胃憩室


胃憩室とは、胃壁の一部が袋のように膨らんで憩室を形成したものです。

十二指腸憩室に比べると、それほど発生頻度は高くありません。

 

胃憩室の原因は?

胃の内圧が高くなり胃壁の弱い部分が袋状に伸びて憩室を形成する内圧憩室と、

胃の周りにある臓器が炎症を起こして胃壁を引っ張ることによって憩室を形成する牽引憩室とがあります。

胃憩室の好発部位は、噴門部後壁(ふんもんぶこうへき)(75~80%)と

幽門前庭部(ゆうもんぜんていぶ)(15~18%)です。

噴門部では先天的なものが多く、幽門部には後天的なものが多くみられます。

噴門部は、胃の筋層が薄く解剖学的に弱いうえに圧力がかかりやすい部位なので、

胃憩室が発生しやすいようです。

幽門部は、胆嚢(たんのう)や膵臓(すいぞう)などの周囲の臓器の炎症や癒着による牽引(けんいん)、

迷入膵(めいにゅうすい)(異所性に発生して膵臓に似た組織)の陥凹(かんおう)などによって胃憩室が発生します。
 

どの年代でも見られ、特に男女差はありません。

炎症や潰瘍の原因となる飲酒やタバコ、刺激の強い香辛料、ストレス

などによって起こることがあります。
 

 
症状

食道憩室や十二指腸憩室など他の消化管憩室と同じく、ほとんどの方が症状はありません。

人間ドックや他の病気の検査の為に、消化管造影(バリウムを飲んで)レントゲンを取ったり

内視鏡検査を行った時にたまたま見つかる事が多いようです。

胃憩室が大きくなった場合には、みぞおちの膨満感、胸部痛、胸やけや、嘔吐、

まれに憩室炎、胃潰瘍、穿孔(せんこう)(孔(あな)があく)、出血などが起こることがあります

 

治療法

症状が無い人は特に治療をする必要はなく、経過観察を定期的に行うだけで十分です。

しかし、胃憩室炎、胃潰瘍、出血などの合併がみられた場合には、

消化剤、粘膜保護剤などを投与する場合もあります。

保存的治療で改善がみられなかったり、胃癌の合併、穿孔(孔が空いて出血したもの)

に関しては手術が行われます。
 
 

胃憩室炎とは

 

何らかの理由によって、胃粘膜を攻撃する因子と防御する因子のバランスが崩れてしまい、

胃酸や消化酵素によって胃粘膜が傷つけられてしまいます。

 

袋状に膨らんだ胃憩室は胃酸がたまりやすく、

他の部位に比べると胃憩室炎を起こす可能性が高いとも言われています。

 

 

 

胃憩室炎への対策

 

制酸剤や酸分泌抑制薬などの薬剤を服用するのも効果的ですが、最も有効なのは日常生活の改善です。

 胃に負担になる事を避け、ストレスを改善する事が必要となってきます。

食生活では、酸の過剰分泌を起こす高脂肪食やアルコール、高塩分、刺激の強い香辛料は避けましょう。

 

日常生活では、軽い運動や体操などをして自律神経の調子を整えましょう。

 

 

肛門ポリープ

肛門ポリープとは、

直腸と肛門の境界(歯状線)にある肛門乳頭という膨らみが大きくなったものです。

便秘や下痢を繰り返すことにより、不適切ないきみ習慣で肛門に負担がかかり、

切れ痔(裂肛)となり、傷が便で汚染され感染を起こし、腫れあがって出来たものです。

小さいうちは肛門の中におさまっているので気付かれませんが、大きくなると中から出てきます。

痔核と違ってコリコリとした弾力のあるかたまりとして触れます。
 

痔核と同じように脱出症状があるので、よく痔核と勘違いされたり間違われたりします。
 

切れ痔がなければ痛みを伴いませんが、 ポリープが大きくなると脱出を繰り返すうちに

ポリープの根元が裂けたりすることがあり激しい痛みを伴います。

ポリープが脱出する時も痛い、中に戻す時も痛い、戻した後もしばらく痛い

といった症状が多く見られます。

切れ痔が治った後もポリープは無くなることはありませんので、

痛みや出血がおさまり切れ痔が治ったと思っていても

数年経ってからポリープが脱出してくることもありますので注意が必要です。

 
肛門ポリープは大腸のポリープと違って癌になることはありませんが、

薬で治ることはないので、肛門から脱出するほど大きくなった場合には

経肛門的に切除が行われます。

この肛門ポリープ切除術は日帰りで十分可能です。


切れ痔が原因であれば切れ痔の治療と同時に切除します。

 

過活動膀胱(overactive bladder、OAB)

 

尿意切迫感(排尿したくて我慢がきかない状態)

を自覚する場合、過活動膀胱の可能性があります。

その頻度は加齢とともに増加し、70歳以上では3割以上の方が

この病気にかかっていると考えられています。

生命的な危険はありませんが、生活の質を著しく低下させます。

 

原因
 

排尿筋が過剰に活動することが、過活動膀胱の原因であり、

神経因性(しんけいいんせい)と非神経因性に大別されます。

神経因性とは、神経に障害がある時にみられ、神経因性膀胱の一種ともいえます。

非神経因性とは、前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)などの

下部尿路通過障害や加齢変化、骨盤底筋障害などで生じます。

しかし、病因が特定できない場合も多いのです。

症状の現れ方

 

膀胱には、腎臓で集められた水分と体内の老廃物を尿として保持する機能があり、

膀胱が一定の大きさに達すると、尿意を脳に伝えて排尿を行うはたらきがあります。

過活動膀胱では、膀胱が大きさに関係なく尿意を発生しやすくなり、頻尿が起こります。

具体的な症状としては、

尿意切迫感(急に排尿したくなり、これ以上我慢するともらしてしまいそうになること)、

頻尿(1日8回以上排尿すること)

