山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3406262 番目の訪問者様です

« | »

お腹にガスがたまる

お腹にガスが溜まってしまう原因はいくつかありますが、

一番多いのが食事の時に食物や飲物と一緒に飲みこむ空気です。
 
特に早く食べる人やよく噛まないで食べる人は、 飲み込む空気の量が多くなりガスが溜まりやすくなります。

また、炭酸飲料やビールでもガスが溜まり、 暴飲暴食をした場合もお腹で異常発酵が起こってガスが発生します。

なるべく冷たいものを召し上がらないようにお気をつけ下さい。

ガスがたまる原因の一つに、消化不良が考えられます。

消化不良がおきますと、大腸のほうで、嫌気性菌により食物が腐り、多くのガスが発生します。
 

他に、ストレスを感じやすい人や、運動不足、冷え性、デスクワークが多くて腸を圧迫する人

なども腸の働きが鈍くなってガスが溜まりやすい状態になっています。

食事の回数が少なかったりたべなかったりするのも原因です。

あと、ガムを多量にかむのもガスだまりの原因になります。

炭水化物、特に繊維ものは、大腸菌により消化されますが、やはりガスが発生します。

よく便秘には、繊維物がよいと、多くたべるとガスや便の量が増え、 最悪の結果となりますので要注意です。

腸に良いと思われるキャベツもガスの原因になります 。

他にも、ガスを発生しやすい食品としては、糖質やセルロースを多く含む食品

豆・芋・ふすまなど 全粒小麦製品・タマネギ・大根・キュウリ・果物など)および、

魚や肉類などのタンパク質食品が挙げられます。

お腹の痛みや張りは、一つの可能性として胃腸管の働きが低下して

大腸内を食べたものがスムースに流れないときに起こる症状かもしれません。

或は体質的に腸の働きが弱いので便秘になりやすく 滞留便で腐敗ガスが発生しやすいのかもしれません。

ちょうど、夏場に放置された牛乳が腐敗して悪臭ガスが発生したようなもので、

この腐敗がお腹の中で起こっているのだと思います。

お腹にガスを溜めないためにはこれらの原因を取り除いて、 ガスの発生と排出をバランスよくすることが大切です。

生活習慣を見直して、規則正しい食事と適度な運動を心がけましょう。

食事の時はゆっくりと良く噛んで食べ、食べ過ぎないように注意し、

炭酸飲料などもできるだけ控える方が望ましいでしょう。

機能性乳酸飲料や、ラクトフェリン等を継続して摂取し、腸内の善玉菌を増やす事も大切です。

そして、疲れを充分にとってリラックスできるように睡眠も充分とることが大切です。

お腹がすぐに張ってしまうガス腹の人は、腸の働きも悪いため代謝が悪くなってしまいます。
 
代謝が悪くなるということは、排尿や排便、発汗などもうまくいかなくなるということで、

エネルギーが溜まりやすい状態をキープすることになります。

ガス腹解消のために規則正しい生活を身につけ、運動不足を解消しましょう。