山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3445701 番目の訪問者様です

« | »

粘液便

粘液便は大便に粘液が付着していたり、大便が出ずに粘液だけが出てくるようなものをいいます。

色は一般的に白が多いようですが、緑色やピンク色、赤だったりすることもあります。


 粘液便の原因は、大腸の壁が傷ついたためだといわれています。

大腸の壁が傷つき、修復するために出されている粘液が 大便と一緒に出てきているようです。

このため、白っぽいものが多いのです。

大腸の壁の傷が治れば、症状もも収まりますが、長引く場合は別の病気も考えられるため、

医師の診察を受けるようにしましょう。

粘液は、もともと腸内で大便を移動させる際に、

滑りを良くするために分泌されますが、

下痢などをすると、その大便自体が先に流れていってしまい、

粘液だけ腸内に残ってしまいます。

便秘になれば粘液が便の周りに付いていないと、大便がスムーズにでません。

粘液が目立つのは、下痢にともなう症状です。

ヨーグルトような、少量のものや透明の油膜のようなものが、

ほんの少しだけ混ざって、大便についているくらいのものなら

心配することはありません。

これは、全く健康な人にでもあることです。

でもそれが、少しづつ増えてきて他にも血便や微熱など

症状が出てくるようなら、一度病院で検査された方がいいかもしれません。

しかし、健康な人でも便秘や下痢をしたり、冷たい物の取り過ぎたり食べすぎなどで、

急激に腸が動き、粘液が出ることがあります。

大腸や直腸の粘膜から分泌される粘液です。

粘液は出ないと、便が出にくくなってしまいます。

粘液便の症状の進んでくると、始めは、粘液が透明だったのが

だんだん腹痛を伴い粘液が白色や黄色、茶色を帯びてきます。

そして、さらに症状が進むと粘液や便に血が混ざったり、

血便または下血といった具合に悪化してしまいます。