山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3349634 番目の訪問者様です

« | »

逆流性食道炎の治療

生活習慣の改善

逆流性食道炎の症状は、日常生活の改善だけでも緩和されることがあります。

暴飲暴食、早食い、食後すぐに横になることは、逆流性食道炎にとっては三大悪です。

以下に具体的な注意点を挙げます。

  • 胸やけを起こしやすい食品の摂取を控える。
  • 脂肪の多い食物、チョコレートなどの甘いもの、柑橘類、コーヒー・紅茶、香辛料、アルコール類、
  •  
  • タバコなどは胃酸の分泌を高める、あるいは、胃内での食物の停滞時間が長いため、
  •  
  • 逆流を起こし易いとされています。
  •  
  •  (クリックしてください)
  •  
  • 食後すぐ横になると胃酸が逆流しやすいので、食後1-2時間は横にならないようにする。
  • 寝るときに胸やけが強い場合は、寝る前の食事は避け、夕食の量は少な目にして、
  •  
  • 上体を少し高くして(寝るときに頭部が10-20cm程度高くなるように、
  •  
  • クッションやマットを折り曲げて布団の下に敷く等の工夫をするとよい)寝ると効果的です。
  •  
  • 横向きに寝る場合は、右を下にして寝るとよい。
  •  
  • うつ伏せは避けた方がよい。
  •  
  • 腹圧を上げないようにする(重いものを持たない、前屈みを避ける、ベルトを強く締めない、排便時に力まない)。
       
  • 腹圧が上がることによって逆流しやすい状態になります。
  •  
  • (クリックしてください)
     
  • 肥満解消に努める。

  • 食べ過ぎない。
  •  
  • ゆっくり食べる。
  •  
  • 早食いを避ける。
  •  
  • 過食は胃酸の分泌や胃内の圧を上げるため、特に夕食は“あっさりとしたものをほどほどに”摂るように留意する。
       

(クリックしてください)

薬での治療方法としては、PPIと呼ばれる薬、そして胃酸の分泌を抑えるH2ブロッカー等が多く処方されます。

 しかし、薬を服用した場合は、一時的に胃液の分泌を抑えるだけですので、

根本的に治療を行うには、栄養士の指導の下、しっかりとした食事療法が必要となります。

 

 

人間の胃の内部には、胃酸を分泌するための組織、【プロトンポンプ】が存在します。

 PPI、プロトンポンプ阻害剤は、このプロトンポンプに作用し働きをあえて妨げて、

胃酸の分泌を抑える働きがある薬になります。

また、胃には、ヒスタミン物質と結合すると、胃液が分泌されるH2受容体と呼ばれる組織が存在しています。

H2ブロッカーに代表される、ヒスタミン受容体拮抗剤はヒスタミン物質が胃の内部にあるH2受容体に結合するのを防ぎ、

胃酸・胃液の分泌を抑制する治療薬になります。

治療期間に関しては、かなり個人差があり、逆流性食道炎の程度にもよって異なってくるため、

明確にお答えする事は出来ません。

 

ですが、一般的には治療を開始してから、8週間を目安として、

逆流性食道炎の症状が改善される確率が高いと言われています。

 (クリックしてください)

8週間を超えても症状が改善しない場合・・・。

この場合は、難治性逆流性食道炎と判断・診断され、根本治療は不可能だと判断されます。

 そのため、症状が再発しない様にする【維持治療】が行われる様になります。

 

維持治療の場合、明確な治療期間はありません。

 症状が再発しない様、予防のために薬を服用する事になりますので、生活習慣の改善と共に、

一生薬と逆流性食道炎と付き合っていく必要性がある事も、もちろんあります

 

病気の再発を防ぐため、日々生活習慣の改善に取り組み、予防のために薬を服用し続ける。

 

大変な事ですが、極端な話、人によって治療期間は一生と言っても問題はありません。

 

逆流性食道炎では、食道への炎症が本当に軽傷で、その他の症状が稀にしか起こらない場合、

症状が出た時だけ対処治療として、薬を服用を行う治療があります。

 

しかし、食道がただれてしまい、びらんや潰瘍が出来てしまっている方は、

逆流性食道炎特有の症状が無くなった後も、びらんや潰瘍な完治するまで、長期的に薬を飲み続ける必要があります。

 

びらんや潰瘍が完全に治癒した後、薬の服用を停止しても、逆流性食道炎を再発しない人はもちろんいらっしゃいます。

 

