山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3406262 番目の訪問者様です

« | »

白色便

ロタウイルスに感染し、感染性胃腸炎になった場合、米のとぎ汁のような白い下痢便 が出ることがありますが、

感染症が治れば元に戻りますから 心配ありません。

胃腸薬などに含まれているアルミニウム塩や珪酸によっても、 ウンチが白色になることがありますが、

薬の服用をやめることで白い色は元に戻ります。

 白色便が出る場合は、胆汁が出なくなっていることも考えられます。
 
胆汁が出ていることで、便の色は黄色がかった褐色を保っていますが、

反対に、胆汁が出なくなれば白っぽいクリーム色になるのです。

胆汁は肝臓で作られるため、高脂肪の食事や暴飲暴食で胆汁を大量に消費した場合、

一時的に白くなることもあります。

また、総胆管結石、A型急性肝炎、B型急性肝炎、 胆石症、胆のう炎、胆管がん、膵がんなどの病気が原因で、

胆汁の通り道である胆管が詰まっていたり、狭くなって胆汁が流れなくなると白色便になります。

これらの場合、カッテージチーズのような便とも言われており、

形のある白色便が長く続く場合はきちんと検査を受けたほうがいいでしょう。


胆道がんによる白色便は、黄疸や体のかゆみ、尿が濃くなるなどの症状とともに現れます。

胆道がんの発生によって胆管が閉塞し、

便を茶色にする胆汁が腸内に流れ込まなくなり便の色が白くなります。

肝炎とは主に肝炎ウイルスに感染することで、肝細胞が破壊される病気です。

ビリルビンが体外に排出されにくくなってしまい、

倦怠感、黄疸などの症状がみられて、便の色が白っぽくなることがあります。

黄疸は胆汁色素が、血液中や組織内に異常に増加して、皮膚や粘膜が黄色になる症状です

肝炎の場合、急性肝炎において黄疸の症状や閉塞性黄疸が認められる時など、

胆汁が十二指腸に排出されないために便の色が白くなります。

胆嚢炎は胆嚢や胆管の胆道系に細菌による感染で炎症が起きた状態のことです。

右上腹部に激痛がみられ、発熱や黄疸などが多く、白っぽい便がみられることがあります。



タンパク漏出性胃腸症とは、消化管に血液中のタンパク質が大量に漏出してしまい、

胃腸からタンパク質が失われてしまう病気の総称です。

症状は、血液中のタンパク質が減少することにより下痢や腹痛、むくみや腹水がみられます。

また、白っぽい脂肪便が出ることもあります。