山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3294186 番目の訪問者様です

« | »

おなかが鳴る(腹鳴)

おなかがなる原因は二通りあります。

まず、食べ物を消化するときの音です。

胃や腸は、食べ物の消化を助けるために盛んに消化液を出し、伸縮運動などで食べ物とよく混ぜ合わせます。

そして小腸や大腸は蠕動(ぜんどう)運動によって、この食べ物を移動させるのです。

消化管の内容物(食べ物)の移行は、末端までこの蠕動によって行われていて、

胃や腸の中には、つねに空気やガスが入っており、蠕動運動によって腸の内容物やガスとに移行する際に、

腸の壁を動かすために音が鳴るのです。

次におなかがへるときの音です。

胃袋は伸びたり縮んだりして、食べ物を動かし、消化液によく混ざるように運動します。

そして、食べ物をどろどろにしてから、腸に吸収されて栄養分になります。

そこで、空腹になり血液中の糖分が少なくなると、脳が身体にサインを送り、空腹感を感じるようになります。 

すると、胃は食べ物が入ってくる準備をします。 

すると脳はいつ糖分が入ってきてもいいように、胃袋の中のものを十二指腸に送り出すよう指令を出します。

その結果、胃が伸びたり縮んだりを活発にし、中の空気が圧縮されて、

その空気が狭い胃袋の出口から腸に移動する時にグーグーと音が鳴る、これがお腹の音の正体です。

普通、正しい時間を決めて食事をしているときは、胃腸はいつでも応じられるように準備しています。

つまり、食べ物がいつ何時不意に入ってきてもいいように臨戦態勢ができているというわけです。

ところが十数時間も絶食していると、胃腸は待ちくたびれて臨戦態勢を解除してしまうのです。

このままでは消化器全体を維持するためのエネルギーが無駄になるので、戦線を縮小しなければならないのです。

この縮小というのが、文字通り胃や腸が小さく縮んでいくことであり、その際に音が発生します。

 

食事をするときに空気をいっしょにのみ込んでしまい、胃や腸に空気がたまっておなかが鳴ったり、

あるいははったりすることを「呑気症」といい、腹鳴を訴える人に多くみられます。

原因として多いのは早食いや汁物などをすすることです

その他には炭酸飲料の炭酸ガス、そしてガムをよくかむといったことがあげられます。

また不安や心配事があると無意識のうちに空気をのみ込んでいることもあります。

その他、ストレスなどの原因からなる「過敏性腸症候群」なども考えられます。

空気をのみ込む食べ方、早食い、すする食べ方をしないようにしましょう。

不安、心配事への対処も大切です。

腹鳴は空腹時の消化管の収縮運動によって起こるもので、心配することではありませんが、

おなかが鳴るのはいやだという人は、食事の時に空気をのみ込まないように気をつけましょう。

また炭酸飲料やガムは予想以上に空気をのみ込みますので避けましょう。

そして不安や心配事の解決をはかることも大切です。

胃腸の働きを正常にすることは、ひいては急にお腹が鳴るのを防ぐことにもなるので、

三食決まった時間に食事をとる事が身体には良いようです。

間食は胃の働きを活発にし、胃液の分泌を増やし、逆に胃に負担をかけてしまいます。

また、朝食を摂ることが一番です。

一番食事の間隔があく時間は、夜から朝にかけてです。

よって身体が食べ物を吸収しようとするので非常にお腹がすきます。

朝はパンよりもご飯
をおすすめします。

パンは消化が早いのでまたすぐにお腹がすいてしまうのです。

少量で腹持ちの良いご飯を食べてください。

■背筋をぴんと伸ばす


猫背になっていると胃は窮屈な状態になり、おなかが鳴りやすくなります。

猫背で仕事している時、授業を受けている時におなかが鳴ったら、

リフレッシュも兼ねて背筋をぴんと伸ばしてみましょう。


■おなかに力をいれて、ふくらませる

腹式呼吸の要領で、肺にいっぱい空気をいれて横隔膜を下げ、

胃の動きを妨げることでおなかを鳴らさないようにする方法があります。

おなかが鳴りそうと感じたら、おなかがぽっこり膨らむくらいに空気を吸い込んで、

音がおさまるまでやり過ごすのもよいかもしれません。
 

■朝食を玄米にする

朝食を玄米にすると腹持ちがよくなり、空腹になるタイミングを遅らせることができます。

いつもの白米の3分の1を玄米に替えるだけでも効果があります。
 

■嗜好(しこう)品を使ってみる

詳しい仕組みは不明ですが、チョコレート、コーヒー、お茶などの嗜好(しこう)品は

胃の動きを弱める作用があるそうです。

胃腸が弱っている時にはお勧めできませんが、おなかが鳴りそうな時は、

チョコレートやお茶で胃の動きを鎮めるのがよいかもしれません。
 

■炭酸飲料や水を大量に飲まない、食事はよくかんで

また、日頃の生活習慣を見直すことで、おなかを鳴らしにくくする方法もあります。

炭酸飲料は気泡が含まれており、水を飲むときにも空気を胃に送り込みやすいため、

それらを控えることでおなかが鳴りにくくなるようです。

また食事をする時にも、よくかむことで食べ物にふくまれる空気の量が減り、

おなかの中に空気がたまりにくくなります。