂肪酸になります。

中性脂肪は、腸と肝臓で脂肪酸という小さな脂肪からつくられます。

血液はほとんどが水分なので、コレステロールや中性脂肪などの脂質は、血液中をよどみなく流れることができません。

そこで、血液中を循環するために、タンパク質などの物質と結びついて、リポタンパクと呼ばれる粒子を形成します。

リポタンパクには、カイロミクロン、超低密度リポタンパク(VLDL)、低密度リポタンパク(LDL)、

高密度リポタンパク(HDL)があります。

LDLによって運ばれるコレステロールはLDLコレステロール、

HDLによって運ばれるコレステロールはHDLコレステロールと呼ばれます。

HDLコレステロールは世間で言うところの「善玉コレステロール」というやつです。

体内の組織からコレステロールを取り除き肝臓へ運ぶ役割りを果たすので、

この値が高いと動脈硬化やアテロームなど、心筋梗塞や脳血管障害のリスクが減少し、

反対にこの数値が低い場合はリスクが高くなります。

中性脂肪値が心臓発作にどう影響するかについては、コレステロールほど明確ではありません。

しかし、非常に高い中性脂肪値(血液500mg/dL以上)では、膵炎のリスクが高まります。

低い方はほとんどの場合問題がないことが多いようです。