山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3193604 番目の訪問者様です

« | »

肛門ポリープ

肛門ポリープとは、

直腸と肛門の境界(歯状線)にある肛門乳頭という膨らみが大きくなったものです。

便秘や下痢を繰り返すことにより、不適切ないきみ習慣で肛門に負担がかかり、

切れ痔(裂肛)となり、傷が便で汚染され感染を起こし、腫れあがって出来たものです。

小さいうちは肛門の中におさまっているので気付かれませんが、大きくなると中から出てきます。

痔核と違ってコリコリとした弾力のあるかたまりとして触れます。
 

痔核と同じように脱出症状があるので、よく痔核と勘違いされたり間違われたりします。
 

切れ痔がなければ痛みを伴いませんが、 ポリープが大きくなると脱出を繰り返すうちに

ポリープの根元が裂けたりすることがあり激しい痛みを伴います。

ポリープが脱出する時も痛い、中に戻す時も痛い、戻した後もしばらく痛い

といった症状が多く見られます。

切れ痔が治った後もポリープは無くなることはありませんので、

痛みや出血がおさまり切れ痔が治ったと思っていても

数年経ってからポリープが脱出してくることもありますので注意が必要です。

 
肛門ポリープは大腸のポリープと違って癌になることはありませんが、

薬で治ることはないので、肛門から脱出するほど大きくなった場合には

経肛門的に切除が行われます。

この肛門ポリープ切除術は日帰りで十分可能です。


切れ痔が原因であれば切れ痔の治療と同時に切除します。