山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3441318 番目の訪問者様です

« | »

フェリチン

                     (下の画像をクリックしてください)
 

フェリチンは全ての細胞に存在し、内部に鉄分を貯蔵できる蛋白で、肝臓・脾臓・心臓など各臓器に存在しており、

トランスフェリンによって運ばれてくるを細胞内に貯蔵し、鉄が必要な場合は速やかに利用できるようにして、

血液中の鉄分(血清鉄)の量を維持しています。

そのため、フェリチンを検査することにより、貯蔵鉄の量を調べることができます。

 
また、鉄が過剰に吸収されてもフェリチンが形成されて過剰鉄によって直接組織が障害されないように

鉄の毒性を解消する機能もあります。

血中にも微量が存在し、血清フェリチンとして測定できます。

血清鉄が血清中に存在する鉄の量を表すのに対し、血清フェリチンは貯蔵鉄の量を反映して増減し、

血清フェリチン1ng/mLは貯蔵鉄8~10mgに相当します。
 

体内で鉄が減少していくと潜在的鉄欠乏状態から鉄欠乏性貧血へと進展していきます。

このとき貯蔵鉄は早い段階から利用されて減少しますが、血清鉄は貯蔵鉄からの補給により、

比較的末期まで低下しません。

したがって、血清フェリチン値は早期に低下し、血清鉄値は末期まで低下しないことから、

鉄欠乏状態を早期に診断するためには血清フェリチン測定は有用です。

また、血清鉄には日内変動があるため、血清鉄単独では鉄の過不足の指標とはならず、

血清フェリチンとの組合せ測定は有用です。
 

ところで、血清フェリチン値は悪性腫瘍、肝障害、心筋梗塞、感染症、炎症などで上昇します。

鉄欠乏状態の患者でもこれらの疾患がある場合は血清フェリチンの低下を認めないことがあるので注意が必要です。
 

経口鉄剤による鉄欠乏性貧血の治療効果の判定には末梢血一般検査でヘモグロビン値の推移をみますが、

ヘモグロビン値が正常化した後、さらに3~4ヵ月の継続投与で貯蔵鉄量が正常化することから、

内服中止の目安として清フェリチン値の正常化が重要な指標となります。

                        

検査の目的

1) 鉄欠乏性貧血を疑う場合や、その治療効果の判定や経過観察として

2) 腫瘍のスクリーニング検査として

 

参考基準値 (単位:ng/ml)

男性 : 20 ~ 280

女性 :  5 ~ 157

※基準値は施設ごとで異なる場合があります。

 

フェリチンが異常値を示す病態

 

表.血清鉄と血清フェリチンが異常を示す病態
  血清鉄 血清フェリチン
低値 鉄欠乏性貧血
急性・慢性炎症、感染症、腫瘍、組織壊死
二次性貧血、真性多血症
鉄欠乏性貧血
真性多血症
高値 再生不良性貧血、溶血 
肝障害、鉄剤使用時、反復輸血後
急性肝炎の初期 
ヘモクロマトーシス 
再生不良性貧血、悪性リンパ腫、白血病
血球貪食症候群、成人スチル病 心筋梗塞 悪性腫瘍 多発性骨髄腫 
肝炎、関節リウマチ、慢性腎疾患、感染症
鉄剤投与中、ヘモクロマトーシス
〔参考〕最新臨床検査のABC 日本医師会編 2007

                       

各病態とフェリチン

鉄欠乏性貧血

鉄欠乏性貧血は、その名のとおり体内の鉄が不足することにより起こる貧血です。

体内での鉄の減少はまず、貯蔵鉄であるフェリチンから減っていきます。

食物からの摂取不足や慢性的な出血などにより、鉄の供給よりも需要が増加すると、

不足分を補うためにまず貯蔵鉄(フェリチン)が使われます。

その貯蔵鉄が不足すると、血液中の鉄分(血清鉄)も徐々に各組織で使われて不足していき、

最後に鉄を材料にして作られているヘモグロビンが作れなくなるために貧血がおこります。

このようにして鉄欠乏性貧血はおこります。

そのため、鉄欠乏性貧血では低値を示しますが、フェリチンを検査することにより、

表向きはヘモグロビンが正常で貧血がなくても、貯蔵鉄が枯渇して徐々に貧血へと進行している

 隠れた鉄欠乏状態(潜在性鉄欠乏)を知ることができます。
 

ちなみに、鉄欠乏性貧血の治療では、鉄剤を用いられることがよくありますが、

この場合、まず血清鉄が最初に増えていきます。

それから、ヘモグロビンが上昇しはじめて、最後に貯蔵鉄であるフェリチンが上昇していきます。
 

そのため、ヘモグロビンが上昇したからといって鉄剤を自己判断でやめずに担当医の指示に従って、

しっかりとフェリチンを正常な値に戻しておきましょう。
                         
 

肝炎、心筋梗塞

肝臓や心臓にはフェリチンが多く含まれています。

そのため、炎症などにより組織が破壊されると、

組織中に含まれているフェリチンが血液中に放出されるために高値となります。
                         
 

再生不良性貧血

再生不良性貧血は、造血をしている骨髄機能が低下して起こる貧血です。

そのため、鉄の利用が減少することにより、体内の鉄が余ってしまう状態となるため、

血清鉄やフェリチンが高値となります。
 

生理的変動

女性は男性に比べて低値を示す傾向があります。

これは、月経により鉄分を失うためで、閉経後は男性の値に近づきます。