夜間頻尿(睡眠時間中に1回以上排尿に起きること)、

切迫性尿失禁(排尿したくなってすぐに我慢できずに失禁してしまうこと)

があります。

ただし、同様な症状を来す他の原因が明らかな場合、

たとえば下部尿路の炎症、感染症、悪性腫瘍、尿路結石などの場合は、

治療方法が異なるため過活動膀胱からは除外します。

症状が進行すると、排尿を意識的にコントロールしにくくなり、切迫した尿意が起こりやすくなるため、

トイレに行くのを我慢することができなくなります。

そのため、トイレに行く途中でもらしてしまったり、

トイレに頻繁に行きたくなるため仕事がはかどらなくなったりすることや、

寝ている最中に尿意で目が覚めて睡眠不足になることなどが度々あります。

検査と診断
 

診断は、

尿意切迫感を有し、通常これに頻尿および夜間頻尿を伴い、切迫性尿失禁を伴うこともあれば伴わないこともある状

という自覚症状のみで行われます。

主な検査としては、腹部超音波検査と膀胱内圧検査があります。

膀胱内圧検査は必ずしも必要ではないと考えられています。

しかし、尿閉を認める患者では内服薬により症状を増悪させる可能性があるため、

残尿量が超音波検査で50ml以上の場合には、

膀胱内圧測定などの専門的な検査を受けることが好ましいと考えられます。
 

治療の方法

治療法としては、薬物療法と行動療法が主体になります。

薬物療法では、

主に抗コリン薬(コハク酸ソリフェナシン〈ベシケア〉・酒石酸トルテロジン〈デトルシトール〉・

イミダフェナシン〈ステーブラ・ウリトス〉・塩酸プリピベリン〈バップフォー〉・塩酸オキシブチニン〈ポラキス〉など)

を用います。

膀胱を収縮させる信号として神経から「アセチルコリン」という物質が分泌され、膀胱に伝えられます。

このアセチルコリンのはたらきを弱めることで、膀胱の収縮を抑えるのが抗コリン薬のはたらきです。

また、α1受容体遮断薬(塩酸タムスロシン〈ハルナール〉・ウラピジル〈エブランチル〉・

ナフトピジル〈アビショット〉など)という薬も使用されます。

α1受容体遮断薬は、前立腺肥大症の治療薬として使用される薬ですが、

前立腺肥大症で長期間、下部尿道閉塞(尿が出にくい状態)が続くと、過活動膀胱の症状が出やすくなります。

前立腺肥大症の患者が過活動膀胱を呈する場合には、抗コリン薬よりα1受容体遮断薬を優先的に使用します。

行動療法には、

「生活指導」、「排泄介助」、「膀胱訓練」、「理学療法」が含まれます。

生活習慣を改善したり、機能の弱まった膀胱や骨盤底筋を鍛えたりすることによって、

尿トラブルの症状を軽減することが期待されます。
 

 

痩せているがコレステロールが高い

まず一番目に考えられるのが、「ストレス」によるものです。

コレステロールはホルモンや細胞膜などに欠かせない材料です。

体がストレスに対抗する手段の一つとして副腎皮質ホルモンがあります。

このホルモンの主材料として使われているのがコレステロールなどです。

ストレスが増えれば増えるほど、それを乗り切るために体はコレステロールを必要とします。

コレステロールが欠乏しないように、どんどん体にコレステロールを溜めておくのが

合目的的な生体防御反応です。

ストレスが脂質を増やし、更に食事のバランスの崩れがそれに拍車をかけています。

人間のからだというのは、何かを節制してバランスが崩れると、その崩れを治そうとします。

その治そうとする手段の結果としてコレステロールなどの数値に異常が出ます。

ヨガやストレッチ、ゆっくりとした入浴、質の良い睡眠を毎日行うように改善すると少しずつ下がっていきます。

2番目として考えられるのが、血流障害です。

体の脂質というのは体の末端(皮膚など)でも消費されます。

なので、血流が悪化していると、末端での脂質消費が円滑に行われなくなるので、

血中脂質が上昇する原因になります。

血流障害はストレスや血管の硬化、運動不足、飲酒、たばこ、アレルギー、筋力の低下、

内臓疾患などによって引き起こされます。

3番目として、エネルギー不足が考えられます。

人間のからだというのは、いざという時のために様々な栄養成分を肝臓に蓄えています。

例えば血糖値が低下するとそれを肝臓に蓄えてあるものから補充します。

この時、糖のみを補うのではなく脂質などの不必要なものまで補充してしまうので、

何かしらの栄養の不足があると、それを補充する時に同時に補われる脂質が上昇してしまうのです。

改善には食事はバランスよく補うということになります。

4番目として、代謝の低下があります。

甲状腺機能低下症
などホルモン系に異常があると代謝が低下するので、

エネルギー消費がうまくいかなくなり脂質が停滞しやすくなります。

5番目として甘いものや乳製品や動物性食品の摂り過ぎがあります。

総摂取カロリーは低くても、動物性の食べ物の「割合」が高いと悪玉コレステロール値は高くなってしまいます。

動物性のものを食べず、野菜を増やす等の工夫をしてみましょう。

パンやお菓子など、目に見えていないところで卵や牛乳を摂取しているケースも多いので、

成分をしっかり確認した方がいいです

これらは高エネルギー食品なので、取りすぎると当然コレステロールは上昇します。


体質、遺伝
でもコレステロールが高くなる場合があります。

遺伝というのはおそらく両親も数値が高いのだと思いますが、それは親と食の好みが一緒だからではないでしょうか。

ウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動がコレステロールの減少に有効と思われます。


山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303