しかし、再発を繰り返してしまう方も、いらっしゃるのです。

 

現在、逆流性食道炎の治療に使われている薬は、根本的に治療する事が出来ません。

 

また、いくら生活環境を改善したとしても、いつでも再発してしまう可能性は、必ずあるのです。

 

はっきりと言って、逆流性食道炎になってしまったら、完治という事はあまり期待する事が出来ません。

 

薬を飲み続けて、再発を予防する維持治療を継続的に行う事が重要です。

 

プロトンポンプ阻害剤

プロトンポンプ阻害剤は、逆流性食道炎に処方される薬です。

また胃潰瘍、十二指腸潰瘍の治療にも使われてる胃腸障害全般の薬です。 別名PPIとも呼ばれています。

 

胃の分泌腺にある壁細胞には、プロトンポンプという部分があります。

このプロトンポンプは、胃酸を分泌する部分です。

プロトンポンプ阻害剤は、このプロトンポンプに作用し、働きを妨げ、胃酸の分泌を抑制する薬剤です。

  

胃酸の分泌を抑制するを薬には、他にヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)があります。

プロトンポンプ阻害薬はこの、ヒスタミンH2受容体拮抗薬よりも強力な胃酸分泌抑制作用を持っています。

そして、ヒスタミンH2受容体拮抗薬よりも効果が長時間持続します。

 

逆流性食道炎の症状に使われるほか、再発を繰り返す場合に、再発防止のためにこの薬を服用し続けることもあります。

プロトンポンプ阻害薬の例としては、オメプラゾール(商品名:オメプラゾンなど)・

ランソプラゾール(商品名:タケプロンなど)・ ラベプラゾールナトリウム(商品名:パリエット)などがあげられます。



ヒスタミン受容体拮抗剤
 

ヒスタミン受容体拮抗剤は、別名H2ブロッカーとも呼ばれています。

逆流性食道炎の治療に使われる薬です。

また、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の治療にも使われております。

 

胃壁には、H2受容体という部分があります。

このH2受容体は、ヒスタミンという物質が結合されると胃酸が分泌されるのです。

このヒスタミン受容体拮抗剤は、ヒスタミンがH2受容体に結合するのを妨ぎ、胃酸の分泌を抑えます。
 

 

ヒスタミンH2受容体拮抗薬の例としては、

シメチジン(商品名:アルサメック錠、タガメットなど)・塩酸ラニチジン(商品名:ザンタック、アバロンZなど)・

ファモチジン(商品名:ガスター、ガスター10など)・ ニザチジン(商品名:アシノン、アシノンZなど)

・塩酸ロキサチジンアセタート(商品名:アルタット、アルタットAなど)・
 
ラフチジン(商品名:プロテカジンなど)があげられます。

 マーロックス細粒

マーロックス細粒は、逆流性食道炎や胃炎、胃潰瘍に用いられる薬です。

このマーロックス細粒は、制酸薬です。

 胃酸を持続的に中和することにより、胃の粘膜を保護してくれます。

胃酸の刺激で荒れた胃を保護することにより、逆流性食道炎や、胃炎、胃潰瘍の治りをよくします。

 鎮痛剤など、他の薬による胃の荒れを予防するためにも用いられています。

 またこの マーロックス細粒は、胃の粘膜に直接作用します。

胃に食べ物のない食前や食間、また就寝前に飲むと効果的です。

水に溶いて飲んだほうが、より効果が期待できると言われています。

 
アルロイドG

アルロイドGは、胃の粘膜を保護する薬です。

このアルロイドGは、胃酸の刺激で荒れた胃を守る効果があります。

逆流性食道炎には治りをよくするために用いられます。

 

また、胃潰瘍などによる出血を止める働きもします。

胃の検査後の、止血にも用いられる薬です。

アルロイドGは、弱った胃の粘膜に付着して、胃酸に対する防御機能を高める役割があります。

胃の保護全般をする薬ですね。

 
アルロイドGには強い治療作用はありません。
 

アルロイドGは逆流性食道炎、胃炎、胃潰瘍などの自覚症状の改善のために使われますが、強い作用がありません。
 
逆流性食道炎には、プロトンポンプ阻害剤(PPI)、ヒスタミン受容体拮抗剤(H2ブロッカー)など、

強い効果がある薬もあります。