山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3349633 番目の訪問者様です

« | »

女性と不眠

女性ホルモンは思春期に分泌が急激に高まり、20~30歳代でピークを迎えた後、

40歳を過ぎた頃から卵巣の退化とともに卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下します。

また、月経周期や妊娠・出産などの女性のライフイベントにおいても、

女性ホルモンの分泌量はめまぐるしく変化します。

このように女性ホルモンの分泌が周期的に変わり、年齢によっても変化する女性の場合は、

男性に比べて不眠などの睡眠障害が起こりやすいのが特徴です。

月経や妊娠・出産、更年期に伴う睡眠障害は、まさに女性特有の症状といえるでしょう。

仕事や子育て、家事、介護など、社会や家庭の中でさまざまな役割を担う現代女性。

ライフスタイルの変化とともに不眠をはじめとする睡眠の悩みも増えているのかもしれません。

女性の性周期は卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)

という二つの女性ホルモンによってコントロールされています。

これらのホルモンは眠気の抑制や促進など睡眠中枢にも大きな影響を及ぼします。

生理が終わる時期から排卵までの期間はエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が盛んで、

この時期は体調・心が安定し、肌のコンデションも良く質の良い睡眠をとることができます。

しかし、排卵~月経直前にかけて盛んに分泌される黄体ホルモンは

睡眠の質を悪化させることがわかっています。

つまり、月経直前は睡眠時間は変わらなくても、

深い睡眠の割合が減ってウトウトした浅い睡眠状態になっているのです。

月経前になると日中の眠気や不眠、頭痛やイライラなど心身の不調を訴える女性が少なくありませんが、

これは女性ホルモンの変化と睡眠の関係が大きな原因といえるでしょう。

排卵以降はからだをやすめ、妊娠を助ける作用が働いているからなのです。

妊娠中も黄体ホルモンの影響を受け、日中の眠気を感じたりします。

出産後は赤ちゃんの睡眠・覚醒のリズムに同調する必要が生じますから、

睡眠バランスは大きく狂ってしまうことになってしまいます。

一般的には、妊娠初期はやたらと眠くなり、中期には一時安定し、後期に入ると頻尿で起きてしまったり、

おなかが大きくなるのでうまく寝る体勢が取れずに、不眠になるというパターンが多いようです。

また、つわりで夜中に起きてしまい、不眠になる事もありますよね。

出産後は赤ちゃんの眠るリズムも安定していないので、

特に2ヶ月くらいまではお母さんがうまく眠れなくなることもしばしばおこります。

かえって授乳時間をきちんと決めて授乳する方が、赤ちゃんの生体リズムを上手く作る意味でも、

赤ちゃん・お母さん両方に好影響のことが多いようです。

女性の不眠には生理が関係したり、妊娠、出産育児が関係したり、

女性ホルモンが関係したりと本当に大変なのです。

ただし、これらの睡眠に関する症状は一時的なもので、

普通は月経開始と同時か月経開始2、3日後には落ち着いてきます。

中高年の女性は同世代の男性よりも睡眠時間が短い傾向にあります。

日本人の年齢別睡眠時間をみると、20~30歳代の平均睡眠時間は約6.5時間で男女差はありませんが、

40~60歳の各年代では、女性は同年代の男性と比べて睡眠時間が30~60分も短くなっています。

また、40歳代の女性は20~30歳代の女性と比べて平均30分ほど短いことがわかっています。

考えてみると、家族の中で一番早く起きるのは家庭の主婦ですが、

夜遅く帰ってくる家族のために深夜まで起きているのもやっぱり主婦。

睡眠時間が少なくなるのはもっともな話かもしれません。

夫は少しでも帰宅時間を早めたり、子供は就寝時間を少しでも早めたりと

周りの理解と協力も当然必要なことです。

 

40歳代後半から50歳代前半には月経が止まる方が多く、閉経後は女性ホルモンの一種である

卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が少なくなります。

この閉経をはさんだ10年前後が更年期といわれる時期です。

更年期に入ると、のぼせ、ほてり、めまい、肩こり、不眠など、

いわゆる更年期障害と呼ばれるさまざまな心身の不定愁訴があらわれてきます。

ある調査によると、更年期障害の患者さんは「ほてり・のぼせ」や「発汗」などの症状と同様、

「入眠障害」や「中途覚醒」といった睡眠に関する症状も高頻度に出現することがわかっています。

特に女性がよく眠れないと感じる年代は、

更年期障害が起こりやすい年代である50代が多いのです。

子育ても一段落ついて、生活面でもいろいろな変化が起こったりする

ことなども更年期障害の原因となります。

しかい、更年期は一時的なものでずっと続くわけではありません。

夜、眠れるようになると、更年期症状が和らぐことも多いようです。

また、男性より女性の方がうつの疾患率は高く、この年代の女性はうつ病にも気をつけ、

なるべくストレスのかからないような生活を心がける必要もあります。

 

 

寝る前にホットミルクやハーブティーでリラックスしたり、

 寒気がするときには湯タンポ、火照ってしまうときにはアイス枕を使うなどで、

なるべく自然に眠れるようにしましょう。

 昼間のうちに体を動かすようにすると、体のリズムが整うので、眠りやすくなると思います。