山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3294201 番目の訪問者様です

« | »

γ-GTPのみが高値

γ-GTPはgamma-glutamyl transpeptidase の略で、

γ-グルタミル基をペプチドやその他のアミノ酸に転移する触媒となる酵素です。

肝臓や腎臓などでつくられる酵素で、肝臓では通常肝細胞や胆管細胞に存在し、胆汁中にも存在しています。

たんぱく質を分解・合成する働きをします。

お酒の飲み過ぎ・肥満やある種のお薬などにより、γ-GTPがたくさんつくられるようになります。

そのためγ-GTPが血液中に漏れ出し、数値が上がります。

胆汁うっ滞や胆管細胞の破壊が生じると、

細胞内や胆汁に存在するγ-GTPが血液中に漏れ出し、数値が上がります。

 

・アルコール摂取

γ-GTPはアルコールに顕著に反応します。

アルコールは栄養ドリンク、みりん、ノンアルコールビール等にも含まれています。

・薬の摂取


抗てんかん薬、ステロイドや糖尿病関連のいくつかの薬もγ-GTPを上昇させることがわかっています。

健康食品などでもγ-GTPが上がることがあります

・脂肪肝・慢性肝炎

アルコール性でない過栄養性脂肪肝では代謝が低下してきて、

肝臓に沢山脂肪が溜まってきますと、γ-GTPは上昇します。

脂肪肝でなくても、検査前の油脂の取り過ぎで上がることもあるようです。

アルコール性肝炎の場合は GOTのほうがGPTより多いことになっています。

GOTよりGPTが上昇していてγ-GTPも上昇しているようでしたら、脂肪肝か慢性の肝炎が普通考えられます。 

慢性肝炎の多くはウイルス性なのでB型とC型のウイルスを検査すれば有無が分かります。


・胆道系疾患


γ-GTPは、胆道系への分泌に障害があると血中に流出されます。

障害の原因となるものは、原発性胆汁性肝硬変、閉塞性黄疸、胆石、胆管炎、等です。


γ-GTPは、大部分が腎臓、次いで膵臓、肝臓に存在しますが、

細胞が破壊されて血液中に流出するのは膵臓、肝臓由来です。

しかし肝細胞の破壊は必ずGOT/GPTの上昇も伴うので、肝臓を除外すれば、

膵頭部のガン、胆管ガン等が考えられます。

 

・その他

自己免疫疾患で上がることもあります。

体質や体調によっても高くなることはあります。

γ-GTPは、数値が高いことそれ自体には何の問題もありません。

高めている原因が問題になるだけです。

 γ-GTP単独で上昇している場合、その本当の原因は完全に解明する事は困難です

アルコールで上昇するのは本当ですが、飲まない人でも上昇している事があります。

現実に一番多いのは 食べ過ぎ、運動不足による内臓肥満であるところの脂肪肝です。