山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3193604 番目の訪問者様です

« | »

胃憩室


胃憩室とは、胃壁の一部が袋のように膨らんで憩室を形成したものです。

十二指腸憩室に比べると、それほど発生頻度は高くありません。

 

胃憩室の原因は?

胃の内圧が高くなり胃壁の弱い部分が袋状に伸びて憩室を形成する内圧憩室と、

胃の周りにある臓器が炎症を起こして胃壁を引っ張ることによって憩室を形成する牽引憩室とがあります。

胃憩室の好発部位は、噴門部後壁(ふんもんぶこうへき)(75~80%)と

幽門前庭部(ゆうもんぜんていぶ)(15~18%)です。

噴門部では先天的なものが多く、幽門部には後天的なものが多くみられます。

噴門部は、胃の筋層が薄く解剖学的に弱いうえに圧力がかかりやすい部位なので、

胃憩室が発生しやすいようです。

幽門部は、胆嚢(たんのう)や膵臓(すいぞう)などの周囲の臓器の炎症や癒着による牽引(けんいん)、

迷入膵(めいにゅうすい)(異所性に発生して膵臓に似た組織)の陥凹(かんおう)などによって胃憩室が発生します。
 

どの年代でも見られ、特に男女差はありません。

炎症や潰瘍の原因となる飲酒やタバコ、刺激の強い香辛料、ストレス

などによって起こることがあります。
 

 
症状

食道憩室や十二指腸憩室など他の消化管憩室と同じく、ほとんどの方が症状はありません。

人間ドックや他の病気の検査の為に、消化管造影(バリウムを飲んで)レントゲンを取ったり

内視鏡検査を行った時にたまたま見つかる事が多いようです。

胃憩室が大きくなった場合には、みぞおちの膨満感、胸部痛、胸やけや、嘔吐、

まれに憩室炎、胃潰瘍、穿孔(せんこう)(孔(あな)があく)、出血などが起こることがあります

 

治療法

症状が無い人は特に治療をする必要はなく、経過観察を定期的に行うだけで十分です。

しかし、胃憩室炎、胃潰瘍、出血などの合併がみられた場合には、

消化剤、粘膜保護剤などを投与する場合もあります。

保存的治療で改善がみられなかったり、胃癌の合併、穿孔(孔が空いて出血したもの)

に関しては手術が行われます。
 
 

胃憩室炎とは

 

何らかの理由によって、胃粘膜を攻撃する因子と防御する因子のバランスが崩れてしまい、

胃酸や消化酵素によって胃粘膜が傷つけられてしまいます。

 

袋状に膨らんだ胃憩室は胃酸がたまりやすく、

他の部位に比べると胃憩室炎を起こす可能性が高いとも言われています。

 

 

 

胃憩室炎への対策

 

制酸剤や酸分泌抑制薬などの薬剤を服用するのも効果的ですが、最も有効なのは日常生活の改善です。

 胃に負担になる事を避け、ストレスを改善する事が必要となってきます。

食生活では、酸の過剰分泌を起こす高脂肪食やアルコール、高塩分、刺激の強い香辛料は避けましょう。

 

日常生活では、軽い運動や体操などをして自律神経の調子を整えましょう。